NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

HIBIKILLAのサーフィンチャレンジ3週目

「サーフィン/ボディーボードチャレンジ企画第1弾
 HIBIKILLAのサーフィンチャレンジ~3週目~」

ディレクターの赤ワインが
「サーフィン始めたいヤツはオレについて来い!」
…という勘違いな意気込みで始めたこの企画。

第1弾として、
スキー以外のアウトドアとは無縁…という北海道出身、色白レゲエDJ
HIBIKILLAが1ヶ月間サーフィンにチャレンジしています。

サーフィンチャレンジの様子を毎週ブログで報告。
マンゴー隊代表HIBIKILLAの視線を通してアナタも初サーフィンを疑似体験してみてください。

さらに!なんと!
1ヵ月後には、サーフィン体験で学んだことをリリックにしたオリジナル曲を作ってくれる予定なのでお楽しみに!

今回はHIBIKILLAのサーフィンチャレンジ3回目。
な、波が…


残念ながら、ウネリはあるものの、満潮のせいもあって割れず、
サーフィンできない状態でした…。

そんな中行われた3回目のスクール。
前回は、パドリングからいきなりテイクオフしてしまったHIBIKILLA。

その日の波しだいで、いろいろと学ぶことが違うのがサーフィン。
今日は、波がないということで、
ロングボードからショートボードに乗り換えて、
ショートボードでのパドリングの練習です。

ショートボードは短く、安定性も低い、
そして、浮力も少ないので、ロングとは違ったバランス感覚が必要。
まずは陸上で説明を受け、実際に本荘さんが愛用しているショートボードを借りて海へ。

さっそくパドリング開始。

今回のスクールは、写真にするとかな~り地味です…。

…波もないので、早めにスクールも切り上げて、
「海のゴミはどこからやってくるのか」
「砂浜はなぜ侵食されるのか」
「海を守るために行政は何をすべきなのか」
プルメリアサーフデザインの本荘先生とHIBIKILLAが真面目に語り合いました。

サーフィンを始めると、環境のことや、海のこと考えるようになるんですね。

こんなこともHIBIKILLAが作るサーフレゲエの歌詞に反映するんでしょうか?
楽しみですね。

コメント

どフラットでしたね(ノ。>д<)ノ
しかし、初ショートなのにしっかり波待ちできてる!!
HIBIKILLAさん運動神経ありますね!!
環境を考えたレゲエ熱いです。
楽しみです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)