2011年02月18日

ヨコハマ3R夢(スリム)プラン!

poster.png

横浜市で新たにスタートした「ヨコハマ3R夢(スリム)プラン」
もうおなじみのエコアクション「G30プラン」からステップアップして
今年の1月からスタートしたものです。

3R、つまり「リデュース」「リユース」「リサイクル」のうち、
ごみそのもの自体を出さない「リデュース」に重点をおいていて
「今使っているものを長く大切に使う」「すぐごみになるものをもらわない」
など、普段の生活をちょっと意識するだけで変えていけそうですよ!


そして、あさって2月20日(日)にはズーラシアでイベントを開催!

「よこはま3R夢(スリム) in ズーラシア」

会場: よこはま動物園ズーラシア
日時: 2月20日(日)9:30~15:00

この日限りのズーラシアに無料で入園できるクーポンもありますよ!
(上記ポスターをクリック!リンク先にクーポンがあります)


ホームページで「ヨコハマR(リデュース)ひろば」でさらに詳しく!

2011年02月17日

山で食べるおいしい山ごはん!

0217-エシコン.jpg

今日の【エシコン】は、山で食べる「おいしい山ごはん」について聞きました。
イーネでおなじみ、雑誌「山と渓谷」編集長の神谷有二さん。

今回の特集で紹介している「山と渓谷」の「おいしい山ごはん」の特集
山ごはんのメニューや醍醐味などお話して頂きました!

雑誌「山と渓谷」最新号では、「山で食べるおいしい山ごはん」特集!

2011年02月16日

うちエコ診断、実体験レポート!

20110216-eshikon.jpg

今年、最初の放送でも神奈川県の取り組みとして、
県民の皆さんの生活から省エネに取り組んでいただく活動として
「うちエコ診断」のお話をご紹介しました。

「うちエコ診断」とは、地球温暖化防止対策として
チャレンジ25が提唱する衣食住を通じて「家…うち」の中から出来る温暖化対策を
環境カウンセラーの方がそれぞれのお家を診断して、
それぞれのお家にあった省エネ対策を提案してくれるというもの。

うちエコ診断員の牧島さんと安藤さんがスタッフの家に伺いました!

こちら、全国各地で行われているのですが、
ここ神奈川県では、120世帯を対象に去年の10月から募集が開始。
そして、年末年始ごろから、各家庭を訪問しての「うちエコ診断」がスタートしています。

今回は、実際に、スタッフがその「うちエコ診断」を体験模様を紹介しました。

神奈川県地球温暖化防止活動推進センター「うちエコ診断」はコチラ!

2011年02月14日

もう一つの東海道駅伝!

2月12日(土)13日(日)に、東京・日本橋~箱根間を舞台に行われた
「もう一つの東海道駅伝」の模様をレポート!
NPO法人「もう一つのプロジェクト」代表の市川真也さんをお迎えしました。

ゴミ拾いをしながら箱根駅伝コースをたどることで注目の
「もう一つの箱根駅伝」が今年からさらに進化して、
京都を目指す東海道駅伝になり、その大会がついにスタート!

出場選手の皆さんはこの二日間、ゴミを拾いながら、
日本橋~箱根間を駆け抜けました!

次回は、4月29日(金)30日(土)の開催で、スタート地点は静岡県島田市!
次はどうなるのか…本当に楽しみです!


★もう一つの東海道駅伝 結果★

第1位  静岡大学 探検部A   1306ポイント
第2位  関東学院大学 玄ゼミ   1264ポイント
第3位  日本大学 探検部A   1158ポイント


「もう一つの東海道駅伝」を手がける「もう一つのプロジェクト」

2011年02月10日

雑誌「BE-PAL」が選ぶ、【絶景露天風呂】!

20110210-エシコン.jpg

アウトドア雑誌「BE-PAL」の最新号でも特集されている温泉に注目!
「BE-PAL」編集長の酒井直人さんに伺いました。

“絶景露天風呂 日本一はコレだ!”ということで、温泉達人50名に
自然の中で入る温泉をピックアップしてもらい、
その中で温泉グランプリを決めるそうです。

標高2150メートルの雪の中の長野県・本沢温泉から、
波しぶきをかぶる海際の温泉まで、
温泉愛好家、温泉エッセイスト、温泉ライター、混浴ジャーナリストの4人が、
凄く嬉しそうに入っていて、温泉に入ったような気分になりますよ!

「BE-PAL」最新号では、【絶景露天風呂】を特集しています。

2011年02月09日

横浜・渚のハーブティー専門店「ハーブマルシェ」

0209ethicon.JPG

オーガニックハーブを取り扱う、
横浜・渚のハーブティー専門店「ハーブマルシェ」の
代表取締役 越智しのぶさんにスタジオにお越し頂きました。

美味しいと感じるものは、自分の身体が必要なもの。
農薬を使っていない、化学肥料も使っていない…
そんなハーブで溢れています。

量り売りで手軽に手に入りますので、是非チェックしてみて下さい!

横浜・渚のハーブティー専門店「ハーブマルシェ」はコチラ!

2011年02月08日

家庭でできる省エネ&エネルギーづくりって?

sotokoto_201103.jpg

ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」の
副編集長、指出一正さんに最新号3月号の特集について聞きました。

個々人の家庭につながる省エネルギーについて知ろう!という特集。
日本のエネルギーの自給率は、原子力を除くとわずか4%ほど。
電気がどのように作られているかを知ることで、我慢はしすぎないで
ムダは出さない生活を送る提案がなされています。

4%の自給率をアップしていくために、個人の家庭でエネルギーづくりを
面白く行っている例なども載っていて「自分にもできるものかも?」と
身近に感じることもできそうです。


また「ソトコト」では、3月に「ロハス検定」を実施!こちらにも注目◎

2011年02月07日

自動車メーカーFIATが取り組む「Share with FIAT」

110207_FIAT.JPG

今日の【エシコン】は…「Share with FIAT」!

イタリアの自動車メーカーのFIATが2月からスタートした取り組みです。
お話を聞いたのは、
フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパン株式会社の
フィアット・カントリー・マネージャーのティツィアナ・アランプレセさん。

「Share」という言葉が環境、エコと並ぶ大切なキーワード。
FIATがブランドとして大切にしているイタリアの「食」、イタリアの伝統的な
スポーツ「サッカー」、そして「未来の子どもたち」をテーマにしたプロジェクト。

また、東京・青山にある「FIAT CAFE」では、「TABLE FOR TWO
日本ブラインドサッカー協会」「Room to Read」などの非営利団体と
コラボレーションを展開し、サイト上でもさまざまな情報発信を行っています。


「Share with FIAT」の取り組み、キュートなサイトもチェックできます♪

2011年02月04日

日本一の森林率・高知の「84プロジェクト」

84logo.gif 84sagyogi.gif


2011年の国際森林年に合わせて「森」のトピックスを紹介していますが
今日は日本で一番、森林の割合「森林率」が高い高知県のプロジェクト
「84プロジェクト」に注目!代表の梅原真さんにお話を伺いました。

名前にもある「84」は、日本一を誇る高知県の森林率、84%からくるもの。
日本そのものも、国土の7割が森林という世界に誇る森林大国です。

プロジェクトは…
☆森で仕事をする人の作業着に「84」を背負う!84作業着
☆地元の材木「84材」で「84大工」が建てる家「84ハウジング」

など発想の転換で、地域にあるものを活かし、その良さを再発見&提案。


「84プロジェクト」のさまざまな取り組みにも注目です!

2011年02月03日

幻の柑橘「湘南ゴールド」収穫体験ツアー!

20110203_エシコン1.jpg

神奈川が誇る、幻の柑橘「湘南ゴールド」の収穫体験ができるツアーを紹介しました!
ツアーを企画している株式会社 近畿日本ツーリスト神奈川の高田亜紀子さんに伺いましたよ。

このツアーは「産地を往く 幻の柑橘「湘南ゴールド」収穫体験と
野菜ソムリエの料理講座&地産地消のごちそうビュッフェ」というもので
湘南ゴールドの収穫をメインに、さまざまな体験ができる日帰りツアー。

2月22日(火)、3月2日(水)、3月5日(土)はまだ若干残席あるとの事。
旅行代金は、平日の2月22日(火)、3月2日(水)が6980円、3月5日(土)が7480円。
お申込み・お問合せは、近畿日本ツーリスト神奈川 予約センター
電話番号 045-319-2400 まで。
インターネットからも申込み可能です。

是非、ツアーを体験してみては?

【幻の柑橘「湘南ゴールド」収穫体験と
野菜ソムリエの料理講座&地産地消のごちそうビュッフェ】

20110203_エシコン2.JPG

2011年02月02日

「企業とNPOの関係」に注目!

20110202-エシコン2.jpg

今日の【エシコン】のキーワードは「企業とNPOの関係」
環境とCSRと『志』のビジネス情報誌「オルタナ」の編集長、
森摂さんに聞きました。

「オルタナ」最新号は、今週の月曜日に発売されたばかりですが、
今回の第一特集は、「NPOと企業のベストカップル」
民間企業とNPOのベストカップルとして成功している例として、
ソフトバンクと、長野サマライズセンターとの取組みで、聴覚障害者への支援。
iPhoneを通じて、音声がサマライズセンターへ送られ、
それを文字お越ししたものが、iPhoneに表示されるというもの。

企業の社員も一市民…ということは、
NPOと企業が共に手を取って活動していく
その活動に参加していくというのは、とても意味がある事になっていきそうですね。


今年の3月ごろからは、iPhone、iPad向けに、
1年前のバックナンバーも公開されていくようなのでこちらも楽しみです!

環境とCSRと『志』のビジネス情報誌「オルタナ」はコチラから!

2011年02月01日

日産リーフ 試乗レポート!

ミツミ&ホズミンが今日のオンエア前に行ってきました!
電気自動車「日産リーフ」の試乗レポートをお送りしました。

昨年11月のAPEC横浜の開催と同時に、みなとみらい21地区で
「スマート・ネットワークプロジェクト」という未来の街づくりのための
実証実験がスタート。その一環として電気自動車を使った
カーシェアリングの体験をしてきましたよ!

leaf1.JPG
試乗前にしっかりと講習を受けて臨みます!

leaf2.JPG
カーシェアリングについてのレクチャー。
車の予約やエアコンのスイッチON/OFFもPCや携帯でできるんです!

leaf3.JPG leaf4.JPG
それではリーフに乗って行ってきま~す!

leaf5.JPG
今日の運転手はホズミン!

leaf6.JPG
スムーズな運転のしごこち、そしてエンジン音もほとんどしなくて静か。

leaf7.JPG
急速充電器で充電!カードで認証してキーを開けるとカンタンに♪

leaf8.JPG
最後はアンケートを記入して終了!おつかれ様でした~

2011年01月31日

東京インターナショナルギフトショー ~ピースフル・ライフ・フェア~

peaceful_life fair.jpg

明日2月1日(火)から東京ビッグサイトでスタートする日本一のギフト見本市
「東京インターナショナルギフトショー ~ピースフル・ライフ・フェア~」

イーネ!注目の今回の見どころ「ピースフル・ライフ・フェア」は
デザイン性が高く、手に取ると実は環境によい商品だった!というような
植物や生き物、世界中の人のハッピーにつながる商品が並ぶコーナー。

今回のおすすめは…

★坂本龍一さんが代表を務める「もっと森を」がテーマの 「moreTrees」
★俳優・伊勢谷友介さんのソーシャルエンタープライズ 「リバースプロジェクト」


明日2月1日(火)~4日(金)開催!「東京インターナショナルギフトショー」
※一般入場はできませんが、USTREAMで会場の様子が見られます!

2011年01月28日

森と暮らしとこころをつなぐ「私の森.jp」

2011年の国際森林年に合わせたトピックスを紹介していますが
今日ピックアップしたのは「私の森.jp」。
「森」と私たちの暮らしをつなぐコミュニケーションサイトです。
「私の森.jp」を主宰している環境ジャーナリストの枝廣淳子さんに伺いました。

森とのつながり方、かかわり方をさまざまな角度で提案しているサイト。
実際に森に足を運べなくても、森からやってきたもの、木でできた製品や
森のクイズや写真を投稿できるページなど…親子で楽しめるコンテンツも!

「私の森.jp」のページに遊びに行くだけでも癒されます♪

2011年01月27日

「みどりアップ」しています!宣言

20110127-エシコン.JPG

今日のエシコンでは、横浜市が新たに始めた市民参加型の取り組みということで
「みどりアップ」しています!宣言」をピックアップ!
横浜市環境創造局 みどりアップ推進課の細谷直由さんにお話を伺いました。

「みどりアップ」しています!宣言」は、去年10月からスタート。
個人や企業、団体が行っている、たとえば「部屋の中に花や観葉植物を飾っています」や
「森の散策やハイキングなどをしています」などの、みどりアップにつながる取り組みを
「みどりアップ」しています!宣言」として、横浜市に登録するもの。!

横浜市では、全国に先駆けてみどり税を導入し、
「みどりアップ計画 新規・拡充施策」に取り組んでいます。
この計画の推進には、樹林地・農地の所有者だけでなく、
市民の皆様のご理解・ご協力が必要との事。
「みどりアップ」しています!宣言」を通して、市民協力の輪を広げ、
一つひとつの取り組みがやがて大きな「みどりアップの力」になっていけば…
と、細谷さんは仰っていました!

「みどりアップ」しています!宣言」についてはコチラから!

2011年01月26日

日本の再生エネルギー!

20110126-エシコン.JPG

今日のエシコンでは、「日本の再生エネルギー」をピックアップ!
雑誌「日経エコロジー」副編集長の花澤裕二さんにお話を伺いました。

日本の再生可能エネルギーの現状、これからの日本での取り組み、私たちの生活に与える変化、
そろそろエコポイントが終わりそうな中で家電を買うときに気を付けたいポイント、
「日経エコロジー」最新号ではどんな特集なのか…色々と教えて頂きました!

参加者の良い感想が絶えないこちらのツアー。
通常の生活では経験することが出来ない貴重な思い出を、
ぜひ、こちらのツアーで体験してみてください!

「日経エコロジー」についてはコチラから!

2011年01月25日

食の実情に迫る映画「フード・インク」

food_inc.JPG

注目のドキュメンタリー映画が続々公開されています!
今日の【エシコン】は、「食」の実情に迫るドキュメンタリー映画
「フード・インク」を紹介しました。

アメリカで大量に作られている食品の真実を追ったドキュメンタリー。
私たちの豊かな食生活の背景にある、工業製品のように
大量生産され流通する農作物の姿に切り込んだ作品です。
日々食卓にのぼる食事や、口にする食べ物について考えさせられそうです。


◆◆ 公開劇場はこちら! ◆◆

1月22日(土)~公開中 シアター・イメージフォーラム(東京・渋谷) 
2月26日(土)~ シネマ・ジャック&ベティ(横浜)


映画「フード・インク」について、詳しくはこちらでチェック!

2011年01月24日

海外ボランティア・スタディツアー!

HISyanai.jpg

今日のエシコンでは、「海外ボランティア・スタディツアー」をピックアップ!

今、世界各地でボランティアをしながら旅をしている日本人が増えているそうなんです。
そこで、「ボランティア・スタディツアー」を企画している
旅行会社、株式会社 H.I.S 本社社会貢献関連事業室の、 
矢内敬章さんに詳しくお話を聞いてきました!

0124ethicon.JPG

孤児院での子供達との交流…などなど、
現地で様々な体験を若い方がするツアーで、20代の方の参加が7割。
保険、ドクターヘリなども整備されているので、万全の態勢が整っています。

現在、コースは24コースあり、対象が7~8か国となっています。
(バングラディッシュやカンボジア、ラオス、ベトナム、タイ、バリ島、インド、アメリカなど)

参加者の良い感想が絶えないこちらのツアー。
通常の生活では経験することが出来ない貴重な思い出を、
ぜひ、こちらのツアーで体験してみてください!

詳しくはこちらのHPから!

2011年01月21日

「フォレスト・サポーターズ」になろう!

foresapo.JPG

今年、2011年は「国際森林年」。【エシコン】のコーナーでも
「森」についてフィーチャーしていきますが、今日ピックアップしたのは
あなたも今日からなれる!「フォレスト・サポーターズ」
社団法人国土緑化推進機構の専務理事、梶谷辰哉さんをお迎えしました。

国土のおよそ7割を森林が占める森林大国・日本。
人が入って手入れをしなくなったことで、今、森が荒れています。

そこで!私たちも参加できる森を支える「フォレスト・サポーターズ」は
4つのアクションを1つでもやります!と宣言することで参加できます。

★ 森にふれよう … 森で行われるイベントなどに参加する
★ 木をつかおう … 国産材で作られた木製品を使う
★ 森をささえよう … 緑の募金、森林ボランティに参加する
★ 森と暮らそう … 森で働く、山村での生活の実践


登録はもちろん無料!メールアドレスがあれば誰でも参加できます。

「いまの日本の環境を救えるのは、森だと思う。」 フォレスト・サポーターズ


foresapo_logo.jpg

2011年01月20日

この時期、冬に登る低い山のススメ!

20110120-eshikon.jpg

今日の【エシコン】は、冬に登る低い山について聞きました。
イーネでおなじみ、雑誌「山と渓谷」編集長の神谷有二さん。

今回の特集で紹介している「冬の山(厳冬期低山)」)の特集
必要な装備、登山時の注意点などお話して頂きました!

雑誌「山と渓谷」最新号では、冬の山(厳冬期低山)」特集!

2011年01月19日

湘南国際マラソンを始め、様々な場面で環境活動を行っている…「株式会社 湘南貿易」

20110119-eshikon.JPG

株式会社 湘南貿易の代表取締役 橋本則夫さんにスタジオにお越し頂き
「湘南エコプロジェクト」について伺いました。

日本の未来・地球の未来創造の一助になればと、
「湘南エコプロジェクト」を立ち上げ、
プラスチックのリサイクル活動にも力を入れているとの事。

実は、今度の日曜日に迫ってきた「湘南国際マラソン」でも、
毎年、環境活動に参加されて
「資源の循環」をテーマに
「ランナー袋(荷物をまとめて入れているおく為の袋)」の作成を行っています。

袋にはアートをプラスすることで、環境への活動を難しく考えるのではなく、
楽しく取り組んでもらえたらと考えいるそう。
今年もランナーの皆様には、ランナー袋を配布するとの事で、
走り終わった後、捨ててしまうのではなく、
その後出たゴミの分別袋等として活用して頂き、
持ち帰って頂ければと思います…と、橋本さんは仰っていました!

「株式会社 湘南貿易」のホームページはコチラ☆

2011年01月18日

福祉施設で作られたグッドアイテムが揃う「にぎやかな風」

nigiyakanakaze.JPG


東京・阿佐ヶ谷にある、全国の福祉施設で作られた商品を集めた
セレクトショップ「にぎやかな風」を紹介しました。

スタジオにご用意して頂いたのは…(写真左から)

○茨城「しずかの創造苑」…お米から手作りの「あげもち」
○横浜市港北区の地域作業所「アートかれん」…手漉き和紙の封筒
○北海道「美深福祉会」…トマトジュース「太陽の水」
○福岡「玄海学園」…塩「志摩の自然塩」
○高知「土佐七郷会 大方生華園」…グァバジュース

などなど!食品、雑貨、アクセサリーなど400点もの商品が並びます。

「にぎやかな風」の店長、茶谷恒治さんはもともと福祉施設で働いていて
「せっかく良質なものを作っているのに、なかなか手に取ってもらえる
機会が少ないので紹介したい」という思いからお店を始めたそうです。


「にぎやかな風」のお店へのアクセスはホームページでチェック☆

2011年01月17日

防災・減災活動体験フェアー「防災ギャザリング2011」

CIMG6437.JPG


今日のエシコンでは、
今週末、1月22日に横浜市民防災センターと沢渡中央公園で行われるイベント、
「防災・減災活動体験フェアー 防災ギャザリング2011」について、
災害ボランティアでこのイベントのスタッフでもある、
高松清美さんにお話を伺いました!

こちら、「全員参加体験型」の災害対策イベントです。
会場では、16種類の防災・減災体験項目を用意。
参加者のみなさんは、スタンプラリー方式で
全ての体験科目を受けることができます。

この中からMITSUMIも、ロープワーク体験をスタジオでやってみました!

CIMG6435.JPG

CIMG6430.JPG

イベントの詳細はコチラから!

