2011年02月16日

株式会社大川印刷代表取締役社長の大川哲郎さん…印刷への想い

20110216-GOODONEARTH.jpg

【GOOD ON EARTH】
ソーシャルプリンティングカンパニー、株式会社大川印刷 代表取締役社長の大川哲郎さん。
大川印刷といえば、創業1881年、今年で130周年を迎える老舗の印刷会社。
一般印刷で石油系のインクを使わない環境に配慮された印刷を手掛けられ、
またこれまでにもこの番組でご紹介してきました
食事の中に入っている素材をわかりやすく表示する「食品ピクトグラム」の活動を始め、
街の清掃活動でもご存知の方、多いのではないでしょうか。

「印刷」を通じた社会貢献を実践する会社・ソーシャルプリンティングカンパニー。
多くの人々が快適に生活する空間作りを積極的に提案していく大川印刷の姿勢は、
これまでの印刷会社にはない、明るい未来を感じさせてくれるものがあります。
そんな大川印刷では、どんな理念で印刷に取り組んでいるのか伺いました。

これまで思い描いていた印刷会社とは、一味もふた味も違う大川印刷さん。
ソーシャルプリンティングカンパニーと仰るだけに、その行動、お仕事内容に納得。

誰もが必要としているときに必要な物が街で見つかるように。
検索するのではなく、アナログ的にパッと一目見てすぐわかる。これ大切ですよね。
日本人の私たちが日本にいて不自由なく出来ることが、海外の方にはわからないこと。
その逆を返せば、私たちが海外に出かけた時にも言えるのではないでしょうか?

そんな大川印刷さんが手がけている企画には国際規格の物がたくさんあります。
日本から世界へ、世界が少しでも幸福になるお手伝いを日本の印刷業界から発信していく。
是非、一度印刷物を作るときにご相談してみてはいかがでしょうか?

「株式会社 大川印刷」についてはコチラ♪

2011年02月09日

株式会社オクタ代表取締役社長の山本拓己さん…リフォームへの想い

20110209-GOODONEARTH2.jpg

【GOOD ON EARTH】
埼玉県に本社のある住宅リフォーム会社 株式会社オクタの代表取締役社長 山本拓己さん。
こちらでは、天然素材100パーセントの壁や床材を使ったロハスリフォームを
手掛けられ、デザインリフォームコンテスト3年連続全国最優秀賞を受賞、
この他にも118点もの受賞実績を誇る会社。
そんな「OKUTA」では、どんな理念でリフォームに取り組んでいるのか。
山本さんが思い描く日本の姿について伺いました。

山本さんは、これから先の…という話ではなく、
省エネの面からみても、我慢することなく快適に暮らすリフォームは、
実は今から始めるのが大切とおっしゃっていました。

今年の4月には、港南区にも新しいロハススタジオができるそう。
今家少し寒いのよね…とか、お子さんが生まれて家族のライフスタイルが変わったという方はもちろん、
お子さんが社会人になって家を出たという方も、
快適なロハスリフォーム、考えてみてはいかがでしょうか?

「株式会社 OKUTA」についてはコチラ♪
20110209-GOODONEARTH.jpg

2011年02月02日

仕出し料理屋「俵屋」の齋藤正樹さん…「湘南みやじ豚の豚むす」への想い

20110202-GOE1.JPG

【GOOD ON EARTH】
寒川にある仕出し料理屋「俵屋」を営んでいらっしゃる齋藤正樹さん。
2010年度神奈川名産100選にも選ばれている「湘南みやじ豚の豚むす」
作られている人気のお店でもあります。
この豚むすが入ったお弁当なども販売されているのですが、
そこには、湘南地区のお野菜をふんだんに使い、
地元の情報発信もされています。

通信販売で冷凍された豚むすを買うことが出来て、
自宅で簡単にお店で作りたての味が再現、美味しいんです。

地元の野菜、お肉などにこだわって、自分で生産者の元に足を運び、
味わって美味しいと思われたものをその感動を損なわないように調理されています。
自分がおいしいと思ったもの、
地元の生産者さんたちを応援していきたいというその気持ちが、
湘南地区を元気にしてくれているようですよね。

「俵屋」についてはコチラ♪
20110202-GOE2.JPG 20110202-GOE4.JPG

2011年01月26日

小田原「志村屋米穀店」の志村成則さん…「エコ・リサイクル米」への想い

20110126-GOODONEARTH.JPG

【GOOD ON EARTH】
小田原にある「志村屋米穀店」を営んでいらっしゃる志村成則さん。
以前、この番組のレポーター穂積ユタカさんもお邪魔した事のあるお米屋さんです。
その時にもご紹介しましたが、
志村さんは、今注目の「エコ・リサイクル米」を作っています。

「エコ・リサイクル米」とはどんなお米なのか、
そして、志村さんがお米作りにはどんな想いがこもっているのか伺いました。

「漁師さんや農家のみなさんの手って、ごつごつしていてかっこいいんですよね」と、
そんな憧れからこの世界に飛び込んできた志村さん。
現在は、1歳と3歳のお子さんのパパでもあります。
自分が世話をしている田んぼで、
子どもが走り回っているのを見ているのが大好きだという志村さんは、現在37歳。
最近では、地元のビール作りに貢献しようと、麦作りにもチャレンジされているんだとか。

