NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

Team Mango~ジェリー・ロペス

マンゴー隊の一員に、アウトドアスポーツの楽しさを知り尽くしたトップアスリートを招いて、
アウトドアの魅力を奥深く追求していこうというコーナーTEAM MANGO

ジェリー・ロペス
1948年、オアフ島生まれ。
14歳でハワイ州のジュニアチャンピオンを獲得。
60年代、ロング・ボードしか存在しなかった時代に「もっと早く」「激しく」動きたいという理由で、
ショート・ボードを作り上げ、その驚異的にスピードアップしたボードでチューブ・ライディングを確立。
彼がいなければ現在のサーフィンはなかったと言っても過言ではありません。
7/25には、ジェリー・ロペスのライフスタイルを追ったドキュメンタリー映画「The Cleanest Line」の
DVDもリリースされます。
予告編を見たいからはコチラから。
ジェリー・ロペス.jpg

チューブを初めて成功したときの気持ちは?

最初チューブライディングを成功したときっていうのは、自分が気がつかないまま終わってしまって。
何が起こったっていうのが実際に終わってから気がついたんですね。
後に、サーフボードの改良でそれがもっともっといっぱい出来るようになったりとかして、
後で中にいるときの意識みたいなのをしていきましたけど、
ほとんどスピリチュアルみたいな体験であって、時間だんだんゆっくりになってスローダウンしていって静けさの中に自分がいて全てのことがスローモーションになっているそんな感覚なんですね。
それから脱したときに普通の時間に戻る感じ。今でもそういう感覚はあります。
やはりパイプラインであの場にいるってことがスペシャルなことであって、
インドネシアとか他のところでもチューブライディングってのは成功したことがあるんですけど、
同じような感覚ではない。
ちょっとしたハワイアンスピリットとかアロハスピリットっていうのがあったりするんじゃないですかね。
ここでのサーフィンはものすごく強烈な体験なんですよ。

コメント

なんだかんだ 毎週聞いてますが 今月のゲスト 凄いですね
さすがF横!!
神様の生声 すげぇ☆
明日も楽しみに聞いてます

これは先週の放送分です。
今月いっぱい毎週インタビューが流れますのでお楽しみに!時間は6時35分くらいです。

いつも楽しく聞いてます。
先週の土曜は聞けなかったのですが、ジェリーロペスさんのこのインタヴューはもう放送されたのですか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)