2011年01月14日

横浜ランデヴープロジェクト

zounohana.JPG


横浜・みなとみらいの象の鼻テラスを中心に展開されている
「横浜ランデヴープロジェクト」をピックアップ。

「象の鼻テラス」は横浜港開港150周年を期に2009年に開館した
ギャラリースペース&カフェ。「横浜ランデヴープロジェクト」の特長は
横浜市内の障害者施設とのコラボレーションしているところ!

色鮮やかなトートバッグやポーチ、イラストやパステルカラーの模様が入った
ボタンやアクセサリー、点字新聞を再利用した作られた封筒、
ビーチサンダルの素材で作られたコースターなどなど…
手作りのあったかさが感じられるものばかり。

デザイナーと地域作業所のコラボで製品を作ることで販売数が上がり、
地域作業所の方々もやりがいが出てきているそうです。


「象の鼻テラス」など横浜の文化施設、オンラインSHOPでも購入できます。

2011年01月13日

木の選び方・使い方を考える、「フェアウッド」!

20110113-eshikon.JPG

今日の【エシコン】は、
木の選び方・使い方を考える、「フェアウッド」に注目!
「フェアウッドパートナーズ」の中澤健一さんにお話を伺いました!!!

私たちが暮らしの中で触れる木製品そのものだけでなく、
その背景(どこで採れた、どんな種類の木なのか)を知ろうとすることが
「フェアウッド」なんだそうです。

中澤さんたち「フェアウッドパートナーズ」の活動は
木を使う製品を作っているメーカーなどへの働きかけがメインということですが、
製品を買う立場の私たちにできる「フェアウッド」

・「どんな木を使っている?樹脂は何?産地はどこ?」か、お店の人に積極的に聞く。
・国産のスギやヒノキが多くあるので、
もっと活用し、スギやヒノキでできた製品を選んでいく。
・森林認証「FSC」ラベルが付いているので、ラベルが着いている製品を選ぶ。
…などがあると、仰っていました!

来月2月5日(土)に東京・目黒不動前にあるカフェ「ゴルビー」で開催されるイベント
「フェアウッドカフェ」では、来場した方におみやげも用意してあるそうですよ。
参加の申込みは、ホームページからできるようになっています!
一度サイトをのぞいてみて下さいね!!!

「フェアウッドパートナーズ」についてはコチラから!

2011年01月12日

上手にお野菜を保存するのに役立つ、「ベジバッジ」!

110112-eshikon.jpg

今日の【エシコン】は、
上手にお野菜を保存するのに役立つ、「ベジバッジ」…お野菜のバッジに注目!
整理収納アドバイザーの村田さつきさんにお話を伺いました!!!

実は、村田さんは、去年12月、
ホズミンが「エコプロダクツ2010」の会場レポートをした時に
ご出演していただいた方。

その時にもご紹介しましたが、
村田さんが考案したこの「ベジバッジ」は、
「eco japan cup2010」で
「ライフスタイル部門 エコチャレンジ大賞」を受賞したアイデア。
「ベジバッジ」とは、どんな物なのかご紹介してもらいました!

それぞれのお野菜の保存方法が書いてあるのがさらに嬉しいですね。
村田さんのホームページから購入することが出来ますので、
一度サイトをのぞいてみて下さいね!!!

「ベジバッジ」についてはコチラから!

2011年01月11日

アウトドアパーソンの2011年の夢&イチ押しグッズ

BE-PAL_201102.jpg


アウトドア雑誌「BE-PAL」の最新号でも特集されている
アウトドアの達人たちが描く夢と、それを叶えるアイテムを紹介!
「BE-PAL」編集長の酒井直人さんに伺いました。

その一例は…

☆ツリーハウスクリエイター 小林崇さん
 「日本初の小児ホスピスに、バリアフリーのツリーハウスを作る!」

☆登山家 三浦雄一郎さん
 「80歳でエベレスト登頂!人類の限界に挑戦したい」

☆環境ジャーナリスト 枝廣淳子さん
 「環境問題の伝え手を日本に1000人育てたい」

常に自然に親しんでいる人たちの思い描く夢を聞いていると
私たちも新しい目標が持ってがんばれそうな気がします!


「BE-PAL」最新号では、冬遊びの着こなし術も特集しています。

2011年01月07日

greenz.jp 新編集長に聞く!2011年注目のトピックス

今日の【エシコン】は、世界中からグッドアイデアを厳選して発信している
ウェブマガジン「greenz.jp」の編集長、兼松佳宏さんが登場!

先月から編集長に就任したばかりの兼松さんに聞いたのは…
今年注目のトピックス。これまでにイーネ!で取り上げた話題
たとえば… 屋外で開く手作りウェディング「H.O.W」や
twitterで送る小さなギフト「giftee」などを先駆けて紹介したり、と
新しいことをはじめる人たちを応援してきた「greenz.jp」。

今年は「マイプロジェクト」として、「私はコレを始めました!」という人を
積極的に取材したり、greenz.jp主催のイベント「green drinks」や
「丸の内朝大学」と連動させるなど、ますますパワーアップ!

greenz.jp主催の「green drinks」 次回は来週の1月13日(木)です!
恵比寿の「CAFE PARK」で夜7時~、「これからの○○」をテーマに
開催されますので、足を運んでみては?

ウェブマガジン「greenz.jp」もチェック!

2011年01月06日

雑誌「ソトコト」に聞く、今年注目するキーワード!

今日の【エシコン】は、ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」
副編集長の指出一正さんに、今年注目するキーワードを聞きました!

雑誌「ソトコト」が2011年に注目するキーワードは「森」、そして「孫」

「国際森林年に合わせた里山の保全」

国際森林年というのは、国連が定めたもので、
現在・未来の世代のため、
全てのタイプの森林の持続可能な森林経営、保全、持続可能な開発を強化することについて、
あらゆるレベルでの認識を高めるよう努力するとされています。

そんな中で日本は森林大国、国土の3分の2が森林との事。
国産の木をうまく活用していくことがポイントとなってきます。

そして、もう一つは、
高齢化社会がこれから増々進んでいく中で敢えて、
「孫」というキーワード。

年末年始で実家に帰られた方も多いと思いますが、
その時のおじいちゃん、おばあちゃんの喜ぶ顔を思い出す方も多いのではないでしょうか。

これらのキーワード、今後E-neでも注目してみていきたいと思います!

ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」はこちらから。

2011年01月05日

NPO法人 そらべあ基金 平成22年度 地球温暖化防止活動環境大臣表彰 受賞!

CIMG6415.JPG

今日の【エシコン】は、「NPO法人 そらべあ基金
平成22年度 地球温暖化防止活動環境大臣表彰 受賞」に注目。
NPO法人 そらべあ基金 代表理事の 市瀬慎太郎さんにスタジオにお越し頂きました。

この度は「平成22年度 地球温暖化防止活動環境対人表彰」受賞、おめでとうございます!
こちらの表彰は、環境省が平成10年度から実施しているもので、
地球温暖化防止に顕著な功績があった個人、または団体に対し、贈られています。

この番組でも去年の夏、7月にご紹介した、「そらべあスマイルプロジェクト」。
再生可能エネルギーの普及啓発に向けた実践的な取り組みとして、
全国の幼稚園・保育園を対象に太陽光発電設備一式を寄贈するプロジェクトです。

ちなみに、「そらべあ基金」では、今日ご紹介した「スマイルプロジェクト」の他にも
「そらべあグリーン電力証書」や「そらべあグッズ」、もちろん基金への寄付も出来ますよ!

そらべあのキャラクター…ホッキョクグマの「そら」と「べあ」が可愛いんです♪
そらべあサポーターズクラブでは、
会員になると、ピンバッチがもらえたり、
サポーターにならなくても、キャラクターグッズを購入するだけでも、
簡単に地球温暖化防止活動に貢献できるので、一度サイトをのぞいてみて下さいね!

「そらべあ基金」についてはコチラから!

2011年01月04日

モータージャーナリスト 川端由美さん!

0104ethicon.JPG

今日の【エシコン】は、世界をフィールドに自動車と環境エネルギーについて
取材しているモータージャーナリスト、川端由美さんをゲストにお迎えしました。

その土地でドライブするうちに見えてくることもあるそうです。
たとえば、自動車大国でもあるドイツでは、
再生エネルギーの生産に農家が関わってきています。

これまでワインのぶどうを栽培していた手入れのしにくい山の上のほうに
太陽光パネルを設置してエネルギーを生産したり、
「農家がエネルギーの生産者になる」というキャッチコピーまであるそうです。

とはいえ、市民レベルの環境への意識は、日本のほうが断然高く、
ヨーロッパは国としてバックアップする対策や法律が整っているんだとか。
日本での市民の意識に、国のサポートが加わればもっと広がるのでは!


川端由美さんの活動は以下のブログでチェックできますよ!

★ スペシャルブログ「エゴイズムとエコイズム」

★ カワバタユミの2020年、クルマの旅

2011年01月03日

2011年の神奈川県は?

2011年最初の【エシコン】は、神奈川県の環境への取り組みにクローズアップ!
神奈川県地球温暖化対策課の浦隆美さんにお話を聞きました。


☆ LED電球の普及促進

白熱電球を省エネ電球に切りかえる「NO白熱プロジェクト」を推進中で、
照明は、家庭における消費電力の約16%を占める。LED電球は、消費電力が
白熱電球の1/8で、LED電球に取り替えることは家庭でできる地球温暖化対策に。

昨年6月から、「LED電球普及キャンペーン」を展開し、イメージキャラクター
「レッドくん」を定め、県内の家電量販店やスーパー200店舗以上の「普及協力店」で
共通販促POPの掲示するなど、LED電球への切替の呼びかけている。

110103_ethicon2.jpg 110103_ethicon1.jpg

110103_ethicon3.jpg 110103_ethicon4.jpg


☆ うちエコ診断

家庭における地球温暖化対策を具体的に進めていくためには、
家庭で排出されているCO2の量や場所「診断」し、対策や費用をアドバイス。
診断員が実際に家庭を訪問し、診断・アドバイスを行う「うちエコ診断」を開始。


☆ エコ住宅の普及

昨年8月には、ある住宅メーカー賛同し、LED照明、電気自動車(EV)充電設備、
太陽光発電と燃料電池のW発電を全国で初めて標準装備し、
排出されるCO2がゼロになる環境配慮モデル住宅が神奈川県限定で発売。


☆ 電気自動車

ガソリン車の1/4程度の「究極のエコカー」といわれる電気自動車(EV)普及に注力。
「2014年度までに県内3000台の普及」を目指し、補助金制度を導入。
今年度第3期の募集を1月31日まで受付中。また「急速充電器」を整備も進行。


神奈川県の環境へのアプローチはココでチェック!

2010年12月30日

【エシコン】 2010年総集編 その1 「アースデイ」

今年も残すところあと2日!
ということで今日と明日のエシコンは、2010年総集編をお送りします。

今日は、今年4月に特集を組んで紹介した 「アースデイ」をピックアップ。

「アースデイ」とは、毎年4月22日に定められた「地球の未来を考えて行動する日」。
1970年にアメリカで誕生し、当時のアメリカ・ウィスコンシン州選出の上院議員
ゲイロード・ネルソン氏が、4月22日を「地球の日」と宣言したことに始まります。

学生運動・市民運動がさかんな時代に、このアースデイを通して
環境問題について関心をもってもらおうと考え、当時、全米学生自治会長だった
大学院生、デニス・ヘイズ氏による呼びかけで、全米へと広がります。

そんな「アースデイ」の誕生から今年でちょうど40年!
現在では、世界でおよそ180ヶ国、5億人が参加するアクションへと成長し、
日本でも各地で催しが自発的に行われています。

来年も4月に代々木公園が会場の国内最大規模の「アースデイ東京」を
はじめとして、さまざまな参加の場が設けられる予定です。

明日は今年10月に名古屋で開催された国際会議「COP10」を取り上げます!

2010年12月29日

藤沢実果さん「世界一周チェンジメーカーの旅」!

今日の【エシコン】では、
番組「E-ne!」で何度か登場していただいた、藤沢実果さん。
この夏から「世界一周チェンジメーカーの旅」をスタートさせました。
そんな彼女を一年間、「E-ne!」では、追いかけています。

藤沢さんは、NPO法人でのお仕事やインターネット広告の営業、などなど
数々のお仕事をこなされていたのですが、
現在「世界の人々の夢を叶える旅」の真っ最中です!

前回、出ていただいた時にはボリビアに居た藤沢さん
その後、エクアドルで、パーマネントカルチャー・バイオダイナミック農業の
集中1ヶ月の講座を受けてきました。
どんな事を学ぶのか、そこでは、どんな暮らしをしてきたのか
1ヶ月という集中講座を終えて、どんな事を強く思ったか
様々な話を伺いました。

藤沢さんの世界一周の旅、
どうぞ気をつけて、たくさんの夢をかなえて下さい。
そして、また、世界各地のエコ情報、エコな人を見つけたら、番組に紹介して下さいね!。

果たして次は、どんな出会いや発見があるのでしょうか?
大変楽しみです!!!

日々の行動は、藤沢実果さんのTwitterとBlogで!

Twitterはコチラ!

Blogはコチラ!

2010年12月28日

2010年の「山」トピックス!

yamakei201101.png


今日の【エシコン】で注目するのは、2010年の総決算「山」!
今年5月に、チームイーネ!で塔ノ岳にも登ったりもしました。
山といったらこの方!雑誌「山と渓谷」編集長の神谷有二さんに聞きました。

やはり外せないのが、2010年の新語・流行語大賞の候補にも上がった
「山ガール」。実際のところは、山ボーイ(男性)も多く目立ったとのこと。

登山を楽しむ人の人数もここ数年で急激に増えていて、特に
今年の富士山の登山者は32万人を超え、過去最高を記録しました。

その反面で、軽装で山に入ってしまうためにおこる遭難問題も多発。
山に入るにあたっての心構え、装備をしっかりとして登山を楽しみたいですね。

そして、来年の注目ポイントとして挙げて頂いたのは「テント山行」。
テントを背負って、食事の準備もしっかり持って…というブームから
さらに一歩踏み込んだ楽しみ方への提案もしたい、とのことでした。


雑誌「山と渓谷」最新号の特集は「登山白書2011」 こちらもチェック☆

2010年12月27日

畑でとれたゴミ袋!

garbage_bag.JPG

2010年最後の1週間、大掃除日和の今日の【エシコン】は
「畑でとれたゴミ袋」をピックアップ!

このゴミ袋を提案している「GARBAGE BAG ART WORK」の
クリエティブディレクター、山阪佳彦さんに伺いました。

この「畑でとれたゴミ袋」には野菜は3種類、トマト・キャベツ・玉ねぎが
描かれています。「畑でとれた…」というのは、畑にあるビニールハウスで
使われていたビニールをリサイクルして作られているのです!

カラフルで見た目も楽しい、資源も有効活用したこのゴミ袋で
ゴミ置き場をアートにしてしまおう!というプロジェクトも手がけています。
毎日の生活から切り離せないものなので、ゴミの出し方から置かれた場所、
ゴミへの関わり方も楽しくなるのはいいことですね♪


プレゼントもありますよ♪

「畑でとれたゴミ袋」トマト・キャベツ・玉ねぎをそれぞれ5名様に、計15名様に!
欲しい!という方は「ゴミ袋希望」と書いてメールかFAXでご応募ください。

メール ene@fmyokohama.co.jp
FAX 045-224-1019

今日紹介した「畑でとれたゴミ袋」の他にもさまざまなゴミ袋を手がけている
「GARBAGE BAG ART WORK」についてはこちらでチェック☆

2010年12月24日

藤沢の「ecomo」おすすめのクリスマスギフト&掃除グッズ

今日の【エシコン】は、コーナーのテーマにもピッタリ♪
ココロにもカラダにも、そして地球にもやさしい、イーネ!なアイテムを集めた
藤沢にあるショッピングモール「ecomo」でおすすめアイテムをピックアップ!

ecomo_1.JPG ecomo_2.JPG


★クリスマスプレゼントに… (写真左)

ecomoの女性スタッフが、もらってうれしいものをセットにしてラッピングした
「クリスマスギフト」。フェアトレードの商品や、オーガニック素材を使ったものが揃う。
たとえば…化粧ポーチ、蜜ロウのリップクリーム、オーガニックコットンのヘアゴム など


★年末の大掃除に… (写真右)

いろんな用途で使える、がんこ本舗の「森と…」という食器洗い用洗剤。
ほぼ水でできていて、海に流れた後、1週間で生分解されるので環境にやさしい。
つまり肌にもやさしい!ヒノキの香りが良くて、洗っている間に癒される♪


ecomo_3.JPG


藤沢のロハスなショッピングモール「ecomo」のアクセスはこちらで!

2010年12月23日

再生紙の中に草花の種が漉きこまれたカード「シードペーパー」

シードペーパー.jpg

今日の【エシコン】は…
再生紙の中に草花の種が漉きこまれたカード「シードペーパー」!

有限会社スープの代表 野口世津子さんに聞きました。

シードペーパーは、企業や家庭から廃棄された古紙を再利用した、ハンドメイドのペーパー。
紙を漉いて固める段階で花の種を流し込んでいて、
紙の色を染めるのには植物ベースの染料を、
印刷には水溶性インクを使っているとの事。

カードを一晩、水に浸し、
翌日に鉢に土をかぶせて埋める。
水やりをすると5~10日ほどで発芽。
ウィッシュカードはキットになっていて、
願い事を書いて土に埋めるそうです。

クリスマスバージョンは、穴が空いていて、ひもを通せばオーナメント。
土に埋めて芽が出てくるのを待ちましょう♪

★「シードペーパー」はコチラをチェック!



ここで、今日はプレゼントがあります!
「シードペーパー」を詰め合わせセットにして3名様にプレゼント!
欲しい!という方はメール または FAX で応募してきてください。
メールアドレスは ene@fmyokohama.co.jp です。

2010年12月22日

電気をナマケます。アンペアをダウンして取り戻す「豊か」な生活♪「アンペアダウン・プロジェクト」

アンペアダウンロゴ2010.jpg

今日の【エシコン】は…
ブレーカーの箱をチェックして、アンペアを一つ下げて
地球にもお財布にやさしい生活を提案する
「アンペアダウン・プロジェクト」!

ナマケモノ倶楽部 事務局長の馬場直子さんに聞きました。

最後の馬場さんからのメッセージにもありましたが…今日は、12月22日。
1年で一番夜が長い冬至です。
今夜は全国各地でスローな夜を楽しむ
「100万人のキャンドルナイト」が開催される予定にもなっていますね。
この機会に、あなたも、電気を消して、自分の暮らし、
電気について少し想いをめぐらせて見てはいかがでしょうか?

この「アンペアダウン・プロジェクト」、
参加するには、ただ、「電気をナマケます。」「アンペアを落としました。」と、
サイトに連絡すればいいんだそうです。

また、可愛いステッカーも配布しているようなので、
お家の電気のスイッチのそばに張ったりして
みんなで声を掛け合う印にも使えそうですね♪

★アンペアダウン・プロジェクト

★東京電力 我が家のアンペアチェック

2010年12月21日

チョコレートに携わるみんながハッピー♪「いっしょにチョコレボ!」

chocorevo.jpg

今日の【エシコン】は…
チョコレートの原料であるカカオを作る人、チョコレートを売る人、
そして食べる私たち。みんながハッピーになる 「いっしょにチョコレボ!」!

環境NGO 「ナマケモノ倶楽部」の共同代表で、フェアトレード会社
「スローウォーターカフェ」の代表 藤岡亜美さんに聞きました。

「いっしょにチョコレボ!」は、チョコレートの原料・カカオの原産地、エクアドルの
サリナスで、「カカオの生産地でチョコレートの最後の一包みまで作る!」と
いう取り組みを、村の人たちと2人3脚で展開しているプロジェクト。

現地で原料のカカオからチョコレートの商品にまでする環境を作ることで
家族と離れて出稼ぎに行かなくてもよくなり、生態系が元気を取り戻し、
キツツキが戻ってくるようになるということも!まさにみんなハッピー♪

そんな「カカオ」をもっと身近に感じられるワークショップも開催!


★2011年1月30日(日)「チョコレート・サミット2011」 カカオについて知る!
 @明治学院大学(東京・白金台)

★2011年2月11日(祝・金)「SPICY VARENTINE 2011」 カカオ豆からチョコづくり!
 @SlowWatercafe(東京・亀戸)


「いっしょにチョコレボ!」についてはこちらでチェック!