志村さんのそのパワーにこれからも期待していきたいですね。

「志村屋米穀店」についてはコチラ♪

2011年01月19日

プロサーファーで社団法人ビーチクラブ全国ネットワーク 理事長、井坂啓己さん…ビーチクラブにかける想い

20110119-GOODONEARTH.JPG

【GOOD ON EARTH】
プロサーファーで社団法人ビーチクラブ全国ネットワーク 理事長、井坂啓己さん。
ドジ井坂の愛称でも有名ですね。

茅ケ崎を愛し、海を愛し。遊び下手な日本人に、一年中海を楽しんでほしい。
そんな想いからコミュニティーとして活動がスタートした
『ビーチクラブ全国ネットワーク』

その日の海辺のコンディションをみながら、楽しめる遊びを教えてくれるなんて、
子どもたちはもちろん、大人も海での時間を十分に楽しめるクラブですよ。

湘南地区に住む方だけでなく、東京や埼玉などからも参加者がいるそうですよ。
是非、フラリとビーチクラブの活動を覗きに行ってみてはいかがでしょうか?

「社団法人ビーチクラブ全国ネットワーク」についてはコチラ♪

「サーフィン&ビーチスポーツ&海遊び」についてはコチラ♪

2011年01月12日

カーボン・オフセット・プロバイダー「ジー・コンシャス株式会社」代表取締役の井手敏和さん…ロハスな生活

110112-GOE.jpg

私たちが住むこの美しい星「地球」。
奇跡が生みだした この地球を愛し、
その美しい姿を未来へ残す活動をしている人々をクローズアップしていく
【GOOD ON EARTH】
第2回目となる今回登場して頂いたのは
「カーボン・オフセット・プロバイダー「ジー・コンシャス株式会社」
代表取締役の井手敏和さん。

憧れのカリフォルニア・ライフを送っていたら、ロハスな生活に。
憧れの人、身の回りで素敵な人の秘密を探ったら、
そこにロハス的な入口が待っているのかもしれません。
その素敵な秘密をマネするだけで、自然とロハスな、
地球にも自分にも気持ちのいい生活がスタートしているなら、
どんどん真似していきたいですよね。

「ジー・コンシャス株式会社」についてはコチラ♪

「井手敏和」さんのTwitterはコチラ♪
http://twitter.com/CarbonPASS
(カーボンパスでCO2関連、グリーン情報つぶやき中!)

放送でも流れた井手さんが組んでいたユニットはコチラ!
♪「To Be Acoustic(TBA) / Bright Little Life」♪

2011年01月05日

伊衛門農園 園主の三橋清貴さん…野菜に込める想い

伊右衛門4.JPG

私たちが住むこの美しい星「地球」。
奇跡が生みだした この地球を愛し、
その美しい姿を未来へ残す活動をしている人々をクローズアップしていく
【GOOD ON EARTH】
第1回目となる今回登場して頂いたのは
茅ケ崎で伊衛門農園を営む三橋清貴さん。

「土を育て野菜と会話し心で作る」。
そんな伊衛門農園のお野菜は、湘南地区では非常に評判の高く、
一種ブランドお野菜と言えるくらいです。

まだ33歳と、お若いのに、ご自身の農園の他に、
茅ケ崎市農業研修講座の講師であり、
茅ケ崎市海辺の朝市の会長としてもご活躍されています。

この番組のフィールド担当ホズミンのレポート先でもよく耳にしていた「伊衛門のお野菜」。
どのみなさんも自信を持って「ウチは伊衛門のお野菜を使っていますから…」と
良くおっしゃっているのを聞いていたのですが、
今日お話をお伺いした三橋さんの野菜作りに賭ける想いを聞いたら、
なるほど…と思いました。

農家の二代目として継いだ形ですが、
直売所や朝市でのお客様との触れ合いの中から、さらにおいしい野菜を、
買って行ってくれる皆さんが笑顔になれる野菜をと、
お客様と一緒に作り上げてきたとおっしゃる三橋さん。
 
スタッフもお邪魔した日、白いカブをその場でむいてもらい食べたそうですが、
これがびっくりするくらい甘く美味しかったんだそうです。
例えるならば…フルーツの柿に似た味だとか。
さらに、キャベツの一番外側の葉の茎。
ここも一口サイズに切って生で食べたそうですが、これも甘くてびっくりしてました。

この他にも、6色ものニンジンが並び、3色のブロッコリーに、ボアロという甘いネギに、
小松菜、ホウレンソウなどなど40から50種類の野菜が並んでいたんだそうです。

是非、一度リスナーの皆さんにも伊衛門農園のお野菜を味わってほしいですね。
三橋さんによると、今年作るカブは、更に美味しい…と仰っていました。

三橋さんのお野菜は、茅ケ崎の香川にある直売所を始め、茅ケ崎海辺の朝市、松浪市場、
東京青山にある国連大学前でも毎週土曜日に販売されています。

「伊衛門農園」についてはコチラ♪

「伊衛門農園」のTwitterはコチラ♪

伊右衛門3.JPG

伊右衛門1.JPG 伊右衛門2.JPG

神奈川のビーチクリーンをやるならココ!


ホズミンのつぶやき


みんなのイーネ!


神奈川MY箸マップ


Googleマップで確認する