NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

Team Mango~ジェリー・ロペス2週目

マンゴー隊の一員に、アウトドアスポーツの楽しさを知り尽くしたトップアスリートを招いて、
アウトドアの魅力を奥深く追求していこうというコーナーTEAM MANGO

ジェリー・ロペス
1948年、オアフ島生まれ。
14歳でハワイ州のジュニアチャンピオンを獲得。
60年代、ロング・ボードしか存在しなかった時代に「もっと早く」「激しく」動きたいという理由で、
ショート・ボードを作り上げ、その驚異的にスピードアップしたボードでチューブ・ライディングを確立。
彼がいなければ現在のサーフィンはなかったと言っても過言ではありません。
7/25には、ジェリー・ロペスのライフスタイルを追ったドキュメンタリー映画「The Cleanest Line」の
DVDもリリースされます。
予告編を見たいからはコチラから。
ジェリー・ロペス.jpg

サーフィンから学んだこと

サーフィンやってなかったら何をやってた?

たぶんサーフィンしてなかったら何もいいことはなかったと思うんですね、サーフィンは僕がやってきた中でベストなことじゃないかと思います。非常に僕の人生の中でバランスがとることが出来たし、生きてる意味みたいなものもくれたし、自信もくれたし。恐怖とかそういうのにどういうふうに対処していくかも教えてくれた。
苦しい状況にどういうふうに向かっていくかを教えてくれた。
荒波の中でサーフィンしたときに、あきらめて落っこちて、最初からやり直すこともできるけど、一生懸命そこで踏ん張り続けることによって、そのうちに静かな状況にもなってくるのでそこでアクションを起こすべきだと思っていて。
人生の中で何か起きるとそれに当てはめるようにして、だから色んなことが楽になり越えるようになりました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)