2010年12月17日

イーネシュラン2010 環境編 【5】 オーガニックコンシェルジュ 岡村貴子さん

今週1週間の E-ne! ではスペシャル企画!
今年の三つ星は?あの人が選ぶ「イーネシュラン2010」!

今年の三つ星を決めて行く「イーネシュラン2010」企画!
今週の【エシコン】では環境編と題して、
さまざまな方に2010年の三つ星トピックスを選んでいただきました。

最終日の今日は、オーガニックコンシェルジュの岡村貴子さん


☆第1位☆ Terracuore(テラクオーレ)

雑貨や食べ物も扱っている総合アロマブランド。
オーガニックな植物やハーブの加工はイタリアでやってるが、
日本のブランドが日本人の肌に合うように作っている。
岡村さんイチ押しはローズのアロマディフューザー。
瓶の中に600本分のエキスが入っていて、部屋中がバラの花畑の気分!

【神奈川での販売店】 ユナイテッドアローズ横浜店(横浜ルミネ)
東急たまプラーザ、上大岡西の京急百貨店など


☆第2位☆ 「オーガニック・スキンケア入門」 吉川千明・著(主婦の友社)

美容家で有名な吉川千明さんの著書。
ただ化粧品を紹介するだけではなく、色々な悩みやお手入れの方法を
盛り込んで紹介。植物の力やアロマテラピー効果なども載っている。


☆第3位☆ nanadecor(ナナデコール)のオーガニックコットンのタオル

材料はオーガニックコットン100%で、デザインも肌触りも質もいい!
主宰の神田恵実さんが実際にインドに足を運び、タオルの作り方から
デザインまで、現地の方に指導して、フェアトレードで作っている。


2010年12月16日

イーネシュラン2010 環境編 【4】 「BE-PAL」 酒井直人さん

今週1週間の E-ne! ではスペシャル企画!
今年の三つ星は?あの人が選ぶ「イーネシュラン2010」!

今年の三つ星を決めて行く「イーネシュラン2010」企画!
今週の【エシコン】では環境編と題して、
さまざまな方に2010年の三つ星トピックスを選んでいただきました。

今日は、アウトドア雑誌「BE-PAL」の編集長、酒井直人さん。

酒井さんの選んだイーネシュラン三ツ星は「盛り上がる韓国のアウトドア」
人口がおよそ5000万人の韓国の登山人口は、日本の3倍もいるそうです。
登山からキャンプにシフトして、アウトドアの楽しみ方にも幅が出てきているとの事。

そして、酒井さんには、早くも来年注目すべきアウトドアキーワードも挙げて頂きました。

2011年は「BE-PAL」創刊30周年。 「フジヤマママ」「タキビージョ」 この2つがくる!

「フジヤマママ」
2008年頃から登山人口が増えていて、富士山人気はまだ続くそう。
お母さん仲間の口コミ力で広がり、子どもを連れて富士山に登るお母さんが増えるとの事。

「タキビージョ」
焚き火はアウトドアのエッセンスのひとつで、最大の楽しみ。
焚き火の周りでは誰もが美女になれる!?

どちらも気になりますね…今後もチェックです♪

「BE-PAL」についてはこちらをチェック!

Twitterアカウントはこちら!編集部スタッフによるつぶやきも。

2010年12月15日

イーネシュラン2010 環境編 【3】 エコトワザ 大塚玲奈さん

ReinaProfile2.JPG


今週1週間の E-ne! ではスペシャル企画!
今年の三つ星は?あの人が選ぶ「イーネシュラン2010」!

今年の三つ星を決めて行く「イーネシュラン2010」企画!
今週の【エシコン】では環境編と題して、
さまざまな方に2010年の三つ星トピックスを選んでいただきました。

今日は、日本のエコと技をバイリンガルで紹介する雑誌「エコトワザ」の大塚玲奈さん。

大塚玲奈さんの選んだイーネシュラン三ツ星は「水俣市」
今年の6月に初めて訪れて、あまりの美しさに体が震えたとおっしゃっていましたが…
実際に今年の秋に発売されたVOL.11では、
その「水俣」のエコタウンとしての活動が紹介されていました。

先週末行われていた「エコプロダクツ2010」でも、
水俣市のお茶は、注目されていたようですよ。

12月20日ごろ店頭に並ぶ、最新号の「エコトワザ」では
外国人の主婦の方を集めて行ったワークショップの模様から、
簡単にできるエコなお掃除方法…大掃除を特集していますよ。

雑誌「エトコワザ」最新号は、来週の月曜日ごろ店頭に並ぶそうです。
現在神奈川県内の書店での扱いがないようなので、電子版もあるようですし、
「エコトワザ」のホームページから、チェックしてみてださい。

「エコトワザ」についてはこちらをチェック!

2010年12月14日

イーネシュラン2010 環境編 【2】 ソトコト 指出一正さん

sotokoto_201101.jpg


今週1週間の E-ne! ではスペシャル企画!
今年の三つ星は?あの人が選ぶ「イーネシュラン2010」!

今年の三つ星を決めて行く「イーネシュラン2010」企画!
今週の【エシコン】では環境編と題して、
さまざまな方に2010年の三つ星トピックスを選んでいただきました。

今日は、ロハスピープルのための快適マガジン「ソトコト」の指出一正さん。


指出さんの選んだイーネシュラン三ツ星は「福祉作業におけるデザイン」
福祉作業は障害のある方が作業をしているところの作業所。
今では、デザインと福祉がコラボレーションが進んでいます。

その静かな盛り上がりに注目して、今回の「ソトコト」の特集で
「社会と自分を幸せにする商品」として取り上げられています。


この福祉作業デザインのプロダクトが買える場所は、横浜にもありますよ!
「横浜ランデブープロジェクト」というパイロットショップ、
みなとみらい線日本大通り駅の近くにある「象の鼻パーク」にあります。

「look with your hand」という点字新聞を再活用した封筒は、
横浜地域作業所「わくわくわーく」で働く、目と耳に障害をもった人々と
グラフィックアーティストのコラボで作られています。

その他にも、ビーチサンダル素材の廃材を再利用したランチョンマットや
オリジナルのトートバックやポーチなどが買えるそうです。


「ソトコト」最新号の特集「社会と自分を幸せにする商品」を要チェック!

2010年12月13日

イーネシュラン2010 環境編 【1】 ecomom 久川桃子さん

今週一週間、E-ne!ではスペシャル企画!
今年の三つ星は?!あの人が選ぶ「イーネシュラン2010」!お送りします!

今年の三つ星を決めて行く「イーネシュラン2010」企画!
今週のエシコンのコーナーでは、環境編と題して、
様々な方に今年の三つ星を選んでいただきました。

初日の今日、三つ星を選んでくれたのは、「家族と自然にやさしい暮らし」を提案する
リクエストマガジン「ecomom」プロデューサーの久川桃子さんでした。

選んだ三つ星は、「電気自動車」!
神奈川県は、電気自動車に力を入れている県だけに、
注目している人も多いのではないでしょうか?
久川さんのお話では、電気自動車に乗って、
残りの電気の量と走行距離が気になったとおっしゃっていましたが、
よくよく考えると、ガソリン車でも同じ事!
エアコンをつければ、それに伴ってガソリンの消費が増える。
ガソリン車では、残りの走行距離を気にしなくても、
ガソリンスタンドがたくさんあるだけに、
その燃費の感覚がなくなっていたのかもしれません。

久川さんが考える電気自動車の課題は、
一回の充電での走行距離を延ばす事と、充電時間。
ちなみに、久川さんがお乗りになっていた「アイ・ミーブ」では、
普通の家庭のコンセント100ボルトタイプだと、
0からフル充電にかかる時間は、およそ14時間。
これを電気自動車用に200ボルトに変えると
7時間で充電ができるんだそうです。

排気ガスが出ないので、お家の中に駐車スペースがあるタイプ、    
ガレージが小屋タイプになっている方にはお勧めとも。
車を出したり、とめたりしても、排気ガス臭くならないんですって。

さらに、音が静かなので、住宅密集地に住んでいる方、
早朝や深夜に車で出かけることが多い方にも、良いとか。
そして、ガソリンスタンドに行く手間がないので、それが嬉しいとも言ってました。
使ってみたからこそ、わかる電気自動車ならではの利点、たくさんありますね。


ecomomの情報はこちらをチェック♪♪

久川桃子さんのブログはこちらをチェック♪
photo_ecomom.jpg

2010年12月10日

エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」

イモ太郎.jpg

今週の【エシコン】は特集でお送りします。
エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」!

今週木曜日から東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会
「エコプロダクツ2010」で今年の授賞式が行われています。

最終日の今日は、
2008年の「eco japan cup」で「JP地域共存ビジネス賞」を受賞し、
今なお、成長し続けているビジネスモデルをご紹介。
「バイオマスが開く資源循環型環境ゼロ・エミッションの農業と地域の未来」です。
プロデューサー善養寺さんのお話の中できになったあの「イモ太郎」
一体どんなものなのか、
株式会社ピースウェーブの代表取締役 加藤憲一さんに伺いました。!

「イモ太郎」とは、生分解性の農業で使う黒いマルチシート。
私たちが、2008年に「eco japan cup」で賞をとった
「バイオマスが開く資源循環型環境ゼロ・エミッションの農業と地域の未来」で発表したもの。
この「イモ太郎」は、世界初の資源循環型の農業用完全生分解性マルチフィルムなんです。
九州で焼酎造りで排出されるサツマイモの焼酎粕の量は、年間100万トン。
実は、このサツマイモの焼酎粕は、2007年まで、海洋投棄、
つまり、海に捨てていたんですね。
それが、2007年の4月から原則禁止となったため、行き場を失っていたそう。
そこで、加藤さんの会社では、ポリ乳酸と同素材の植物性材料として、
サツマイモの焼酎粕に注目し、これを微生物によってCO2と水に分解される生分解樹脂に合成し、
超臨界反応を利用して熱可塑性組成物を作ることに成功しました。
更に、この組成物から農業用のマルチシートを開発し、
サツマイモを育て、焼酎をつくり、
そこで出た粕で、農業用のマルチシートを作り、
それを使って、サツマイモを作るという
なんと…ゼロ・エミッションの資源循環型農業を実現!

「ありがとう!地球!!!」と仰っていた、加藤さん。

これによって、これまで石油から作られていた製品に代わる
資源循環型バイオプラスチックへの期待も大きくなり、
世界に先駆けてバイオプラスチック産業を構築することで、
地球規模から循環型社会の構築と産業発展に
貢献することを目指しているそうなんです。

農業用完全生分解性マルチシート「イモ太郎」
とにかく凄い!是非、チェックしてみて下さい!!!

(株)ピースウェーブ 「イモ太郎」はコチラ!

今年の受賞作品は「eco japan cup」のサイトでチェックできます。

2010年12月09日

エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」

新しいイメージ.JPG

今週の【エシコン】は特集でお送りします。
エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」!

本日木曜日から東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会
「エコプロダクツ2010」で今年の授賞式が行われます。

4日目の今日は、今年、注目の賞、
「JP地域共存ビジネス賞」を受賞した
「小浜温泉水とその温泉熱を活用したCO2削減「エコロ塩(じお)」作りをされている
建洋水産の木村広大さんにお話を伺いました。

現在一般家庭で使われてるお塩がどのように作られているか、知ってますか?
実は、日本は世界一の塩輸入国。
日本で作られている塩の多くが、
その海外から輸入した天日海塩ににがりを加えて再結晶させた「再製塩」。
これは、再び結晶化するときに、大量の重油を使っています。
他に、ある程度まで海水を天日で濃縮させる「天日海塩」でも、
最後の段階の釜で煮詰める時に、薪を使って作られています。
その為、塩は、多くの食品の中でも、
作られる過程で大量にCO2を排出する食品なのです。
しかし、私たちの「エコロ塩」作りは、
海水や温泉の水をくみ上げる時に使うポンプでの電力や、
移動に使う電力以外にCO2を排出しません。
なぜなら、世界一熱いと言われる長崎県の小浜温泉の熱を使い、塩を精製するからなんです。
この製法によって、およそ100トンのCO2が削減出来たとの事。

この温泉の熱を使ってのお塩づくり…
温泉大国の日本だけに、各地でもそのアイデア生かせそうですよね!
これからの発展が楽しみな「エコロ塩」作りでした。

オバマ温泉水のエコロ塩つくり 「オバマ温泉 塩の宝石」はコチラ!

今年の受賞作品は「eco japan cup」のサイトでチェックできます。

2010年12月08日

エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」

eco japan cup.gif


今週の【エシコン】は特集でお送りします。
エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」!

今週9日(木)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会
「エコプロダクツ2010」で今年の授賞式が行われます。
「eco japan cup」プロデューサーの善養寺幸子さんにお話を聞いていきます。

3日目の今日は、イベント内容について。
注目のエコアイディアがいっぱいで、
更には3日間に渡りトークショーも行われています。

明日は、「eco japan cup2010」の中から、
善養寺さんも注目していると仰ってた、
「ビジネス部門 環境ビジネス・ベンチャーオープン JP地域共存ビジネス賞」を受賞
「小浜温泉水とその温泉熱を活用した、CO2削減「エコロ塩」作り」をご紹介します。

明日からいよいよ「eco japan cup 2010」を受賞したエコアイデアが
「エコプロダクツ2010」で展示されます。
是非、あなたの目でそれぞれの企画を見に行ってみて下さいね!

今年の受賞作品は「eco japan cup」のサイトでチェックできます。

2010年12月07日

エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」

eco japan cup.gif


今週の【エシコン】は特集でお送りします。
エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」!

今週9日(木)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会
「エコプロダクツ2010」で今年の授賞式が行われます。
「eco japan cup」プロデューサーの善養寺幸子さんにお話を聞いていきます。

2日目の今日は、コンテストの内容について。

コンテストの目的は、グランプリや受賞作品を決めることではなく
あくまで「エコビジネスの芽を見つけて育てること」。
たとえば都市で暮らしている人がふと思いついたアイデアが
農業をやっている方にとっての革新的な技術につながったり、
受賞作品が次の展開を見出だせるようなチャンスが用意されていたり。

「『棚からぼた餅』も、まずは棚に乗っけなきゃ!」と善養寺さん。
まずはアイデアを応募してみることで何かが始まるかもしれませんよ!

善養寺さんにお話を伺っていきます。


今年の受賞作品は「eco japan cup」のサイトでチェックできます。

2010年12月06日

エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」

eco japan cup.gif


今週の【エシコン】は特集でお送りします。
エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eo japan cup」!

今週9日(木)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会
「エコプロダクツ2010」で今年の授賞式が行われます。
「eco japan cup」プロデューサーの善養寺幸子さんにお話を聞いていきます。

初日の今日は「eco japan cup」がどんなコンテストなのかについて。

このコンテストでは、ベンチャーなどのビジネスの「種」を探し
これからの経済を支える担い手を探していきたい!という目的で
開催しているとのこと。エコというと硬いイメージ、難しそうなイメージを
持つ人もいるかもしれませんが、まずはその第一歩、敷居を下げて
間口を広げる役割を担っているのも、この「eco japan cup」です。

明日も引き続き、善養寺さんにお話を伺っていきます。


どんなアイデアが今年は受賞したのか…
「eco japan cup」のサイトで発表されています。ぜひチェック!

2010年12月03日

横浜スマートシティプロジェクト

今日の【エシコン】は、横浜市が進める環境の取り組み
「横浜スマートシティプロジェクト」に注目。

将来に向けてエネルギーを有効活用しながら、地球と人にやさしい
街づくりをしていくこと。「横浜スマートシティプロジェクト」は大きく5つ。


【1】 再生可能エネルギーの導入 : 27メガのソーラーパネルを取り入れる

【2】 HEMS : 「ホームエネルギーマネージメントシステム」
  市内の4000軒の住宅に設置

【3】 BEMS : 「ビルエネルギーマネージメントシステム」
  みなとみらいのビルのスマート化

【4】 CEMS : 「コミュニティエネルギーマネージメントシステム」
  みなとみらい、港北ニュータウン、金沢グリーンバレーエリアでスマート化

【5】 EV : 日産自動車と協力。電気自動車を2000台入れることで低炭素都市へ


先月、横浜で開催されたAPECに合わせて、みなとみらいの住宅展示場に
HEMSを体験できる家を展示していました。HEMSとEVもつながっていて、
iPadを使って家電を操作したり、エアコンの温度設定を変えたりでき、
世界22カ国・地域、およし600人の方が来場、日本の技術に関心を示したそうです。

横浜から世界に向けて、新しい生活が発信されていくプロジェクト。
今後も注目していきましょう!

2010年12月02日

「COP16」

今日の【エシコン】は…
11月29日(月)から今月12月10日(金)まで
地球の裏側メキシコで行われる、「国連 気候変動枠組み条約 第16回締約国会議」、
通称、「COP16」をピックアップ!

地球温暖化問題に取り組むNPO法人で、京都会議、1997年のCOP3から追い続けている
気候ネットワークの東京事務所長をしている平田仁子さんにお話を伺いました。

京都議定書は1997年に議決された議定書で、
地球温暖化の原因となる温室効果ガスを、
1990年を基準として各国別に削減率を定め、
共同で約束期間内に目標値を達成する取り決めで、
日本は6パーセントの削減を目標としています。

そんな京都議定書ですが、
CO2の2大排出国であるアメリカと中国が参加していないので、
日本は単純に京都議定書を延長することには反対の姿勢をとっています。

そして京都議定書は2008年から2012年の目標数値を定めているため、
2013年以降に取り決めのない、空白期間ができてしまうのではないか?
と懸念されています。

今回の会議は、
来年の南アフリカで開催されるCOP17への通過点ととらえている国が多く、
注目度も少し低くなってしまっていますが、
2013年以降の空白期間を作らないためにも、
重要な会議だと思います。

是非、皆さんも目を向けてみて下さいね!!!

「COP16」のサイトはコチラから!

2010年12月01日

「もう一つの東海道駅伝」

もう一つの東海道駅伝ポスター1.JPG

今日の【エシコン】は、「もう一つの東海道駅伝」をピックアップ!

どこかで聞いた事のあるこの言葉…そうです!
毎年、お正月の箱根駅伝の後に行われていたゴミを拾いながらの学生による
「箱根駅伝」、「もう一つの箱根駅伝」が来年はさらに進化すると聞きつけたので、
来年はどんな大会になるのか、
「NPO もう一つのプロジェクト」代表の市川真也さんにお話を伺いました!

今年で5回目を迎えたゴミ拾い駅伝
「もう一つの箱根駅伝」を無事終えたことで、
更に来年は、進化・拡大版として新企画
「もう一つの東海道駅伝」をスタートさせます。

これは、東京の日本橋をスタートして、
東海道、つまり、京都までをゴミを拾いながら
タスキを渡す駅伝を行って行くという大会です。
全行程500キロを超える長距離になる大会だけに、
一年間を通して、何回かに分けて行う予定なんだそう。

その第一弾が、来年の2月12日土曜日から13日日曜日にかけて、
「箱根駅伝」と同じく、東京日本橋から、箱根町までを走る予定。

今回から、参加団体を大学生のみならず、
社会人はもちろん、もっと広い範囲に広げ、
更に、海外からの参加も受け付ける予定だそうなので
皆さんも、是非参加してみては???

「もう一つのプロジェクト」ホームページでチェック♪

2010年11月30日

「Dialog in the Dark BE-PALの森」体験レポート

dialog.gif

今日の【エシコン】は、MITSUMIも参加してきた
「Dialog in the Dark BE-PALの森」体験レポート

真っ暗闇のなかで視覚以外の感覚を働かせて、さまざまな体験をする
ワークショップ「Dialog in the Dark」と、アウトドア雑誌「BE-PAL」の
コラボレーションで企画された期間限定のイベント。

暗闇の中に広がる「森」。
小川のせせらぎや枝のトンネルを耳や肌で感じながら散策しました。

…とにかく、百聞は一「験」にしかず!

体験してみることをお勧めしますよ。
参加したMITSUMI&スタッフは、既にまた行きたい!!と思っているほど。


参加は事前予約制になっています。
「Dialog in the Dark」のホームページでチェック!

2010年11月29日

「エシカル・ファッション」を着よう!

