NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ホクレア号に乗船してきました。

杉山玲子です

天気の良かった6月16日の土曜日。
「The Burn」の放送後、みんなでぷかりさん橋へ!

そして、やっと出会えたホクレア号。

長い航海を終え、青空の下でキラキラと輝いていました。
ホクレア号さん、横浜の居心地はいかがですか?

そして、私達は乗船見学会に。

まずは、桟橋入り口でレクチャー!
「この子もホクレア号の立派なクルー、ファミリーだよ」
この子の名は「ホクイキイキ」小さな星という意味だそう。
「嵐の日、人間は船の上でグラグラ揺れるけど、この子はびくともしないよ。だって、人間は二本足、この子は四本足だからね。」といったお話も。

そして、いざホクレア号に乗船!


私達の前の見学会の人達が降りています。
乗船&下船の時はクルーが支えてくれます。
クルーの手の大きい事にまずビックリ。

そして、その後は船首と船尾に分かれてホクレア号について、
興味深いお話を聞かせていただきました。
私達はまず、船尾で日本人クルーの荒木汰久治さんからのお話。
短い時間でしたがジーンと来ちゃいました。

船首に移って船の構造のお話など。
この写真は下に荒木さんが顔を出していますが、
このエリアがクルーの寝室だそうです。

生きる為の食糧が沢山入っている食糧庫です。

長期保存できる野菜は船のサイドの網に。

船尾の右には男の像が。

左には女性の像が。
これでけでも、神秘的。

このようにホクレア乗船見学会やイベントは、
日本にやってきてから何度も開催。
時にはイレギュラーのイベントも臨機応変に開催され、
多くの人に感動を与えていきました。

ホクレア号からおりた後は…

初の日本人クルーの内野加奈子さんと。
キラキラと輝く笑顔は、旅が充実していた事の証でしょうか。
写真家でもある内野さんの視線から描いた、
ナチュラルなブログはオススメです。。

同じく日本人クルーの荒木汰久治さん。
優しい口調が、出会った人を一瞬にして包み込み、
旅での出来事を熱く伝えてくれました。
荒木さんのブログも素晴らしいです。
読んでいくと止まらなくなり、涙があふれてくる場面も。
一度ぜひ、立ち寄ってみてください。

今回ホクレア号に出会えた事は衝撃的でした。
この衝撃をここで伝えようとしてもとても薄っぺらく、
私自信の全てが未熟すぎます。
ホクレア号に出会えた感動と衝撃を胸に、
これから色々学んでいこうと、
そして自分で出来る小さな事からやっていこうと。
今まで考えていても行動に移せなかった部分を、
ホクレア号に後押ししてもらって、
少しずつ前に進もうと思います。

ありがとう、ホクレア号。
また会おうね。

コメント

reikoさんこんにちわ♪
あたしも8日(金)に七里の沖にきてくれたホクレアに会い
それから毎日落ち着かず、
12(火)に横浜へまた会いに行ってきました。
クルーが皆とてもALohaでpeaceful、
同じ海を愛する者として、私も神秘的かつ衝撃的な体験でした。
一生忘れないでしょう。
特に七里の沖のホクレア・・・今思い出しても鳥肌です。
Respect the ocean!
Keep surfing☆

こんばんは!
ホクレア号素敵でしたね
入港式はバッチリ拝見!

18日は横浜の伊勢佐木町で神輿祭に参加
神輿担ぎマクッてました
もちろんホクレア号の事も気にかけながら☆

トンプソン船長との2ショット 一生の思い出になりました☆☆☆

今月はまだ2日しか波乗り行けてないです
また フィンで怪我↓

23日は伊豆トリップ予定!また今度、レポートにざ・ば~んと遊びに行きます!

REIKOさん 皆さんこんにちは(^o^)/
ホクレア号 神秘的ですね 時間が作れず観に行けませんでしたが 生ホクレア号 圧倒されちゃうでしょうね(?_?) スターナビゲーションで航海も凄い!!
地図を片手に道に迷ってるおいらって… どんだけー(T_T)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)