NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

玲子の大人の社会科見学~ウェットスーツができるまで

杉山玲子です。

サーフィンをする時、この冬の時期も寒さから体を守ってくれるのがウエットスーツ。
そのウエットスーツは日々進化していて、丈夫で動きやすく温かく一年中手放せないアイテムの一つです。
今回はそのウエットスーツ「MAXIM」の工場を、特別に取材させていただきました。

沢山のウエット生地が工場にはぎっしりと並んでいます。
この生地を使ってウエットスーツを作ります。

様々な型に合わせて職人達がカットしていきます。

新作の開発も同時に進んでいます。
ココは出来上がるまで…秘密です!

カットしたものを丁寧に貼り合わせていきます。

立体的な部分も手作業でしっかりと貼り合わされていきます。

そして、指定どうりの糸で縫い合わされていきます。

多くのパーツが合わさって出来上がるウエットスーツは、完成までに多くの手間と時間がかけられ、
一つ一つ丁寧に作られていきます。

070124049.jpg

最終段階です。
マークを入れたり、汚れなどのチェックします。

そして、全国のサーフショップに発送されます。

このように、一着ずつ手作業で作られていき、皆さんの手に渡っていきます。
そして、ウエットスーツは日々進化しています。
ウエット古くなっちゃった、硬くて動きづらい…なんて方は、
思い切って新しいのにチャレンジしてみては?
サーフィンも進化するかも知れませんよ!

今回協力していただいたウエットスーツ工場はモアー・モストさん。
良質なウエットスーツ「MAXIM」のホームページはコチラ

私も10年サポートしていただいていて、とっても動きやすくストレスのないウエットです。
私の唯一のモデル姿が…見れますよ。
気になる方、欲しい方は、お近くのサーフショップへお問い合わせを。

そして、MAXIMさんのご好意でプレゼントも頂いてきました!
MAXIMのウェットバッグを2名の方にプレゼント!!

ブログの感想、サーフィンに関する素朴な疑問(ウェットはどうやって作れるの?)などを
この記事へコメントで書き込めば自動的にエントリー完了です。
その際必ずメールアドレスを忘れずに。
書いていないとスタッフから連絡を取ることができません。
(メールアドレスは非公開設定ですのでご安心ください)

締め切りは、2/17(土)です。
たくさんの応募お待ちしています。

コメント

もらいものの3ミリのフル、ちょこまか直して着てマス。さすがに冬は寒い。Eやつ欲しいけど・・。先立つものが・・。

こんにちわ!(*^_^*)
サーフィンは全然分からない素人です。ですからウェットスーツって何故水中に入っても暖かいんですか?普通の人からみたら、海は夏に入るものなのに…
隙間から海水とか入らないんですか?スーツの中は裸なんですか?やはり皆さん海パン履くのかな?
暖冬と言ってもまだまだ海水は冷たいので皆さん風邪を引かないように頑張って下さいね!(*^_^*)

ウェットスーツも出来上がるまでは、大変何ですね!
自分の友達はプロレスラーの衣装(マスクなど)を作っている同級生がいます。今度はかぶって行きますね!

いつも波乗りの話題ありがとうございます!(ひょっとして一番乗り?)
ウェットに反応しました。
フルスーツやセミドライは着る回数結構長いと思いますが、長持ちさせるポイントありますか?
友人は3回に1度ペースで柔軟剤入れた水にしばらくつけておくとかしてるみたいですなんですが・・・
それからシーズンオフの保管方法のお勧めも教えて頂けると嬉しいです。
ヨロシクお願いします。