22_cover_fujisan.jpg


今日の【エシコン】のキーワードは「エシカル・ファッション」。
環境とCSRと『志』のビジネス情報誌「オルタナ」の副編集長、
木村麻紀さんに聞きました。

「エシカル・ファッション」つまり、地球に自分にやさしいファッション。
オーガニックコットンなど環境負荷の少ない素材が使われているものや、
フェアトレード、リサイクルやリメイク、購入すると社会問題の解決につながる
寄付ができるもの…などが挙げられます。

よく知られているものとしては…

☆オーガニックコットンを使っているブランド「アバンティ」
☆フェアトレードに取り組む「People Tree」 本国イギリスでデザイナーとコラボ
☆日本では三宅一生さん。再生ポリエステルを使ったものを発表
☆ファストファッションとしても知られる「H&M」

ファッションでエコ、ということであきらめるのではなくて
それを選ぶことで自分にも環境にもやさしい選択ができる!
「エシカル・ファッション」は、そんなファッションなのではないでしょうか?


環境とCSRと『志』のビジネス情報誌「オルタナ」 明日11月30日発売!

2010年11月26日

料理に入っている食材を絵文字で表した「食材ピクトグラム」

101126_picto.JPG

今日の【エシコン】は、料理に入っている食材を絵文字で表した
「食材ピクトグラム」をピックアップ!

小麦、卵、そば、牛肉、豚肉…など、アレルギーや宗教上の理由で
食べることが制限されるものを持つ人のために、食材を分かりやすく表示したもの。
ゲストは、このプロジェクトを手がけている株式会社大川印刷の大川哲郎さん。

以前【アグリーカルチャー】で紹介した際には、デザイン開発中でしたが
今月、横浜で開催されたAPECに合わせて完成。
海外からのお客様を多く迎えたこの機会に、市内のホテルのレストランなどに
導入されました。実際にレストランビュッフェで食事を楽しんだ海外の方から
「自分の国にはこういったものがないので、分かりやすくて素晴らしい!」
といった声が聞かれたそうです。

今後は、来年4月に「一般社団法人 食材ピクトグラム普及推進協議会」の
設立に向けて準備中。ホテル・レストラン関係者や食品メーカーなども交えて、
全国に、世界に、広げていきたい、とお話しされていました。

来週11月30日には「食品ピクトグラム」の勉強会も開催されるそうです。
詳しくは、大川印刷のホームページでチェック!

2010年11月25日

「giftee(ギフティー)」

giftee.JPG

今日の【エシコン】は、「giftee(ギフティー)」に注目!

クリスマスまでちょうど1か月。
そしてお歳暮シーズンでもありますよね。
大切な人へのプレゼントや感謝の気持ちを伝える機会も多くなりますが、
そんな時に、Twitter(ツイッター)を使って、簡単な贈り物をするサービス。
それが「giftee(ギフティー)」です。

スタジオに「giftee(ギフティー)」を運営している
giftee.incの代表、太田陸さんをお迎えしてお話を伺いました!

「giftee(ギフティー)」とは…
マイクロギフトサービスと呼ばれるWeb上のサービスで、
ソーシャルメディア上でお礼の言葉やお祝いの言葉を交わす感覚で、
簡単な贈り物をする事が出来るんです。



▼例えばお祝いをしてあげるために簡単に贈り物をしよう!と思ったとします。

1)まずは、gifteeのサイトにアクセス。

2)枠の中に、ギフトを送りたい相手のTwitter(ツイッター)アカウントを入力。

3)アカウントを選択したら、次はギフトを選択。

4)ギフトを選択したら、次は相手に送るメッセージを入力。

5)ギフトを受け取った人は携帯の画面をお店で見せることで
ギフトを受け取ることができる。送り手は決済を済ませて終了!

今はα版(試験段階)で公開しているので、
2店舗協力もと、以下のギフトを送る事が出来ます!

渋谷…ストリーマーコーヒーカンパニー (コーヒー、デザート等)
銀座…銀座ストック (ビストロ)

「giftee(ギフティー)」についてはこちらから♪

「giftee(ギフティー)」のTwitter(ツイッター)はコチラ♪

2010年11月24日

「WASARA」

W3.jpg

WASARA1.jpg

今日の【エシコン】は、「WASARA」に注目!

12月まで、後一週間。
何かとパーティーシーンが増える季節到来!

そんなパーティーの席で、よく見かけるのが、紙のお皿や紙コップ。
いくらエコな時代と言われても、ちゃんとした会場でなければ、
尚の事、紙のお皿や紙コップが大活躍するわけです。
どうしても紙のお皿やコップを用意するならば、
そのデザイン、その素材に、こだわってみるのは如何でしょうか?

今日ご紹介する「WASARA」は、
そんなこれまでの紙食器の常識を変えてくれる物。。。

種類は、全部で14あり、
陶器の器を使ってるのと同じような感覚で、
紙皿は主役にはなれないが、
場の雰囲気を素晴らしい物に変えてくれます!

W1.jpg W2.JPG

売り上げの一部がタイの環境保護活動に使われてるそう。

神奈川県では、みなとみらいにある横浜美術館のミュージアムショップ、
または、田園都市線の二子玉川にある玉川高島屋SC本館などに
取り扱っているショップがありますよ。
また、ホームページから通信販売もしていますので、
詳しくは、私たち「WASARA」のホームページをご覧ください。

「WASARA」についてはこちらから♪

W4.JPG

2010年11月23日

番組発イベント「地産地消ってイーネ!」レポート

今日の【エシコン】は、先週20日(土)に開催した番組発のイベント

「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」

の様子をお届けしました。


drinks1.jpg
会場は、横浜市中区若葉町のオープンスペース「nitehi works」。
夕方6時のスタートと共に多くのリスナーの方が会場へ!想像以上の盛況ぶり!


drinks2.jpg
会場では、横浜市内の農家で穫れた地場野菜を使った、和・洋・中の
3種類の料理が振る舞われました。こちらは屋台で提供されたNOGANのおでん!


drinks3.jpg
かんぱ~い!この時点で会場は既に大盛り上がり!!


drinks4.jpg
音楽も地産地消!横浜出身のヨースケ@HOMEさんによるライブ♪


drinks5.jpg
ホズミン米を収穫した後のワラを敷き詰めたリラックススペース。ワラでリースも作りました。


drinks6.jpg
写真家・今井紀彰さんによる野菜を使って顔を作るワークショップは親子の参加者も。


drinks7.jpg
子どもたちによる作品も展示されましたよ!個性豊かな顔が勢揃い!


drinks8.jpg
保土ヶ谷区西谷の農家、苅部さんの野菜をはじめとして、
しいたけ、豆腐の直売スペースでは色とりどりの新鮮な野菜が並びました!


今回、初めて開催した番組発イベントでしたが、今後もぜひこういった機会を
作っていきたいと思っています。次回をお楽しみに♪

2010年11月22日

鶴見川について聞くならこの方!岸先生

101122_kishi.JPG

今日の【エシコン】でお迎えしたのは…
NPO法人 鶴見川流域ネットワーキング 代表理事の岸由二さん。

おととい20日(土)開催のFMヨコハマ エコロジープラン
Keep Green & Blue 自然教室 vol.5でもお世話になりました。

町田市から鶴見区生麦に流れ込む42.5kmの鶴見川。
かつては汚染や氾濫のイメージが強かった鶴見川ですが
今では治水が整備され、また多くの自然が戻ってきました。
アユの自然繁殖が確認された!というニュースも飛び込んできましたよ。

鶴見川流域ネットワーキングが管理している「鶴見川流域センター」では
川のこと、周辺の自然のこと、生息している生き物のことが学べます。
小机駅から徒歩7分ほどの、のどかな自然の中にあります。

「鶴見川流域センター」についてはこちらでチェック!

2010年11月19日

地産地消ってイーネ! 【5】参加型ワークショップ

今週の【エシコン】の合い言葉は… 「地産地消ってイーネ!」

今週20日(土)に、横浜市中区若葉町にあるオープンスペース
「nitehi works」で開催する番組発のイベント

「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」

横浜市中区若葉町のオープンスペース「nitehi works」で
地元で穫れた新鮮な食材を美味しく頂く『地産地消』を体験しちゃいましょう♪

今日は、当日会場でワークショップを開催する写真家の今井紀彰さん。
今井さんはちょうど、横浜市役所の隣の創造施設ZAIMで
ちょうど今日からスタートしています。

kabe.JPG

zaim1.JPG kao.JPG

明日のイーネ!ドリンクスでの今井さんのワークショップ
「顔を探せ!」もお楽しみに!

↓ 是非、チェックしてみて下さいね♪ ↓
http://www.shigenkousha.or.jp/reuse01.html

* * * * * * * * * * * * * * * *


「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」


開催日時: 11月20日(土)18~20時

会場: nitehi works (横浜市中区若葉町3-47-1) アクセスはこちら


入場無料! ※料理、ドリンクは、それぞれ500円です。


★保土ヶ谷区の農家、苅部博之さんの畑で穫れた野菜を使った料理

 ・おでん (NOGAN)
 ・イタリアン料理 (JACKPOT)
 ・中華料理 (うお時)

★ホズミンが収穫した「ホズミン米」のお米におにぎりも食べられるかも?!

★音楽も地産地消!「tre-sen」毎週(金)夜8時20分のコーナー
 「ラジオ@HOME」でおなじみ!ヨースケ@HOMEのライブ♪

★ホズミンがレポートでゲットした景品が当たるクイズラリー


ぜひ足を運んでくださいね!会場でお会いしましょう♪

2010年11月18日

地産地消ってイーネ! 【4】リユース食器

今週の【エシコン】の合い言葉は… 「地産地消ってイーネ!」

今週20日(土)に、横浜市中区若葉町にあるオープンスペース
「nitehi works」で開催する番組発のイベント

「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」

横浜市中区若葉町のオープンスペース「nitehi works」で
地元で穫れた新鮮な食材を美味しく頂く『地産地消』を体験しちゃいましょう♪

今日は、イベント当日に振る舞われる
地産地消の料理の配膳に使われるリユース食器をピックアップ!


「財団法人 横浜市資源循環公社」“リユース食器の貸し出しサービス”

イベントなどで食事を提供するとき
料理を配膳するお皿やお椀、お箸、
それにドリンク用のカップも必要!

そんな時にピッタリなのがこのサービス。

横浜の「G30」推進の一環として、
繰り返し使う事でゴミの量も削減出来るという、
4年前頃までは、横浜には無かったサービス。

↓ 是非、チェックしてみて下さいね♪ ↓
http://www.shigenkousha.or.jp/reuse01.html

* * * * * * * * * * * * * * * *


「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」


開催日時: 11月20日(土)18~20時

会場: nitehi works (横浜市中区若葉町3-47-1) アクセスはこちら


入場無料! ※料理3品セットとドリンクは、それぞれ500円です。


★保土ヶ谷区の農家、苅部博之さんの畑で穫れた野菜を使った料理

 ・おでん (NOGAN)
 ・イタリアン料理 (JACKPOT)
 ・中華料理 (うお時)

★ホズミンが収穫した「ホズミン米」のお米におにぎりも食べられるかも?!

★音楽も地産地消!「tre-sen」毎週(金)夜8時20分のコーナー
 「ラジオ@HOME」でおなじみ!ヨースケ@HOMEのライブ♪

★ホズミンがレポートでゲットした景品が当たるクイズラリー


ぜひ足を運んでくださいね!会場でお会いしましょう♪

2010年11月17日

地産地消ってイーネ! 【3】NOGAN/JACKPOT

今週の【エシコン】の合い言葉は… 「地産地消ってイーネ!」

今週20日(土)に、横浜市中区若葉町にあるオープンスペース
「nitehi works」で開催する番組発のイベント

「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」

横浜市中区若葉町のオープンスペース「nitehi works」で
地元で穫れた新鮮な食材を美味しく頂く『地産地消』を体験しちゃいましょう♪

昨日に続いて、イベント当日に振る舞われる料理にクローズアップ!


横浜を拠点に活動するデザインチーム「NOGAN」 “屋台でおでん”

浅野宏治さん、茂木隆宏さんの2人からなる「NOGAN」は
屋台をコミュニケーションツールのひとつとして考えており、
イベント当日には屋台で“おでん”を提供!大根、こんにゃくなどの
和風のおでんに加えて、野菜を使った洋風のおでんも出るそうです!


関内のダイニングバー「JACKPOT」 イタリアン料理

関内駅から歩いて3分ほどのところにあるダイニングバー。
普段お店では、生ライブやマジックを見ながらお酒を楽しむ…というお店ですが
イタリアンの修行を積んだシェフの料理にも定評アリ。イベント当日には
エビとブロッコリーの料理と、ほうれん草や小松菜を使ったイタリアンサラダを。


* * * * * * * * * * * * * * * *


「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」


開催日時: 11月20日(土)18~20時

会場: nitehi works (横浜市中区若葉町3-47-1) アクセスはこちら


入場無料! ※料理3品セットとドリンクは、それぞれ500円です。


★保土ヶ谷区の農家、苅部博之さんの畑で穫れた野菜を使った料理

 ・おでん (NOGAN)
 ・イタリアン料理 (JACKPOT)
 ・中華料理 (うお時)

★ホズミンが収穫した「ホズミン米」のお米におにぎりも食べられるかも?!

★音楽も地産地消!「tre-sen」毎週(金)夜8時20分のコーナー
 「ラジオ@HOME」でおなじみ!ヨースケ@HOMEのライブ♪

★ホズミンがレポートでゲットした景品が当たるクイズラリー


ぜひ足を運んでくださいね!会場でお会いしましょう♪

2010年11月16日

地産地消ってイーネ! 【2】うお時 渡邉清高さん

101116_uotoki.JPG

今週の【エシコン】の合い言葉は… 「地産地消ってイーネ!」

今週20日(土)に、横浜市中区若葉町にあるオープンスペース
「nitehi works」で開催する番組発のイベント

「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」

横浜市中区若葉町のオープンスペース「nitehi works」で
地元で穫れた新鮮な食材を美味しく頂く『地産地消』を体験しちゃいましょう♪

今週は、イベントに協力して頂く横浜市の農家の方、若葉町の飲食店の方、
会場でワークショップを行うアーティストの方などを紹介していきます。

今日は、イベント当日に振る舞われる料理にクローズアップ!
横浜市内の農家で栽培された野菜を使った料理を提供してくださる
有限会社うお時 専務取締役 渡邉清高さんをゲストにお迎えしました。

「うお時」はいわゆる“ロケ弁”の仕出しをやっていて、
当日振る舞われるおでん・洋食・中華の料理のうち、うお時さんは
「中華」を担当。使う野菜は小松菜やキャベツなどの葉ものや
にんじんなどの根菜になるかな~ということですが、詳しくは会場で!
渡邉さんによるベジタブルカクテルの実演&試飲もあるそうです!


横浜仕出し弁当「うお時」についてはこちらから!

2010年11月15日

地産地消ってイーネ! 【1】保土ヶ谷区西谷の農家 苅部博之さん

今週の【エシコン】の合い言葉は… 「地産地消ってイーネ!」

今週20日(土)に、横浜市中区若葉町にあるオープンスペース
「nitehi works」で開催する番組発のイベント

「green drinks Yokohama × E-ne! ~good for you~
自然教室アフターパーティー 地産地消ってイーネ!」

横浜市中区若葉町のオープンスペース「nitehi works」で
地元で穫れた新鮮な食材を美味しく頂く『地産地消』を体験しちゃいましょう♪

今週は、イベントに協力して頂く横浜市の農家の方、若葉町の飲食店の方、
会場でワークショップを行うアーティストの方などを紹介していきます。

今日はイベント当日に振る舞われる料理に使う野菜を提供して頂く
横浜市保土ヶ谷区西谷で農業を営んでいる、苅部博之さん。

101115_karube1.JPG

101115_karube3.JPG

手に持っているのは、9年かけて作り上げたオリジナルの大根(写真上)
名付けて…「苅部大根」!! 丹精込めて、今年完成したばかりの大根です。
水気が強く、辛味は抑えぎみで、見た目にももちろん味にも自身たっぷり!


101115_karube2.JPG

ご自身の直売所「FRESCO」で、その日に穫れた野菜を販売しています。
相鉄線の西谷駅から1~2分、(月)(水)(金)の午後2時オープン。


101115_karube4.JPG 101115_karube5.JPG

常時20種類もの野菜が並びます。
イベント当日に使うも苅部さんの畑でまかなえてしまうほど。


101115_karube6.JPG 101115_karube7.JPG

住宅地の間に広がる苅部さんの畑。列ごとにいろんな野菜を栽培しています。


苅部博之さんの直売所「FRESCO」の場所などは、こちらでチェック♪

2010年11月11日

「マルシェ・ジャポンかながわ」

今日の【エシコン】は、「マルシェ・ジャポンかながわ」に注目!

横浜を中心に神奈川地区で、新鮮野菜を、産地直送で販売している
マルシェ・ジャポンかながわ。

11月20日(土)にみなとみらいで行われるということで、
マルシェ・ジャポンかながわ運営事務局の上代淳一さんにお話を伺いました。

三浦から青首大根、レディーサラダ大根、ミニ白菜、
ムラサキイモ、カボチャやナス、更には黒糖を使った手作りのパンなど
色々な商品が集まるそうです!!!

今回は11月20日(土)のマルシェ・ジャポンかながわを中心に紹介しましたが、
相鉄線、二俣川駅などでも開催しているとの事。
是非、足を運んでみてはいかがですか?

11月20、27日(土)みなとみらい54街区 午前10時から午後4時
11月19日、26日(金)二俣川駅構内 午前11時から午後6時

「マルシェ・ジャポンかながわ」についてはこちらから♪

2010年11月10日

「ecomom」12月号・申込は23日まで!

ecomom1009_spx170.jpg

今日の【エシコン】のコーナーでは
「家族と自然に優しい暮らし」をテーマにした雑誌
「ecomom[エコマム]」のプロデューサー、
久川桃子さんにお話を伺いました。

12月3日には、「ecomom」の最新号となる12月号が発刊されます。
今回の特集は、「あったか冬のおこもり」という事で、
マンネリに陥りがちな鍋料理レシピをピックアップ。
準備が楽で、お母さん想いのメニューなんです。
キノコと牛肉、そして焼肉のタレだけで…など、簡単レシピが満載!

また、住まいの断熱や加湿器に関する内容も取り上げています。
加湿器をタイプ別に選ぶ秘訣は必見ですよー!!!



そして来月開催される「エコプロダクツ2010」
『女性が考えるエネルギーシンポジウム』と題し参加します。
明日よりイベント参加申し込み開始ですので、是非チェックしてみて下さいね!

「エコプロダクツ2010」はこちらをチェック♪

リクエストマガジン「ecomom」は、現在、3か月に一回発行される季刊誌。
「ecomom」のサイトで登録すると無料で雑誌「ecomom」が自宅に届きます。
リクエストマガジンということなので、読者のご意見が反映されます。
料理、子育て、海外のことなど…さまざまな情報をお母さん視点で
サイトでもチェックできるようになっています。

家族と自然にやさしい暮らしをテーマにした『エコマム』
無料で購読することができます。
次号12月号からの購読は、11月23日(火・祝)迄にお申込を☆

ecomomの情報はこちらをチェック♪♪

久川桃子さんのブログはこちらをチェック♪
photo_ecomom.jpg

2010年11月09日

11/7(日)よこはま地産地消フォーラム2010 レポート

今日の【エシコン】は先週、特集でお送りした
「よこはま地産地消フォーラム2010」の様子をレポート!
7日(日)に横浜市青葉区のアートフォーラムあざみ野で開催されました。


101109forum1.JPG
会場に入ってすぐ、さまざまな野菜が並ぶ農家の直売市。お昼すぎにはほぼ完売!

101109forum2.JPG
野菜ソムリエによるミニ講座では、小松菜とにんじんの食べ比べが行われました。

101109forum3.JPG
目玉企画の「元気農家トークライブ」会場。ブースに分かれて農家のお話を聞きます。

101109forum4.JPG
イチゴ農家「一期屋」の金子さんを囲む参加者の皆さんの表情、真剣です!

101109forum5.JPG
この日、最優秀賞が決まった「濱の鉄人 料理コンテスト」。壇上のおふたりが
「濱の鉄人」アマチュア部門の福田さん(左)、プロ部門の勝又さん(右)

101109forum6.JPG
アマチュア部門「濱の鉄人」福田さんの「小松菜おにぎり はまポーク巻き」

101109forum7.JPG  101109forum8.JPG
アマチュア部門の小松菜を使ったレシピ、どれもとても美味しく、家庭でも作れそう!


横浜市では引き続き、11月を地産地消月間としてさまざま催しが行われます。

横浜市農業振興課のサイトでチェックー!

2010年11月08日

「生物系と生物多様性の経済学」

今日の【エシコン】は、「生物系と生物多様性の経済学」に注目!

先月名古屋で行われた「COP10」は、2006年に結ばれた条約の目標達成検証と、
新たな目標の策定を目的に開催されました。

そこで、様々な調査結果も合わせて発表されていましたが、
気になったのが、国連環境計画の「生態系と生物多様性の経済学」。
どのくらい生物多様性の価値があるのか、気になる数値が発表されていました。

その事について、株式会社 レスポンスアビリティの代表取締役で
サステナビリティ・プランナーの足立直樹さんにお話を伺いました。

多くの企業が、自分たちの事業は生き物との関わりが少ないと考えていらっしゃると
思いますが、でもそれは違っていて、実際には接点があるのだそうです。

例えば、どんなオフィスであっても必ず紙を使います。
この紙は言うまでもなく、木を原料としているわけです。
ほかにも産業分野であれば、製造プロセスの中でキレイな水を大量に使いますが、
そうした水は、浄化したり循環させたりといった生態系の働きがあって、
初めてもたらされるものなのです。
また、野菜や果実の受粉は人が行うよりもハチを使った方がはるかに経済性にも優れています。
こうした自然の恵みを『生態系サービス』と呼ぶのですが、
改めて考えてみると、あらゆる企業活動はこの生態系サービスに
大きく依存していることがわかってきます。

「生物系と生物多様性の経済学」についてはこちらから♪

2010年11月04日

横浜市の女性就農者「よこはま・ゆめ・ファーマー」

101104kadokura.JPG


今週の【エシコン】は、7日(日)に横浜市青葉区の「アートフォーラムあざみ野」で
開催されるイベント、「よこはま地産地消フォーラム2010」に注目!

イベントに参加する方の中から、今日は農園「ユアーズガーデン」の
門倉麻紀子さんをお迎えしました。

門倉さんの農園は、柿やいちじく、キウイなど果樹の摘み取り農園。
今日もスタジオにたくさんの果物を持ってきて頂きました!

企業や親子などを対象とした摘み取りをメインでやっているそうです。
門倉さんの柿は、先日2日(火)の【エシコン】でもあった戸塚区の名瀬小学校など
学校給食にも出ていて、子どもたちも喜んで食べているんだとか。

そして門倉さんは、横浜市が女性農業者の活動を応援、認定している
「よこはま・ゆめ・ファーマー」でもあります。
女性ならではの観点を活かして、パッケージや盛付けにもこだわりがチラリ。

7日(日)のよこはま地産地消フォーラム2010では、目玉イベントでもある
「元気農家トークライブ」に出演!「親子で畑にやってくる楽しさを伝えたい」
という思い、この日も熱く話してくれることでしょう。
門倉さんのような農家の方との出会いも醍醐味のひとつです!


kaki.JPG

オンエア中にも頂いています。柿の葉っぱやヘタも活かした盛付け♪


「よこはま地産地消フォーラム2010」についてはこちらから♪

2010年11月03日

野菜ソムリエコミュニティかながわも、          地産地消がいっぱい!【レシピも必見】

CIMG6320.JPG

今週の【エシコン】は特集でお送りしています。
11月7日(日)に横浜市青葉区の「アートフォーラムあざみ野」で開催されるイベント、
「よこはま地産地消フォーラム2010」にクローズアップ!

イベントに参加する方の中から、
野菜ソムリエコミュニティかながわのメンバーの長谷川さとみさんをお迎えしました。

「野菜ソムリエコミュニティかながわ」は、「野菜ソムリエ」の資格を持った人が
有志で集まり、活動している公認のコミュニティ。
野菜を作っている農家(生産者)や栄養士、主婦、八百屋さんなどがメンバーで、
「生産者と消費者をつなぐ」「畑と食卓をつなぐ」のが野菜ソムリエの役割。

今年、2010年度のテーマは
「神奈川ロコベジライフを愉しもう~となりの野菜人は誰?~」とし、様々な立場で
ベジフルに関わる人々と日々交流を深めています。
(ロコベジとは「ローカルベジ(タブル)&フル(ーツ)」の略称)

長谷川さん曰く、今オススメのお野菜は『サツマイモ』
その『サツマイモ』を使った簡単料理レシピも教えて頂きました!



★★★いきなり大学イモ★★★

1. サツマイモを、厚さ1センチくし型に切る。
2. 水に浸し、アクを抜く。(約5分間)
3. フライパンに重ならない様に並べる。
4. サツマイモの分量の1/5~1/4の砂糖をまぶす。
5. サツマイモが2~3ミリ浸かる位、サラダ油を入れる。
6. フタをして中火にかけます。(約7~8分)
※途中、サツマイモをひっくり返して下さい。
7. 竹串を刺して火が通ってたら、余分な油をペーパーで拭く。
8. 砂糖が飴状になってたら、サツマイモに絡める。
9. ごま塩をかけて、完成~♪



イベント当日には、旬の地場野菜を使用した調理実演の「ミニ講座」や
「にんじん」と「小松菜」を使った野菜の食べ比べ、更にはあっと驚くレシピをご紹介!

「よこはま地産地消フォーラム2010」についてはこちらから♪

2010年11月02日

横浜市の学校給食には、地産地消がいっぱい!

1102agree.JPG


今週の【エシコン】は特集でお送りしています。
11月7日(日)に横浜市青葉区の「アートフォーラムあざみ野」で開催される
イベント、「よこはま地産地消フォーラム2010」にクローズアップ!

イベントに参加する方の中から、学校給食に地場野菜を取り入れている
横浜市立小学校の栄養教諭の土方直美さんをスタジオにお迎えしました。

11月は地産地消月間ということで、市内の小学生が考えたメニューを給食で
出しているそうです。そのメニューとは「はま菜ちゃん料理コンクール」に入選した
『はま菜ちゃんこうどん』。横浜産の大根とキャベツが使われています。

名瀬小学校は、すぐ近くには農地が広がるのどかな場所。
地域の野菜や果物が使える日に地域の生産者の方に納品してもらい、
旬の野菜を献立に取り入れており、今日は、学校のすぐの生産者の方の
門倉麻紀子さんの柿を使ったそうですよ。

イベント当日には、地産地消月間の給食の取り組みや、食べ物についての
クイズなどもある「食べ物シアター」などの展示するようです。


「よこはま地産地消フォーラム2010」についてはこちらから♪

2010年11月01日

よこはま地産地消フォーラム2010

101101uchida.JPG


今日から11月。
横浜市では11月を地産地消月間として さまざまな取り組みが行われます。
その中でのメインイベント「よこはま地産地消フォーラム2010」について
今週の【エシコン】で特集していきます。

11月7日(日)に横浜市青葉区の「アートフォーラムあざみ野」で開催されます。
今日は、横浜市環境創造局農業振興課の内田義人さんをお迎えして聞きました。


★いち押し!「元気農家トークライブ」…横浜の元気な農家の話を聞いて意見交換。
 日頃、どのような思いで野菜や果物を生産しているか、農家の生の声を聞ける場。

「農の技体験」…身近なカップで小松菜を育てる体験ができる
 「カップで野菜づくり(無料)」、「稲ワラでクリスマスリースづくり(有料)」など

★地産地消えお実践や普及「はまふぅどコンシェルジュ」による体験、実演、展示
 小学校の栄養士: 小学校での農業体験活動や学校給食での取り組み
 野菜ソムリエの資格を持つグループ: 横浜産の野菜の食べ方の提案、調理デモ
 都筑フードネット: 都筑区で生産された野菜を使った「野菜畑丸ごとハンバーガー」

★「濱の料理人」による「濱の鉄人料理コンテスト」
 プロ部門とアマ部門があり、アマ部門は書類選考で、プロ部門は入賞した3人の
 料理人に実際に料理を作り、審査して1位の最優秀者「濱の鉄人」を決める。

秋野菜の直売もあります! にんじん、かぶ、柿、キノコ類などなど


とにかくもりだくさんなイベント!明日からはイベントに参加する方々が登場!
当日参加OK!入場無料です。


「よこはま地産地消フォーラム2010」についてはこちらから♪

2010年10月29日

第1回 日本山岳遺産サミット in 山梨

kamiya.JPG


今日の【エシコン】はスタジオにゲストをお迎えして
「第1回 日本山岳遺産サミット in 山梨」について聞きました。
ゲストは…イーネでおなじみ、雑誌「山と渓谷」編集長の神谷有二さん。

山と渓谷社創業80周年を記念し、今年7月に設立された「日本山岳遺産基金」。
日本各地の山や山岳エリアを選定し、美しい山を次世代に残し伝えるための
サポート、助成をするというもの。サミットではその選定先の発表や
登山家による講演なども行われ、山好きにはたまりません!


~第1回 日本山岳遺産サミット in 山梨~

日時: 11月3日(水・祝) 14:00~18:00
場所: 甲府商工会議所5階多目的ホール(山梨県甲府市相生2-2-17)
入場: 無料(申込み不要、当日参加可)


「日本山岳遺産」についてはこちらから。

雑誌「山と渓谷」最新号では、「脱・メジャーコース登山」特集!

2010年10月28日

第1回 農家サミット!

今日の【エシコン】は、NPO法人農家のこせがれネットワークが開催する
「第1回 農家サミット」をピックアップ。
農家のこせがれネットワーク、代表理事の宮治勇輔さんに伺いました。

元々3ヶ月に1回、東京・六本木のレストラン「六本木農園」で
開催してきたイベント「ライブ・マルシェ・ナイト」を更にパワーアップ!
全国から集まった農家の方が、作っている野菜についてプレゼンしたり
その野菜で作られた料理が食べられるのはもちろん、参加者同士の交流も
しやすいように…といろいろ工夫されているみたいですよ。

開催は、来週11月6日(土)17~22時、東京・六本木の「六本木農園」で!


「農家のこせがれネットワーク」についてはこちらでチェック!

2010年10月27日

日本のエコと技をバイリンガルで紹介する雑誌     「エコトワザ」

ReinaProfile2.JPG

今日の【エシコン】でピックアップしたのは「エコトワザ」

「エコトワザ」
。実は、これ雑誌のタイトル。
いったいどんな雑誌なのか…!?
株式会社エコトワザの代表取締役 大塚玲奈さんに伺いました。

創刊されて、およそ4年。
日本の四季に合わせて、3か月ごとの機関誌として発行されている雑誌。

大塚さんは、子どもの頃から環境にとても関心があり、
喘息になった事から大気汚染に興味が湧き、
2歳から10歳までニューヨークで育った彼女。
海外から見た日本はとても美しい国で、自然と共生の精神があり、
やおろずのかみがあったりと思っていたのですが、
帰国したらそれが失われていて、それを繋ぐ架け橋になりたいと思った。
更に、9.11の時に国際学生寮にいて、
そこでの体験から大きな組織・豊かな個人の国際交流から零れ落ちてしまっている
技術ある中小企業の技を世界に伝えていこうと思って、このメディアを作った…
そう彼女は話してくれました。

紹介してる商品は、すべてウェブサイトと連動させていて、
www.greenjapan.comで買えます。
これを見て、海外からこれを輸入したいという話が来たりして交流が増えている。
定期購読者は日本人が多く、海外ヘのお土産として持っていきたいとか、
海外の方に説明するのに使っていますという人も多いとか。
商品を売りたいのではなく、その裏側に広がるストーリーを紹介したいので、
日本語のところをみて、これを伝えたいのと使ってもらっていもいいですし、
実際にそのように使っている外国人の方もいました。
それをきっかけに今まで通じ合えなかった人の新しい会話が生まれるとか、
議論の最初が生まれるというのは嬉しいし、
そういう使い方をしてほしいと思っているとの事です。。。

「エコトワザ」についてはこちらをチェック!



【☆☆☆プレゼントのお知らせ☆☆☆】
vol.11.jpg

「バイリンガル雑誌「エコトワザ」最新号」
1名の方にプレゼント致します。
ご希望の方は、住所・お名前・電話番号、
そして「雑誌プレゼント」とお書き添えの上、応募下さい!!!
アドレスは ene @ fmyokohama.co.jp
たくさんのご応募お待ちしています♪

2010年10月26日

Dialog in the Dark BE-PALの森

今日の【エシコン】は…「Dialog in the Dark BE-PALの森」に注目。

イーネ!ではおなじみのアウトドア雑誌「BE-PAL」と
何も見えない真っ暗闇の空間でさまざまな体験をするワークショップ
「Dialog in the Dark」がコラボレーションした企画です。

アウトドア雑誌「BE-PAL」の編集長、酒井直人さんにお話を聞きました。

酒井さんご自身がワークショップを体験して、とても衝撃を感じたことから
直接 Dialog in the Dark の代表の方に、一緒に何かできないか
と提案したのが今回の企画のきっかけ。暗闇にテントが張ってあったり、
森のバーがあったり、BE-PALならではの「キャンプ」をテーマに
視覚以外の五感をフル活用して、暗闇でさまざまな体験ができますよ!

「Dialog in the Dark BE-PALの森」は再来週、11月10日(水)からスタート!
インターネットでの予約も受付を開始しています。


詳細・予約は「Dialog in the Dark」のサイトから!

2010年10月25日

わが家のCO2排出量は?「うちエコ診断」

101025ethicon.JPG


今日の【エシコン】でピックアップしたのは「うちエコ診断」。

「神奈川県地球温暖化防止活動推進センター」うちエコ診断事務局
理事の牧島信一さん、「うちエコ診断員」の西寿子さんを
スタジオにお迎えして聞きました。

自宅で使われているガス、電気などの領収書からCO2の排出量をチェック!
家屋の間取りによっても違ってくるようで、いろいろ教えてくれるそうです。
たとえば…おうちの照明をLEDに替えるとどれだけ電気代が変わるか、
お風呂の入り方でガス代がこれだけCO2の排出量が変わります!など
ライフスタイルに合ったアドバイスももらえるようですよ。

申込みは現在受付中で11月10日(水)までが〆切、120世帯限定で
受け付けていますので、ご希望の方はお早めに!


神奈川県地球温暖化防止活動推進センター「うちエコ診断」

2010年10月22日

第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!

今週の【エシコン】ではこの週末、10月17日(日)に多摩川で行ったイベント
「第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!」
の模様をお届けしています!

最終日の今日は、
ルー大柴さんとMITSUMIの対談をお送りしました!

日々の生活の中で、自分の周りに住む生き物を見つける、
「いきものみっけにん」の代表として活躍するルーさん。

生態系を崩さずに、
元来生きていた動物や植物を絶滅させないような努力が必要で、
ひとりでも多くの方の意識を磨いて、後世に残したいとおっしゃっていました。

ぜひまたトゥゲザーしましょう!

2010年10月21日

第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!

gazagaza2.JPG


今週の【エシコン】ではこの週末、10月17日(日)に多摩川で行ったイベント
「第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!」
の模様をお届けしています!

さて、これまでの流れを簡単に振り返ると…今回のイベントの先生、山崎充昭さんの
「山ちゃんの紙芝居」で多摩川の自然について勉強した後、釣りをスタート!
大物を釣りたい!と意気込んだものの…川の水温が低くなかなかヒットせず…

そこで、ルー大柴さん、山崎さんとMITSUMIが急きょ、川の中にジャバジャバ入り、
川岸の生物を探す、通称「ガサガサ」にチャレンジ!中州の定置網へとGO!
定置網まで足を運んだことによって「多摩川水族館」も完成!


明日は、いよいよ最終日。
ルー大柴さんとMITSUMIの対談の模様をお送りします!!

2010年10月20日

第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!

gazagaza1.JPG


今週の【エシコン】ではこの週末、10月17日(日)に多摩川で行ったイベント
「第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!」
の模様をお届けしています!

MITSUMIと、ルー大柴さん、そして今回のイベントの先生役の山崎充昭さんの
3人で多摩川に入ってガサガサをしながら定置網へ向かいました。
小さな網を片手に川岸の草むらでの生き物探し「ガサガサ」に熱中していたルーさん!
定置網へ向かう道すがら、生き物を見つける度に、嬉しそうに報告してきました。
大人も子どももピュアな気持ちにさせる、そんな魅力が多摩川にはあるんですね。

そしていよいよ、定置網が設置されている場所へ!
果たしてどの位のお魚が網にひっかかっているのでしょうか?
その模様は、また明日!!!

2010年10月19日

第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!

fishing1.JPG

fishing2.JPG


今週の【エシコン】ではこの週末、10月17日(日)に多摩川で行ったイベント
「第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!」
の模様をお届けしています!

釣りは中学生ぶりというMITSUMIと、普段は網でガサガサしながら
魚を獲ることが多いというルーさん。そして、参加したリスナーの皆さんも
初めて釣りをしにきたお子さんやお母さんも多かったです。

この日はかげっていて、水の温度も少し低かったようでなかなか釣れず…
1組、釣れた親子がいたくらい…というさんざんな結果でした。。

さて、釣りの成果はスキンヘッド(ぼうず)に終わってしまったのですが
これでは終わりませんよ!続きはまた明日!

2010年10月18日

第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!

kamishibai.JPG


今週の【エシコン】ではこの週末、10月17日(日)に多摩川で行ったイベント
「第1回 E-ne!ツアーズ ルー大柴さんと多摩川でTOGETHERしようよ!」
の模様をお届けします!

リスナーの皆さんと一緒に、MITSUMI、タレントのルー大柴さんが一緒に多摩川で
釣りをして、釣れたお魚を観察しながら、川に棲む魚の生態系を学びました。
会場は、JR南武線「稲田堤駅」から歩いて10分ほどの多摩川の河原。

そして、多摩川の魅力を教えてくれる「多摩川ガサガサ水辺の移動水族館」
館長、山崎充哲さんの「やまちゃんの紙芝居」からスタート。
まずは釣りをする多摩川の環境や、釣りをするときの注意を聞いてから
いよいよ釣りを開始!さぁ、どれくらい釣れたのか?!

続きはまた明日!

2010年10月15日

水族館で感じる生物多様性 ~「食べる」「食べられる」魚の関係~

seapara2.JPG

今日と明日の【エシコン】は「水族館で感じる生物多様性」に注目します。
「横浜・八景島シーパラダイス」アクアミュージアムのお魚の担当、
野村俊介さんにお話を伺いました。

今日は、海で暮らしている「お魚」に注目。
八景島シーパラダイスの一番大きな水槽には、ひとつの水槽に
複数の種類の魚が展示してあり、群れになって泳ぐ5万匹のイワシをはじめ、
大きなサメ、エイや、サバ、アジなどが一緒に暮らしています。

この水槽のお魚たちには、実は「食べる」「食べられる」の関係が!!
実際に来場者の方が、サメがイワシを食べている様子を発見することも
あるそうです。あるがままの姿を再現して展示してある環境ならでは。


「横浜・八景島シーパラダイス」についてはコチラ!

2010年10月14日

水族館で感じる生物多様性 ~ホッキョクグマ~

seapara1.JPG

今日と明日の【エシコン】は、
「水族館で感じる生物多様性」に注目します。
「横浜・八景島シーパラダイス」アクアミュージアムの海獣類の担当、
蓑内真吾さんにお話を伺いました。

今日は、海で暮らしている「動物」に注目。
ホッキョクグマを通して、生物多様性の実態を教えて頂きました。

現在、オスの「ゆきまる」、メスの「ゆきひめ」の2頭を飼育・展示。
水族館であげているエサはホッケ、サンマ、馬肉、りんごやさつまいもなど
自然界では主にアザラシを食べています。
見たところとても愛嬌があってかわいらしく人気だが、実はとても獰猛。
地上最大最強の肉食獣といわれていて、直接エサをあげるのではなく、
全て檻ごしなんだそうです。

また、近年の地球環境の変化で、北極に棲んでいるホッキョクグマは
氷の数が減少によって、だんだんと生息数が減ってきているそうです。
氷が減ると狩りをする場所(エサ場)が少なくなり、妊娠したメスが
穴を掘って子どもを出産する氷・雪の量も減っているんだとか。

私たち人間の暮らしがもたらした「地球温暖化」の結果、
生き物の暮らし影響している、繋がっている事が良く分かります。

どんな小さな生き物でも、生態系のバランスをとって生活している。

と話されていました。


明日の【エシコン】も引き続き、「水族館で感じる生物多様性」に注目します!



「横浜・八景島シーパラダイス」についてはコチラ!

2010年10月13日

谷崎テトラさんに聞く生物多様性

tetra.jpg


昨日と今日の【エシコン】は、
放送作家で「ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン」代表の
谷崎テトラさんに生物多様性についての考え方を伺っています。


テトラさんは、放送作家としての活動の中で、ワールドシフトという
「持続可能で平和な世界に向けての変革」を促すアクションを展開。

15年ほど前にアマゾンに行ったという、テトラさん。
アマゾンの熱帯雨林は地球全体からすると10パーセント程度に過ぎない。
そんな中に世界の生物多様性の半数がひしめく場所といわれている。
実際に行ってみて生命は調和の中にあると感じた。
オーケストラのように様々な生き物の声が聞こえる。
それがきっかけで自然の生態系を守る仕事をしようと思った、との事。

テトラさんが、環境問題を考えるきっかけになった
アマゾンでの出来事。南米の森に行った体験が大きかった。
彼らは風の中に様々な小鳥や虫の声を聞き分けて、その数を数えるていた。
これは日本に帰ってからも面白いと思って身近な公園で耳を澄ましてみる。
そうすると都会の中でも様々な生き物がいるのがわかる。

耳を澄ますと周りに自然との接点がまだまだある。
それをきっかけに自分の身の回りの生態系を見直してみる。
それが里山の保全にもつながる。

そこから世界がどのように動いているのか?
ビジネスの在り方や消費の在り方も変わってきていること、
自分の仕事で生物多様性を意識したアプローチができないかと考えてみるのもいい。

と話されていました。

「どうする?この世界を。」ワールドシフトネットワークジャパン

谷崎テトラさん プロフィール

2010年10月12日

谷崎テトラさんに聞く生物多様性

tetra.jpg


今日と明日の【エシコン】は、
放送作家で「ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン」代表の
谷崎テトラさんに生物多様性についての考え方を伺います。


テトラさんは、放送作家としての活動の中で、ワールドシフトという
「持続可能で平和な世界に向けての変革」を促すアクションを展開。

まず「生物多様性は生命多様性といわれていた」とテトラさん。
われわれが使っている資源の中にある「生物資源」を
消費するのではなく、保全しながらどのようにシェアしていくか。
この問題には、先進国と途上国の間の格差にも絡んでいます。

日本を含めた先進国は、途上国から生物資源を奪ってきた歴史が
ありながら、この事実はあまり日本人には知られていません。

たとえば「海の生態系は大切」と誰もが思いますが、それを
「漁業資源」と捉えると、生命の多様性を忘れ、石油や天然ガスのように
獲り尽くしてしまう。その姿勢が批判されています。


持続可能な生態系を守るための社会の在り方や経済、
これからの「文明」の方向性を考えなければいけない時期に来ている。

と話されていました。


明日の【エシコン】も引き続き、谷崎テトラさんが登場します!


「どうする?この世界を。」ワールドシフトネットワークジャパン

谷崎テトラさん プロフィール

2010年10月11日

キャンプで生物多様性を感じるヒント

bepal_201011.jpg


今日から名古屋でスタートした国際会議、COP10に合わせて
今日のキーワードは…「キャンプで生物多様性を感じるヒント」!

身近な自然に触れることで生物多様性を感じるヒントを
アウトドア雑誌「BE-PAL」の編集長、酒井直人さんに教えて頂きました。

「キャンプに一番おすすめな季節は秋!」と酒井さんは以前にも
話されていましたが、生物多様性や生き物とのつながりを感じるにも
自然の中に足を踏み入れてみることが一番。

そして、いろいろな鳴く虫がいるのも秋。鳴き声を聞き分けて
「これはスズムシ?」「こっちはかな?」というように
小さな生き物も私たちと同じように生きているかんじ、感じ取ってみては?

「BE-PAL」最新号では、秋の鳴く虫の聞き分け方も特集されています!


アウトドア雑誌「BE-PAL」はこちらでチェック♪

2010年10月08日

webマガジン「greenz.jp」に聞く生物多様性

greenz_logo.jpg


今週の【エシコン】は特集でお送りします。

今月11日から名古屋市で、生物多様性条約 第10回締約国会議
通称「COP10」が開催されます。自然や環境などをテーマにしている
様々な雑誌の編集部の方に、生物多様性についての考え方を伺います。

最終日の今日は、クリエイティブで持続可能な未来を考えるウェブマガジン
「greenz.jp」編集長の鈴木菜緒さんにお話を聞きました。


生物多様性を身近に感じるグッドアクションを紹介してくれました。

★企業ロゴの中にいる生き物
日本ビクターのスピーカーをのぞき込む犬、クロネコヤマトの猫など
動物をモチーフにした親しみやすい企業ロゴに着目して、
新しい生物多様性保護キャンペーン「Save Your Logo」がフランスで誕生。


★虫のための五つ星ホテル!?
ロンドンの公園に建てられた、虫のための専用のホテル!
それぞれの部屋は、どんな虫が滞在するかを想定して作られているんだとか。


鈴木さんはお話の中で「生物多様性というと、言葉は難しいけれど
コップ1杯の水が飲めるのも、パソコンを使って仕事ができるのも
掘り下げていくと生物多様性のおかげ」と話していました。
私たちも生き物である以上、生物多様性は本当に身近なところにあるものです。


クリエイティブで持続可能な未来を考えるウェブマガジン「greenz.jp」

2010年10月07日

雑誌「ナショナル・ジオグラフィック日本語版」に聞く生物多様性

ナショナルジオグラフィック.jpg

今週の【エシコン】は特集でお送りします。

今月11日から名古屋市で、生物多様性条約 第10回締約国会議
通称「COP10」が開催されます。自然や環境などをテーマにしている
様々な雑誌の編集部の方に、生物多様性についての考え方を伺います。

4日目の今日は、120年以上の歴史を持つ雑誌
「ナショナル・ジオグラフィック」日本語版の編集長
藤田宏之さんに聞きました。

「ナショナル・ジオグラフィック」は、20年くらい前から生物多様性をキーワードに掲げています。
地球上で生きている生物を、写真などで見て、改めて考えてみて欲しいという想いから
今回開催されるCOP10に合わせ、別冊を発行しました…との事。



雑誌「ナショナルジオグラフィック」といえば、美しい写真とともにリアルな地球を私たちに伝えてくれる雑誌です。
「生物多様性年」という、今年だからこそ知ることができる
自然のこと地球のことがたくさん詰まった
「ナショナルジオグラフィック」の別冊『みんなの生物多様性年』を是非、一度手に取ってみて下さい。

また、「ナショナルジオグラフィック」のホームページも、とても素敵なので、
一度覗いてみてはいかがでしょうか?

定期購読すると、上の写真の特別本がもらえます。
欲しいという方は、是非、定期購読の申し込みをしてみて下さい。

ナショナルジオグラフィックの情報はこちらをチェック♪♪

2010年10月06日

フリーマガジン「ecomom」に聞く生物多様性

ecomom1009_spx170.jpg

今週の【エシコン】は特集でお送りします。

今月11日から名古屋市で、生物多様性条約 第10回締約国会議
通称「COP10」が開催されます。自然や環境などをテーマにしている
様々な雑誌の編集部の方に、生物多様性についての考え方を伺います。

3日目の今日は、家庭と自然に優しいリクエストマガジン
「ecomom[エコマム]」のプロデューサー、久川桃子さんに聞きました。

一つの種類にも色んな遺伝子を持ったてんとう虫がいる。
そのような身近な部分や食べ物など、普段の生活に触れると
生物多様性を感じるそうで、生き物と触れ合う機会を
子供にたくさん与えてあげて欲しい、とおっしゃっていました。

久川桃子さんのブログはこちらをチェック♪
photo_ecomom.jpg


リクエストマガジン「ecomom」は、現在、3か月に一回発行される季刊誌。
「ecomom」のサイトで登録すると無料で雑誌「ecomom」が自宅に届きます。
リクエストマガジンということなので、読者のご意見が反映されます。
料理、子育て、海外のことなど…さまざまな情報をお母さん視点で
サイトでもチェックできるようになっています。

ecomomの情報はこちらをチェック♪♪

2010年10月05日

雑誌「山と渓谷」に聞く生物多様性

yamakei.JPG


今週の【エシコン】は特集でお送りします。

今月11日から名古屋市で、生物多様性条約 第10回締約国会議
通称「COP10」が開催されます。自然や環境などをテーマにしている
様々な雑誌の編集部の方に、生物多様性についての考え方を伺います。

2日目の今日は、山と自然を楽しむための雑誌「山と渓谷」。
MITSUMIが編集部に訪問、編集長の神谷有二さんにインタビューしてきました。

もちろん神谷さんも登山を楽しむそうですが、自然に直接触れ合う中で
皮肉なことに、以前と比べて「損なわれたもの」に気づくことで
生物多様性を感じるのだそうです。

この夏、山と渓谷社は、創立80周年を記念して「日本山岳遺産基金」を設立。
親子で登山するイベントなどを主催したり、自然のありのままの姿を
体験してみることで、自然を残そうという活動をスタートしました。
インタビューの中で、神谷さんはこのようにお話しされていました。

「友達になるには、名前を知ることがコミュニケーションの第一歩。
花の名前ひとつ覚えるだけでも山が違ったふうに見えてくるのでは」


山と自然を楽しむための雑誌「山と渓谷」はこちらから。

2010年10月04日

雑誌「ソトコト」に聞く生物多様性

sotokoto201010.jpg


今週の【エシコン】は特集でお送りします。

今月11日から名古屋市で、生物多様性条約 第10回締約国会議
通称「COP10」が開催されます。自然や環境などをテーマにしている
様々な雑誌の編集部の方に、生物多様性についての考え方を伺います。

初日の今日は、ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」。
副編集長の指出一正さんにお話を聞きました。


今月号では「魚食&国産食材事典」という特集が組まれています。
日本人にとっては欠くことのできないもの。生物多様性にも深く関わって
「食」という身近なテーマから生物多様性を考えてみてはどうか?
という思いが込められているというこの特集。

本の沿岸部で獲れる漁業資源がどんどん減っているという現状。
「ソトコト」の中では、食卓に上る魚を以下のように紹介しています。

「レッドフィッシュ」…絶滅の危機に瀕していて、あまり食べないほうがいい魚。

「グリーンフィッシュ」…4つのSのついている、食べるのにオススメの魚。
 Small(小さい)、Seasonal(旬の)、Silver(光りもの)、Shell fish(貝)

スーパーでの普段の買い物でも意識できますよね。


また、明日発売の最新号では、「新・生物多様性入門」と題して
さらに生き物の多様性にクローズアップした特集を組んでいるそうです。

ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」はこちらから。

2010年10月01日

今月開催される「COP10」ってどんな会議?

Edahiro.jpg

今日の【エシコン】では「COP10」にクローズアップ。
「生物多様性条約 第10回締約国会議」 通称「COP10」は
10月11日(月・祝)~29日(金)に名古屋で開催される国際会議。

「COP10」というキーワード、よく目にしたり聞いたりするけど
一体どんなことが話し合われる会議?というのを
環境ジャーナリストの枝廣淳子さんに教えて頂きました。

これは、1992年に締結された「生物多様性条約」に署名をした
締約国が集まって、進捗を確認するという場です。

話し合われるポイントは…


①生物を守る

「生物多様性」のとおり、生き物がたくさんいることで地球は成り立っている。
しかし、このままだと生き物の棲む場所がなくなり、絶滅してしまい、私たちが
得ているものも得られなくなってくる。それを守るのが「生物多様性条約」。

②資源の持続可能な活用

生物を守るためにただ保護区を作るだけでは、守りきれなくなった。
いろいろな資源を使うときに持続可能な使い方をしようと決めている。

③遺伝資源の共有

生物はいろいろな食べ物、木材などを提供してくれている。見えにくいけれど
重要なのが「遺伝子」。その遺伝子があるのはだいたい発展途上国。
それを先進国が持ってきて開発しているが、遺伝資源での利益が上がれば
遺伝子が元々あった途上国にも公平に共有するようにする。


枝廣さんは特に、今回のCOP10でポイントになるのは
③遺伝資源の共有 が大切だと話されていました。


「生物多様性条約 第10回締約国会議」について詳しくはこちらで!

枝廣さんの著書『企業のためのやさしくわかる「生物多様性」』

2010年09月30日

環境とCSRと志の雑誌「オルタナ」の特集、『ご機嫌』

21_cover_fujisan-224x300.jpg


今日の【エシコン】のキーワードは、「ご機嫌」

環境とCSRと志のビジネス雑誌「オルタナ」の編集長、
森 摂さんにお話を伺いました。

今日発売された最新号の『オルタナ』。

仕事を、ビジネスを成功させる組織には、
この「ご機嫌」というキーワードが欠かせないとの事。

最新号では、「ご機嫌な職場作りに取り組む組織」「7つの共通点」とは?

①「会社のために」仕事をしない
②給料が高ければ良い訳ではない
③学歴やスキルは採用の決め手ではない
④写真には教えない
⑤結果よりもプロセスを重視する
⑥オフィスは都会になくても良い
⑦働きたい時間に働ける

目から鱗なトピックで、思わず読み入ってしまいます。

人は誰しも、心安らぐ環境の下で良き人間関係に支えられながら働きたいもの。
そんな環境で働いている人は、きっと「ご機嫌」に違いない。
「ご機嫌」に働ける環境と人づくりに挑戦し続ける企業の姿から、
人生を豊かにする働き方の未来が見えてきますよ!



また今号の第一特集は
「岡田武史(サッカー日本代表前監督) 淘汰されない人間を育てたい」

今夏、サッカー・ワールドカップ(W杯)でベスト16にチームを導き、
高い評価を得た岡田武史・前日本代表監督。

実は学生時代にローマクラブの『成長の限界』を読んで以来、
環境問題には高い関心を持っているとの事です。
最新号では、環境教育から組織論まで幅広く語って頂いてます。

環境とCSRと「志」のビジネス情報誌「オルタナ」は、今日発売です。
表紙の岡田武史さんが目印です。
お近くの書店にない場合には、電子版もNETで購入できますので、
一度「オルタナ」のサイトをチェックしてみて下さい。

環境とCSRと志のビジネス雑誌「オルタナ」

2010年09月29日

日本は世界5位の農業大国 【3】日本の農業の未来

nougyoukeieisha.jpg


今週月曜日から今日まで【エシコン】はシリーズでお送りしました。

農業の専門雑誌、月刊「農業経営者」の副編集長で、
著書「日本は世界5位の農業大国」を執筆している浅川芳裕さんに
日本の農業の現状について詳しく聞いていきます。

最終日の今日のテーマは…「日本の農業の未来」。

浅川さんが一番最初に話されたのは、農業とは
あたかも永遠に衰退するような産業だと、誤って認識されている、ということ。
農業は、世界が工業化、IT化してきたことでさまざまなエッセンスを取り入れて
成長してきたし、これからもまだまだ向上していく、ということです。

世界では人口が増え続け、将来的には食糧危機に瀕する、という話もありますが
浅川さんの見解では、農業は、言ってみれば全人類がお客さん。
それに日本の農業が応えていけば、成長する伸びしろはまだまだあるとのこと。


この3日間を通して、皆さん、どんなことを感じましたか?

食料自給率などの数字に表されることだけで判断するのではなく、
自分の目で確かめて、自分の食卓や身近な食生活から
日本の農業について考えてみてはいかがでしょうか。


今回の特集で「日本の農業に興味を持った!」という方はぜひこちらをチェック↓

浅川さんの著書「日本は世界5位の農業大国」はこちらから。

農業の専門雑誌 月刊「農業経営者」についてはこちら。

2010年09月28日

日本は世界5位の農業大国 【2】日本が農業大国である理由

asakawa_hon.png

今週月曜日からの【エシコン】はシリーズでお送りしています。

農業の専門雑誌、月刊「農業経営者」の副編集長で、
著書「日本は世界5位の農業大国」を執筆している浅川芳裕さんに
日本の農業の現状について詳しく聞いていきます。

2日目の今日のテーマは「日本が農業大国である理由」。

浅川さん、その理由はとてもシンプルだとおっしゃっています。
世界2位のGDP(国内総生産)を誇る経済大国、日本。

GDPは、一次産業(農業、林業など)、二次産業(製造業、建設業など)、
三次産業(小売業、サービス業など)のGDPを足したものなので、
その中から農業だけを切り取ってみると5位である、ということなんです。

さらに、日本で農業が産業として発展してきた理由は…

◆日本は南北に長いので、北海道から沖縄まで年中いろんなものが獲れる。
◆人口も世界に10番目くらいに大きい、1億人を超えている国。
◆国民1人あたりの所得が大きい。食べ物に対しても購買力がある。

他の産業と同じように、豊かな生活と共に発展してきた日本の農業。
単純に数字を見るだけでは判断しがたい、ということなんですね。


農業の専門雑誌 月刊「農業経営者」についてはこちら。

浅川さんの著書「日本は世界5位の農業大国」はこちらから。

2010年09月27日

日本は世界5位の農業大国 【1】食料自給率

asakawa.JPG

今日から3日間、【エシコン】はシリーズでお送りします。

農業の専門雑誌、月刊「農業経営者」の副編集長で、
著書「日本は世界5位の農業大国」を執筆している浅川芳裕さんに
日本の農業の現状について詳しく聞いていきます。

1日目の今日のテーマは「食料自給率」。

食料自給率というと、私たちが食べているものの中で国産はいくらか…
と考えると思いますが、実はそういう計算の方法ではありません。
「カロリーに換算して、そのうち国産で供給されているカロリーが何%か」
という計算で発表されているのが、私たちがよく耳にする食料自給率なんです。


(分子) 1人1人あたりの国産の供給カロリー
――――――――――――――――――――――――――  ⇒  およそ40%
(分母) 1日1人あたりの供給カロリー


この分母の中には、天ぷらを揚げるときの油など廃棄されたりして
実際には食べていないものの量も含まれていたり、さらに海外から輸入された
えさで育てられた牛や豚などの肉は計算に入らない、ということになります。

反面で、日本で売られていう野菜の8割は国産で、私たちが買い物をする
金額ベースで見ると、国産の割合は7割にもなります。


つまり、この「食料自給率」を見るだけでは、日本の農業や食の問題について
考えるのは難しい… ということを、浅川さんは提言しています。


農業の専門雑誌 月刊「農業経営者」についてはこちら。

浅川さんの著書「日本は世界5位の農業大国」はこちらから。

2010年09月24日

「シャツカチ」!

今日の【エシコン】は、「シャツカチ」 をピックアップ!
「シャツカチ」とは、着古したシャツをリメイクして作る、ハンカチのこと!

shatsu1.JPG


オーナーが自宅のたんすを見たときに、着られるシャツがなかなかなく、
襟やそでが汚れていたり、ほつれがあったりりして、でも捨てられない。
それをどうにか活かせないかなということで
「うちはハンカチ屋だしハンカチにしてみるか」というのがきっかけなのだとか。
シャツの素材は、ハンカチにする事ができるので、綿がオススメ、とのこと!


shatsu2.JPG

「うちにあるシャツも、シャツカチにしてほしい!」という方、
メンズのハンカチ専門店「H TOKYO」で、来月10月8日(金)まで
期間限定で受け付けています。

東京・世田谷の三宿にある「H TOKYO」のお店に直接持ち込んで頂くか、
郵送でも受け付け可能です。
料金は1枚につき700円、出来上がりは11月中旬頃の予定だそうです。

シャツカチの情報はコチラから!

2010年09月23日

ランドマークプラザの野菜市

祝日の今日の【エシコン】は、まさに今日、FMヨコハマも入っている
横浜ランドマークタワーの1階、ランドマークプラザで開催している
「ランドマークプラザの野菜市」をピックアップ!

yasai.JPG

この野菜市は定期的に行われており、9月は先週末18~20日の3連休と
ちょうど今日23日に開催されています。

神奈川県内の地産地消を推奨している農家の方が日替わりで
ご自身が作った野菜をランドマークプラザに持ってきて販売しています。
季節ごとに獲れたてのものを、作った人から直接買えるのが市場の魅力!
ランドマークプラザだと、みなとみらいでのショッピングの合間に
フラッと立ち寄れるのもうれしいですね♪


「野菜市」は、夕方5時まで開催中!ただし売り切れ次第終了です。

次回は11月中旬の予定。詳しくはランドマークプラザのホームページで!

2010年09月22日

藤沢実果さん「世界一周チェンジメーカーの旅」!

今日の【エシコン】では、
番組「E-ne!」で何度か登場していただいた、藤沢実果さん。
先月から「世界一周チェンジメーカーの旅」をスタートさせました。
そんな彼女を一年間、「E-ne!」では、追いかけていきたいと思っています。

E-ne!にはおよそ一か月振りのご出演!
藤沢さんは、NPO法人でのお仕事やインターネット広告の営業、などなど
数々のお仕事をこなされていたのですが、
現在「世界の人々の夢を叶える旅」の真っ最中です!

今日は、最初の滞在国、アメリカにいる藤沢さんにお電話をつないで、
彼女がこの一か月で出会った「E-ne!」なニュースを伝えて頂きました!

「E-ne!」なニュース…それは
フェアトレードチョコレートについてです。
フェアトレードの思想にそって製造されたチョコレート。
フェアトレードで手に入れた世界各国の有機カカオや黒砂糖を、
スイスの工場で伝統的な製法によりチョコレートに製造。
添加物は入っていないことが多いんです。
チョコレートひとつで、人と繋がったり、素晴らしいです。

Theo(テオ)Chocolateのサイトを是非見てみて下さいね!
http://www.theochocolate.com/

果たして次は、どんな出会いや発見があるのでしょうか?
大変楽しみです!!!

日々の行動は、藤沢実果さんのTwitterとBlogで!

Twitterはコチラ!

Blogはコチラ!

2010年09月21日

クオバディスのエコな手帳「EQUOLOGY」

今日の【エシコン】で取り上げたのは
フランスの老舗手帳メーカー「クオバディス」のエコな手帳
「EQUOLOGY(エクオロジー)」に注目しました!

EQUOLOGY.JPG

この手帳、とにかくまるごとエコなんです!


★再生紙
ドイツの「ブルーエンジェル」という認証を受けた100%再生紙を使用。
書き心地も普通の用紙と同じクオリティが保証されていますよ。

★インク
燃やしたときに有害物質が出ない100%植物性のインクを使用。
石油系の成分が入っていないので、インクもエコ!

★カバー
土に埋めると微生物が分解する生分解性になっています。
手触りもサラサラとしていて、質感もあって秋らしさも感じます♪


オンラインでも購入できますよ。

エコな手帳「EQUOLOGY(エクオロジー)」の特設サイトはこちら!

「クオバディス」のサイトから、2011年版の最新コレクションをチェック☆

2010年09月17日

フジヤマスカベンジ大作戦2010!

今日の【エシコン】は、イーネ!スタッフも実際に参加してきた
富士山でのゴミ拾いのイベント「フジヤマスカベンジ大作戦2010」の
様子をお届けしました。

sukabenji1.JPG

sukabenji2.JPG

sukabenji3.JPG

ゴミの大半は、不法投棄された産業廃棄物。
棄てられたゴミが長い時間を経て土の奥のほうに埋まり、
参加者の皆さんはそれを掘り起こすようにしてゴミを回収していましtあ。

ゴミ拾いをした人の感想を聞いてみると…
「一気に全てを変えることは難しいけれど、一人ひとりの意識で変えていけば
やがて大きな波になるのではないか」「楽しみながらできるのが素敵だった」
など、イベントに参加するという感覚で、それが結果的にエコロジーにつながる。
そんな新しいスタイルを生み出しているのが
イベントを主催している「NPO法人 GoodDay」です。


「NPO法人 GoodDay」で行われているイベントはこちらでチェック☆

2010年09月16日

週末!紅葉に浸る温泉の山

山と渓谷.jpg

今週に入って、すこ~し涼しくなってきました。
今週末は3連休、秋は連休も多くなってくる行楽シーズン。
温泉につかりながら紅葉を眺める…という楽しみ方も秋ならではの醍醐味ですよね!
今日の【エシコン】では、山の温泉といっしょに紅葉を楽しめる登山スポットについて、
雑誌「山と渓谷」の神谷編集長にお話を聞きました。

錦秋の黒部で至福の湯をめぐる「北アルプス・下ノ廊下」、
紅の綵色に染まる山の懐、一軒宿の名湯にくつろぐ「南東北 新高湯温泉」、
そして山肌からおふれ湧く、雲を見下ろす白馬の秘湯「北アルプス 白馬鑓温泉」などなど
日本全国のいい山、いい湯を紹介します。

これからの季節、日が暮れるのも早いので
早めの時間に下山出来る様設定して欲しい、とのことです。

最新号の「山と渓谷」は現在発売中です!

2010年09月15日

この秋は「東京キャンプ」がアツい!!!

今日の【エシコン】のキーワードは、「東京キャンプ」!
この週末、9月12日日曜日に、東京、小金井市にある小金井公園で
「ピクニックフェス」を開催するというので、スタッフが取材に行ってきました!

「東京キャンプ」に「ピクニックフェス」…何んとも楽しそうなイベントですが、
詳しくは、「東京キャンプ」代表の 岩崎雅美さんにお話を伺いました。

東京キャンプ.JPG

■まず、「東京キャンプ」とは…
丸の内朝大学の環境ソーシャルプロデューサークラスで立ち上げたもの。
東京の河原や公園の緑を活用して、
自然の中でコミュニケーションできる場を作りたくて立ち上げた。
もともと自分がキャンプが好き、週末に時間をかけてキャンプに行く、
平日は仕事という繰り返しの中、日常の生活の中でももっとキャンプに触れ合えたらとの事。
もっと東京の街が楽しくなるのでは。。。
本業は、企業のCSRレポートの企画制作している仕事。
もともと、社会に対して何かできないかと思っていたというのもあって出来た企画。

■次に気になる言葉「ピクニックフェス」ですが、
こちらは、どうも「ピクニックプロデューサークラス」のイベントだったよう。
「ピクニックプロデューサー」とは…
今年の夏からスタートしたクラス。窓口の広いピクニック。
いろんな切り口があるので、アウトドアの分野の方を招きつつ、
自分たちで色んなスタイルを見つけて発信してもらうクラス。30代の女性が多い。
「ピクニックフェス」は、一番最後のフィールドワーク4つのチームを作って、
食事、場、遊び、さらに人をつなげるフリーマーケットに参加するチームも。
更にハイタッチ隊にも来てもらっていろんな仕掛けをしています。

ピクニックといってもいろんなスタイルがあるということで、
アウトドアの専門の方にいろいろ学びながら、いろんなスタイルを作っていく。
その最終フィールドワークが「ピクニックフェス」だったんですね。

この日は、総勢60人近くが集まったようでした。
参加料500円を払うと、食チームが用意した「ホットドック・イン・牛乳パック」や、
キーマカレー、野菜スティックに、さらには、生ビールまで楽しめて、
「のんびり」チームが作った天蓋レースのついた憩いの場で
公園の木々の木漏れ日を満喫したら、
遊びチームが開催するフライングディスクのドッチボールのようなゲームで楽しめちゃうという、
かなり、大人も子どもも楽しめるイベントだったようです。

スタッフが撮ってきた写真を見ると…大人も子どもも木のぼりを楽しんでいたり、
みんな一緒になってフライングディスクをなげていたりと、
積極的に楽しんでいる姿が見られます。

東京キャンプ2.JPG

東京キャンプ3.JPG

■では、最後に
岩崎さんがこの「東京キャンプ」で伝えたい事とは…
エコとか叫ばれている時間ですが、もっと体験を通して知って欲しい。
そのいい体験の場になれればと思っている。
普段の生活で気付けることが大切。それが身近な公園で体験できれば。
あとコミュニケーションが不足していると思うので、
それが外に出る事で、気づけることがおおいのでは?
外に出て周りの人たちをみるだけでもいろんな事に気付けて
リフレッシュできると思うので、そんな場にもなっていければと思います。

最近の夏フェスの盛り上がりなどで、せっかくキャンプ道具は買ってみたものの
一年に一回使うのではやっぱりもったいないですよね。
それをもっと自分たちの身近にある公園や河原で使って、
友達や家族で楽しむ場として活用出来たら、
もっともっと人と人とを繋いでくれるものになるのではないでしょうか?

確かに公園は管理されていますので、
その公園でテントを張っていいのか?タープなら大丈夫?とか、バーベキューをしていいのか?など、
調べてる必要はありますが、そのルールの上で、上手に楽しんで
もっと自分の気になる人との距離が縮まったら、素敵ですよね。

ぜひ、岩崎さんが代表を務める「東京キャンプ」のサイトを一度のぞいてみて下さい。
そこには、いろんなヒントが隠されています。
また、これからも面白いイベントがあるようなので、
一度、「東京キャンプ」に参加してみると素敵な出会いが待っているかもしれませんね。

「東京キャンプ」について詳しくはホームページでチェックしてみてください。

「東京キャンプ」についてはこちらから♪

2010年09月14日

この秋チェックしたい「キャンプ道具の一流品 BEST100」

今日の【エシコン】は、イーネ!ではおなじみのアウトドア雑誌
「BE-PAL」の最新号で特集されている
「キャンプ道具の一流品 BEST100」にクローズアップ!

bepal_201010.jpg

編集長の酒井直人さんにお話を聞きましたが、酒井さんいわく
実は、秋はキャンプが一番気持ち良い季節だそうですよ♪

「BE-PAL」10月号、こんなところに注目して、ぜひ読んでみては?


★キャンプ道具の一流品 BEST100

テント、タープ、チェア、ランタンなど…キャンプに必要なアイテム
編集部が厳選した新旧100のグッズが大集合!
秋のキャンプに向けてアウトドアグッズを揃えようとしている人は必見!


★ベテランキャンパーの「新旧道具ミックススタイル」

ベテランキャンパーは古くて良い道具を持っている。
そんな道具を大事にしながら、新しいものも上手く取り入れて
カッコいいキャンプスタイルの人に、実際に道具を見せて頂きながら紹介。


★今はもう売られていない商品をメーカーに復活させてくれ!

テーブル、ザック、ガスカートリッジで炊くごはん窯(炊飯器)など…
「こんなものも昔はあったんだなぁ」「今あったらもっと売れるのになぁ」
「たしかにデザインはいいねぇ」など、モノ好きにはたまらない特集。


★特別企画「自然の楽園 遊びつくしガイド」

来年、世界自然遺産になるのでは…といわれている小笠原諸島。
空いている今の時期に行っちゃったほうがいいんじゃないの?という企画。
青い海は透けるようなブルー、コウモリやいろんな鳥、大自然を写真で紹介。


アウトドア雑誌「BE-PAL」についてはこちらから♪

2010年09月13日

「女性のためのはじめてソロキャンプ」レポート!

今日の【エシコン】は、この週末11日(土)12日(日)の1泊2日の日程で
東京・奥多摩町の「東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村」で
開催された「女性のためのはじめてソロキャンプ」のレポートをお届けしました。

イーネ!スタッフのナンバが実際にソロキャンプに参加してきましたよ♪

kawara.JPG

都心から3時間。奥多摩湖がすぐ近くに見える「ここも東京なのか…?!」
というほどの豊かな環境が広がる場所でした。

hiokoshi.JPG

参加したのは女性16人。キャンプテントの設営や撤収の仕方、
火のおこし方、ひとりキャンプにもおすすめのお手軽メニューなどを
教えてもらいながら、キャンプの準備を進めました。
夕食のメニューはこんなかんじ↓

menu.JPG

bangohan.JPG

夜には「ナイトウォーク」、朝は「おはようウォーク」として、自然の中を案内してくれる
インタープリターの先生と一緒に、森の中にいる草木や生き物の痕跡などを探す
散策に出かけました。日常から離れた経験に皆さん、リフレッシュしていましたよ♪


「キャンプやってみたいな~」と思った女性の皆さん!
さっそくまた新しいキャンプの募集が始まっていますよ♪
10月23日(土)24日(日)「大人の女性のぜいたく森キャンプ」が開催されます。
現在、申込受付中で、申込〆切は10月9日(土)です。

「東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村」のホームページから!

2010年09月10日

「貧困を超えよう!希望映画祭」渋谷UPLINK

今日の【エシコン】でピックアップしたのは、「貧困を超えよう!希望映画祭」!

big_essue.jpg


こちらは明日、9月11日(土)~16日(木)
渋谷のカフェ・シアター「UPLINK」で開催される映画祭です。

この映画祭は、ホームレスの自立を応援している雑誌
「THE BIG ISSUE JAPAN」が主催されています。

THE BIG ISSUEは、ホームレス状態にある人が、雑誌「ビッグイシュー日本版」の
販売という仕事を通じて、ホームレス状態から自立していくことを応援する事業。
9月11日に雑誌創刊7周年を迎えるにあたって、
貧困の中にある希望の大切さを考えるようなイベントを開くことになったそうです。

会場アクセス、上映スケジュールは「The Big Issue 7周年記念ブログ」で!


※12日(日)は上映はお休みです。

お問合せ: 渋谷「UPLINK」 03-6825-5502

Twitterのアカウントは @Big_Issue_7th です。


上映スケジュールはこちら↓

be_schedule.jpg

2010年09月09日

若者が地域を盛り上げる!チャレンジ・コミュニティ2010 ~地域若者チャレンジ大賞~

今日の【エシコン】でピックアップしたのは
今週末12日(日)に東京・丸の内の丸ビルホールで開催される
地域を盛り上げる学生のチャレンジを発表するプレゼンテーション
「チャレンジ・コミュニティ2010 ~地域若者チャレンジ大賞~」!

challenge.gif

関東ブロック代表として、横浜でこの秋開催されるAPECに向けて
料理にどんな食材が入っているかを分かりやすく表した絵文字
「食材ピクトグラム」のプロジェクトに取り組んだ、鷲尾直美さんが
プレゼンテーションに臨みます!


「チャレンジ・コミュニティ2010 ~地域若者チャレンジ大賞~」はこちらで!

2010年09月08日

「第一回国際科学映像祭」

最終 posterMIHONs-.jpg

今日の【エシコン】でピックアップしたのは…
今度の土曜日、9月11日から10月11日までの一か月間、
関東一円のプラネタリウムや科学館などで開催される
「第一回国際科学映像祭」です。

第一回国際科学映像祭 実行委員会 委員長、
国立天文台准教授の縣秀彦(あがたひでひこ)さんにお話を伺いました。

日本は映像文化として世界から注目されてる国
また、科学技術でも注目されてる国。
科学映像を観て楽しむ映像祭との事。
子供たちや一般の人たちにも楽しみやすい映像がいっぱい。

お勧めプログラムは、映像観ながらトークイベントを楽しむサイエンスカフェ
クワガタの視点から森を見たクワガタウォークなどなど。

子どもの頃にワクワクしながら見ていた科学の映像。
それが、この一ヶ月間、様々な場所で触れることが出来ます。
プログラムを見ているだけでも、ドキドキしてきてしまいますが、
各会場を巡るスタンプラリーもあるので、
週末は、あちらこちらの会場に足を運ぶのも楽しいのではないでしょうか?

「第一回国際科学映像祭」はコチラからチェック☆

2010年09月07日

横浜市水道局 水源林見学ツアー「エコ活 de 婚活」

doushi.jpg

今日の【エシコン】でピックアップしたのは…
横浜市水道局が企画した、横浜の水源・山梨県道志村を訪れる
「エコ活 de 婚活」ツアーです。

これまでにも定期的に水源かん養林の見学会は開催されていましたが
30代の男女をターゲットとして「婚活」をテーマに企画されたのは
今回が初めてだそうですよ。

道志村の豊かな水源林を散策しながら、
うどん作りやピザ焼き、植樹なども体験できる日帰りのツアー!

参加対象は、横浜市内在住・在勤の30歳代の独身男女、各20名。
開催日時は、10月2日(土)朝7:45にJR関内駅くすのき広場に集合、
バスで道志村に向かうツアー。参加費は3800円。
うち2000円は水のふるさと道志の森基金へ募金されます。


申込は明日8日(水)まで!横浜市水道局のホームページからチェック☆

2010年09月06日

「かながわ多摩川博2010 エコ★カップいかだ下り大会!」

今日のエシコンでは、昨日、9月5日・日曜日に、
多摩川・二ケ領せせらぎ館にて開催された、
「かながわ多摩川博2010 エコ★カップいかだ下り大会」の
模様をお送りしました!

CIMG6058.JPG

35組の参加チームが揃い、開会式開始!

CIMG6068.JPG

これが、Team E-ne!の、「イーネ号」!
リスナーの皆さんから頂いた使用済みペットボトルを使って、
開会式ギリギリまで粘って制作しました!

CIMG6083.JPG

「イーネ号」!いよいよ出航!無事、多摩川を下る事ができるのか!?

CIMG6093.JPG

大方の予想を裏切り(?)、順調に川を下る「イーネ号」!
ホズミン、コージロー(E-ne!スタッフ)の顔にも余裕の笑顔が!

CIMG6096.JPG

約20分かけて、ゴールまで到達!

CIMG6102.JPG

リスナーの皆さんのご協力のおかげで、
素晴らしい結果を残すことができました!

2010年09月03日

greenz.jp 「GREEN WORKSHOP fes 2010」OSOTO de ASOBO!

今週の【エシコン】は特集!先週28日(土)、千葉県いすみ市の
中滝アートヴィレッジ・greenz.jp森の家で開催された
「GREEN WORKSHOP fes 2010」の様子をお届けしています。

3日目の今日は、オトナのための週末そとあそび
「OSOTO de ASOBO!」をピックアップ!

午前中は森の中を裸足で歩くフィールドツアー、午後は天然氷&フルーツを
煮込んでかき氷作り。裸足で歩き回って、肌で大地を感じる…
風、鳥や虫の声を目を閉じて耳を澄ませて音にフォーカスするという体験。

0903_osoto1.JPG

参加者の人の中には、自分の木を見つけて触れるというフィールドワークで
「普段、街の中にある木の見方が変わるかも」という感想を持った人もいました。
直に触れて感じられること、私たちの身近にある自然に対してもできそうです。

シロップから作ったかき氷、スタッフも頂きましたが、甘ずっぱくておいしかった♪

0903_osoto2.JPG

 
「GREEN WORKSHOP fes 2010」の概要については、こちらから!

greenz.jp記事: 五感をフル活用!“OSOTO de ASOBO!”


9月9日(木)六本木・アークヒルズカフェで開催!green drinks Tokyo

ウェブマガジン「greenz.jp」から発信されるニュースもチェック!

2010年09月02日

greenz.jp 「GREEN WORKSHOP fes 2010」ブレスト in FOREST

今週の【エシコン】は特集!先週28日(土)、千葉県いすみ市の
中滝アートヴィレッジ・greenz.jp森の家で開催された
「GREEN WORKSHOP fes 2010」の様子をお届けしています。

3日目の今日は、森の中でアイデアを展開させる話し合いをする
「ブレスト in FOREST」をピックアップ!

0902_brest1.JPG

ブレストとは「ブレイン・ストーミング」 つまり、何人かで集まってアイデアを出し合い
議論をする会議の方法のことですが、これを森の中に出てやっちゃおう!というのが
今回の「ブレスト IN FOREST」なんです。ネーミングもユニーク♪

0902_brest2.JPG

ブレストの先生となるゲストは、企画を考えたりするのに普段からブレストを
仕事に取り入れている4人のアイデアパーソン。つまり、まさにブレストのプロ!
参加者2人に対して先生が1人つくという、贅沢で貴重な時間になったようですよ。

森の中でインスピレーションを受けながらアイデアを膨らませた参加者の皆さん。
スッキリした表情でワークショップを終えていました。


「GREEN WORKSHOP fes 2010」の概要については、こちらから!

greenz.jp記事: この夏は森でアイデア合宿だ!「ブレスト in the FOREST !!!」


9月9日(木)六本木・アークヒルズカフェで開催!green drinks Tokyo

ウェブマガジン「greenz.jp」から発信されるニュースもチェック!

2010年09月01日

【防災の日】 「帰宅困難者」になったときに。。。

エシコンs-.jpg

今日の【エシコン】、テーマ「帰宅困難者」。

今日は防災の日。
各地で防災訓練が行われていますが、
災害時、自宅にいるとは限りません。

日中に災害にあった時に、その日のうちに自宅にたどり着けない人を
「帰宅困難者」と言います。

自宅から20キロ離れた所にいる人、ほとんどが帰宅困難者となるそうなのですが、
もしも、関東で直下型の大地震が発生した場合、
予想される「帰宅困難者」の数は650万人と言われています。
今、この放送を来ているあなたは、自宅からどのくらい離れた場所にいますか?

そこで、災害時に学校や勤務先などから、
どのように自宅まで帰宅するのか、
どんな事に気をつけたらよいのか、
防災の日をきっかけに、今一度考えてみませんか?

今日は、霞ヶ関から横浜までと、渋谷から相模原までを、
実際に徒歩帰宅を体験された
防災士として活躍されている市民防災ラボの代表 玉木貴さんに
お話を伺いました!


4年前に実際に歩いてみての徒歩帰宅時の感想や
歩く時の服装での違いを体験できるように、
スーツとスポーツウエアにランニングシューズと2パターンで体験された上での違い
帰宅困難者となった時にまずしなくてはならない事や、
持っていると便利な物、帰宅困難者となった時の心構えなど、
そして災害時のゴミ問題についてなどなど…
様々な目から鱗話をお伺い出来ました。

我が家に合った我が家使用の防災が大事との事ですよ。



玉木さんの著書、「被災生活ハンドブック」も、
一度、ご覧になってみてくださいね。

ハンドブック.JPG



「市民防災ラボ」のホームページは、こちらから!

霞ヶ関-横浜間 帰宅困難者体験レポート
http://bosailabo.jp/report/event/walk01.htm
渋谷-相模原間 帰宅困難者体験レポート
http://bosailabo.jp/report/event/walk03.htm

2010年08月31日

greenz.jp 「GREEN WORKSHOP fes 2010」SAMPLING THE FOREST

今週の【エシコン】は特集!先週28日(土)、千葉県いすみ市の
中滝アートヴィレッジ・greenz.jp森の家で開催された
「GREEN WORKSHOP fes 2010」の様子をお届けしています。

2日目の今日は、MITSUMIも実際に参加したワークショップ
「SAMPLING THE FOREST」をピックアップ!

sampling_scene.JPG

このワークショップは…
自然の中で聴こえる音や、目の前に広がる風景を映像として切り出して
サンプリングするというもの。参加者はおよそ20人。
ウェブ関連の仕事をしている人が多かったようで、皆さん興味津々。

映像を録りに行く前にアナウンスされたのが、森の緑や木の茶色ばかりだと
当たり前なので、そんな中でどうやってオリジナリティを出すかがポイントですよ~
ということ。うーん、なかなか難題です!

sampling_mitsumi.JPG

集めた映像や森の音で、午後からはプロのDJ・VJによるサンプリング講座。
「自分が録った何気ない映像がサンプリングされてカッコいい映像になった!」
と参加者の人たちも盛り上がっていました。


「GREEN WORKSHOP fes 2010」の概要については、こちらから!

greenz.jp記事: “森”を採集して音楽/映像をつくろう!

ウェブマガジン「greenz.jp」から発信されるニュースもチェック!

2010年08月30日

greenz.jp 「GREEN WORKSHOP fes 2010」いちにちでチェンジメーカーになる。

今週の【エシコン】は特集!先週28日(土)、千葉県いすみ市の
中滝アートヴィレッジ・greenz.jp森の家で開催された
「GREEN WORKSHOP fes 2010」の様子をお届けします。

0830_mitsumi.JPG

MITSUMIとチームイーネ!も参加してきましたよ!
今週1週間通して、余すところなくレポートをお届けしていきます。
都心から約100キロ。東京駅から天ぷら油バスで2時間かけて「森の家」へ。
日常から離れ、全身を自然を感じられる環境の中、参加してきました。

初日の今日は、greenz.jp編集長の鈴木菜央さんがリーダーとなって
開催された「いちにちでチェンジメーカーになる。」です。

0830_changemaker.JPG

「チェンジメーカー」、つまり社会に変化をおこす人。
社会起業家を目指す人から、暮らしの身近なところまで
「何かを変えたい」という思いを持った人たちが集まったワークショップ。

午前中は、およそ20人の参加者それぞれが変えたいと思っていることを
「解決したい問題」、「自分の強み」、そこに「一発ギャグ」という
分かりやすいキーワードを加えてアイデアを発表する個人ワークを。

個々のアイデアを発表した後、午後は興味別で4つのグループに分かれて
アイデアを練り上げ、1つのビジネスモデルを作るというグループワークへ。
ワークショップで初めて出会った人同士で作り上げられるアイデア…

1日という短い時間の中で、企画からビジネスモデルにするまでの
一連の流れを体験してもらえれば、と鈴木さんは話していました。


「GREEN WORKSHOP fes 2010」の概要については、こちらから!

ウェブマガジン「greenz.jp」から発信されるニュースもチェック!

2010年08月27日

多摩川のオススメ探索スポットvol.4

今週のエシコンでは、一週間を通して多摩川をフィーチャーしています!
今日からの4日間は、多摩川流域で「ガサガサ水辺の移動水族館」という
イベントを行っている山崎充哲さんに、多摩川のオススメ探索スポットを
毎日ひとつずつご紹介して頂きます。

最終日の今日は、山崎さんいわく、お魚天国だという
上流のダム「二ヶ領上河原堰」!

○そのダムの下が魚がたくさん!お魚天国になっている!
○アユ漁をする方もいて、釣りでも投網でもとれる。
○山崎さんも行って、塩焼きで食べているんだとか、

二ヶ領上河原堰を始点に川崎市幸区までを流れる二ヶ領用水の
取水口として作られて、昔は農業用水として水田をうるおしていました。
      
二ヶ領上河原堰の下流部には、国土交通省の「多自然型川づくり」の一環として
「ワンド」と呼ばれる静流域が整備され、常に流れのある河川において、
流れが穏やかなワンドでは、川で産卵する場所を保護したり、
水辺に生える植物や水生昆虫等が育つ環境づくりが行われています。

そんな山崎さんが取り組んでいるのが「おさかなポスト」。
おさかなポストは飼い続けることができなくなった魚などを一時的に保護し、
小中学校などの“里親”に引き渡すという活動です。

在来種以外の生物を川に放すことで川などの生態系が乱れるのを防ぎながら、
魚などとの触れ合いで子どもたちに命の尊さを学んでもらおうと始めたそうです。

「おさかなポスト」は川崎市多摩区の多摩川沿い、川崎市立稲田公園にあるので
ぜひ足を運んでみてください。


ガサガサ水辺の移動水族館のHPはこちら!

2010年08月26日

多摩川のオススメ探索スポットvol.3

今週のエシコンでは、一週間を通して多摩川をフィーチャーしています!
今日からの4日間は、多摩川流域で「ガサガサ水辺の移動水族館」という
イベントを行っている山崎充哲さんに、多摩川のオススメ探索スポットを
毎日ひとつずつご紹介して頂きます。

三日目の今日は、カワセミも訪れる場所、
「東名高速道路の下あたりの湧水」!

○中流域、東名高速の下に透明な湧水が滾々と湧き出る場所がある。
○夏でも手を入れると水温22度くらい。非常に透き通ってきれいな水。
○その湧水の場所にはカワセミが来たりする。
○フィッシュウォッチングもできるので、そっと覗きに行ってみて。

夏でも水温22度くらいというのは、この猛暑の中、オアシスですね。

この湧き水は近くに振った雨が数十年かけて地中でろ過され、
地表に沸きあがったものだそうで、
その水を求めてオイカワなどのたくさんの魚が集まって、
繁殖の場所にもなっているようです。

※オイカワは以前瀬上沢に行ったとき、捕まえていた魚です。

明日はどんな場所を紹介してくれるのか?
お楽しみに!

ガサガサ水辺の移動水族館のHPはこちら!

2010年08月25日

多摩川のオススメ探索スポットvol.2

0824-0827ethicon.JPG


今週のエシコンでは、一週間を通して多摩川をフィーチャーしています!
今日からの4日間は、多摩川流域で「ガサガサ水辺の移動水族館」という
イベントを行っている山崎充哲さんに、多摩川のオススメ探索スポットを
毎日ひとつずつご紹介して頂きます。

二日目の今日は、多摩川の中流域、
「二子橋周辺」!

○中流ぐらいになってくるとよくバーベキューをしている場所がありますね。
○川崎側だと二子新地、東京側だと二子玉川あたり
○その辺りにはアユがたくさん泳いでる。
○秋になると、去年はサケが20匹くらい見つかった。
○バーベキューをしながら河原を散策してみては。

アユを釣っている方はよく見かけますが、
サケが遡上してきたというのは、ちょっと驚きですね。
サケというと、北海道や東北の大自然の川へ上ってくるイメージがあるので、
多摩川にサケというのは驚きです。

これから秋になってくると、
上流にいたアユが産卵のために下流に下ってきます。
その産卵の場所が、多摩川だと二子橋周辺なんです。
以前お話をうかがったこともある
多摩川クラブの中本ケンさんという方がいるんですが、
ケンさんによると二子橋の少し上流辺りの排水溝に潜ると、
たくさんのアユが産卵していて、
通勤電車でたくさんの人が通っているすぐ下で、
力強く産卵しているアユの姿を見ると、感動で涙がとまらないなんて
おっしゃっていました。

山崎さんがコメントの中でもふれていましたが、
二子橋の下では週末になると
たくさんの人がバーベキューをしていますよね。
その際のゴミが問題になっていて、
9月からバーベキュー利用を有料化する社会実験も行われます。
バーベキューの施設や道具の使用料ではなく、
ごみ処理などを目的とした有料化は全国的にも珍しいそうで、
どうなるのか?
とりあえずは1か月間の実施だそうですが、
そんなバーベキューをしているそばで、
アユが一生懸命生きている。
そういうのをもっと知ってもらうことで、
マナーの問題も良くなっていくといいなーと思います。

明日はどんな場所を紹介してくれるのか?
お楽しみに!

ガサガサ水辺の移動水族館のHPはこちら!

2010年08月24日

多摩川のオススメ探索スポットvol.1

0824-0827ethicon.JPG


今週のエシコンでは、一週間を通して多摩川をフィーチャーしています!
今日からの4日間は、多摩川流域で「ガサガサ水辺の移動水族館」という
イベントを行っている山崎充哲さんに、多摩川のオススメ探索スポットを
毎日ひとつずつご紹介して頂きます。

一日目の今日は、多摩川の一番下流、
「多摩川0キロメートル」!

○羽田空港の真横くらいで、大きな干潟がある。
○この干潟に行くとカニのダンスが見られたり、
 ちょっと潮干狩りのまねをするとシジミが取れたりする。
○昔は工業地帯のドブドブのところだったんですが、今は色々な生き物がいる。
○出来れば潮の引いたときに行くといい。


河口には東扇島東公園があって、人口の海浜なんかもできていますが、
羽田空港の対岸、川崎側には干潟もあって、多くの生き物が住んでいるんです。
カニのダンスなんて言っていましたが、
カニの種類だけでも4,5種類、他にアサリやシジミ、ハゼやシャコなんかがいます。
     
干潟というのは上流から栄養分をたくさん含んだ砂が流れてきて、
その砂がたまった場所なので、葦なんかも生えていて、生き物にとって住みやすく、
産卵の場所になったりもしているんです。
山崎さんは潮の引いたときに遊びに行くといいなんて言ってましたね。

昔は死の川なんて言われていた多摩川ですが、
今は生き返って、こんなに生き物が住んでいるのか?と驚くかもしれないですよ。

明日はどんな場所を紹介してくれるのか?
お楽しみに!

ガサガサ水辺の移動水族館のHPはこちら!

2010年08月23日

今週は多摩川をフィーチャーします!

今週のエシコンでは、一週間を通して多摩川をフィーチャーします!

まず、初日の今日、ピックアップしたのは…
21日・土曜日に川崎市の生田小学校で開催された、
「ガサガサ水辺の移動水族館」です!

先週、火曜日にこのコーナーでご紹介しました、
「おさかなポスト」の宮崎充哲さんが主催する
「ガサガサ水辺の移動博物館」のイベントに、早速参加してきました。
     
多摩川にいる魚たちを、普段川遊びをする事が少ない現代の子供たちに
知ってもらおうと開催されるようになったこちらのイベント。
今回は、「生田小学校わくわくプラザのイベント」として開催されていたということもあり、
会場は、沢山の子供たちで溢れていました!

明日からの4日間は、多摩川探索のオススメスポットを、
「ガサガサ水辺の移動水族館」を主催している、
山崎充哲さんに伺っていきます!こちらもお楽しみに!

ガサガサ水辺の移動水族館のHPはこちら!

2010年08月20日

エコなガンプラ「エコプラ」

ecoplamodel.jpg


今日の【エシコン】のキーワードは「エコプラ」。

初代プラモデルの発売から30周年を迎えたガンダムのプラモデル
通称「ガンダム」がエコなのだとか。
ガンプラ製造時に出る廃プラスチックを再生利用して作ったガンプラが
「エコプラ」になるんだそうですよ!

不定期で行っているバンダイホビーセンターの一般見学の際に用意していたり
一部のガンプラのイベントなどで販売しているのだとか。
一般販売されていないというレア感が、ファンの心をくすぐりそうですね~


「エコプラ」についてはこちらから!

「エコプラ」をゲットできるかも?!バンダイホビーセンターはこちら!

2010年08月19日

シャンパンのコルクで作られたハンコ、「シャン判」!

今日の【エシコン】のキーワードは「シャン判(パン)」。

シャンパンの蓋に使われているコルクを再利用して作られた、
オリジナルのハンコのこと!

(「シャンパン」の「シャン」に、漢字で「判子」の「判」の字をくっつけて、「シャン判」!)

このハンコ、「シャン判」を制作している会社、SPEAKERの代表、
西山眞司さんにお話を伺いました!

シャン判とは、シャンパンのコルク栓を使ったハンコで、サイズは直径が25mm、
高さが50mmくらいのもの。
ハンコ部分はAPR樹脂を使っていますが、
この樹脂はゴム素材と違いムダのとても少なく済みます。
また、この樹脂の別名をクリスタというのですが、
クリスタルのような透明でラメ感のあるキレイな素材で、
シャンパンにぴったりだったので採用したのだそう。

日本では、年間およそ600万本のシャンパンが輸入されていますが、
それに使われているコルクのほとんどが、可燃ゴミに捨てられているのが現状。
それではもったいない!ということで、今回の商品のアイデアが生まれました。

可愛くて、使いやすくて、その上環境にも優しい、
そんな「シャン判」。贈り物などにぜひ、購入してみてはいかがでしょうか?

なお、来週のE-ne!では、特製「E-ne!シャン判」を抽選でプレゼント!!
詳しくは来週の放送を聴いて下さいね!

「シャン判」についてはこちらから!

2010年08月18日

大学生が取り組む「エココン」とは?

今日の【エシコン】のキーワードは「エココン」。
さて、これは何なのかというと… 全国大学生環境活動コンテストのこと!

エココン学生スタッフ前代表で、慶應義塾大学4年の清水飛翔さんに
お話を聞きました。毎年12月末に2日間にわたり開催されているイベントで
大学のサークルや研究室単位で取り組んでいる60団体が参加。

それが今年、年に一度だった「エココン」を夏に初めて開催!
9月3日(金)、横浜火力発電所のあるトゥイニー・ヨコハマで開催される
「エココンプラス」です。

エココンプラスでは、発表者と一般参加者が一緒になってワークショップを実施。
学生環境団体が3~5団体集まり、普段の活動を発表し、一般参加者を含めて
グループに分かれ、皆で団体のよいところ、改善した方がよいところを話し合います。

発表を聞いてぐっときたところに「GUTTO」、もっとがんばってほしいところに
「MOTTO」を送られ、GUTTOは換金性を持たせ、活動助成金になるのだとか。

一般参加は大学生のみならず、誰でも参加OKですよ!もちろん参加は無料。
参加申込は、エココン事務局のホームページから。〆切は来週25日(水)までです。

全国大学生環境活動コンテスト「エココン」についてはこちらから!

2010年08月17日

「ガサガサ水辺の移動水族館」

yamasakimitsumi.JPG


今日の【エシコン】では、「ガサガサ水辺の移動水族館」にクローズアップ!
「おさかなポストの会」の山崎充哲さんをスタジオにお迎えしました。

「ガサガサ水辺の移動水族館」は、
最近あまり川に行くことも少なくなった子供たちに、
川というのはどういう所なのか、
多摩川には、どういうお魚が生息しているのか、
そういった事を学んで頂くためのイベントです!

また、様々な理由で飼う事が出来なくなった魚を
川へ無断放流をする方を減らすために行っている、
「おさかなポスト」など、
きれいでみんなが楽しめる川を未来に残す為に、
沢山の活動をされています。

詳しくは、ガサガサ水辺の移動水族館のHPで!

2010年08月16日

週末!プチ縦走のススメ

yamakei1009.png

お盆休みシーズン!
まだまだお休み中の方、お休みが終わった方、お休みが取れなかった方…
今日の【エシコン】では、これから秋にかけてのシーズンにおすすめの
「週末プチ縦走」について、雑誌「山と渓谷」の神谷編集長にお話を聞きました。

これからの季節、特に9月というのが、シーズンとしておすすめだそうですよ!
登山客も少なめで、紅葉には少し早いけど雪もまだ降らない時期ということで
週末2連休でも十分に楽しめる縦走コースをおすすめして頂いて

とはいえ、台風がくると山の天気は荒れるので、注意も十分に必要です。
基本的なことですが、天気予報をチェックしてから判断するように、とのことです。

最新号の「山と渓谷」は現在発売中です!

2010年08月13日

「E-ideaコンペティション」Energy Literacy Platform

ELP.JPG

今週の【エシコン】は特集でお送りしています!

英国の公的な国際文化交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」が
今年初めて行った、若い社会起業家のグッドアクションを応援するコンペ
「E-ideaコンペティション」で受賞したプロジェクトの代表者をスタジオに迎えて
未来につなげる提案について、直接プレゼンして頂くこの企画!

最終日の今日は、家電製品ごとの消費電力が目に見えるようにするツールを
提案した「Energy Literacy Platform」の石橋秀一さんと井辺拓男さん。

コンセントの差込口に消費電力を計るモジュールをつけて、モジュールから
送られる消費電力量をパソコン上に集約して把握できるという仕組み。

こまめにスイッチを切ったり、コンセントを抜いたりするアクションをおこす人が
たくさんいるのに、それがどれだけ節電、節約につながっているのか…
それを目に見えるようにして、みんなが自然にエコ意識を!というわけですね。


「E-ideaコンペティション」特設ページで、受賞したアイデアをチェック☆

2010年08月12日

「E-ideaコンペティション」水Do!キャンペーン

100812ethicon.JPG


今週の【エシコン】は特集でお送りしています!

英国の公的な国際文化交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」が
今年初めて行った、若い社会起業家のグッドアクションを応援するコンペ
「E-ideaコンペティション」で受賞したプロジェクトの代表者をスタジオに迎えて
未来につなげる提案について、直接プレゼンして頂きます!

今日は、「E-ideaコンペティション」で2等を受賞。
水道水の利用を推進して、使い捨て容器を減らすライフスタイルを提案した
「水Do!プロジェクト」 です。   
☆「水」という漢字に、英単語の「Do」で「水(スイ) Do(ドゥー)!」

このプロジェクトを手がけた
国際環境NGO 「FoE Japan」の吉田明子さんを
スタジオにお迎えしました。

こちら、ペットボトルなどの使い捨て容器に入った飲料でなく、
水道水を選ぶことで、CO2、ごみ、そして社会的コストを減らそうと
呼びかけるキャンペーンです。

具体的には

(1)水道水の利用をすすめる自治体を増やす
(2)街で水を補給する「オアシス」を増やす
(3)水道水を使うライフスタイルを広める

の3つのアクションを柱に展開しています。

水Do!キャンペーンHP


「E-ideaコンペティション」特設ページで、受賞したアイデアをチェック☆

2010年08月11日

「E-ideaコンペティション」Eco Quotient

100811ethicon.JPG

今週の【エシコン】は特集でお送りしています!

英国の公的な国際文化交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」が
今年初めて行った、若い社会起業家のグッドアクションを応援するコンペ
「E-ideaコンペティション」で受賞したプロジェクトの代表者をスタジオに迎えて
未来につなげる提案について、直接プレゼンして頂きます!

今日は、クイズ形式で環境についての知識を得られるiPhoneアプリを提案、
「E-ideaコンペティション」で1等を受賞した「Eco Quotient」です。

「Eco Quotient」のクリストファー・コソフスキーさんと、
川口才文さんにお話し頂きました。

普段から使っているiPhoneを使って環境問題に関わっていけないか…
ということで取り組んだのがこのプロジェクト。
iPhoneをひとつの入り口にして、単にクイズで知識を得るだけでなく
外の世界に向けてのアクションにつながるようなコンテンツにしたい。
そんな思いで、今まさに開発中。

やはりコンテンツ(クイズの内容や中身)が大事!ということで
オフィスの部署や学校のサークル、商店会の集会、地域の集まりを対象に
クイズの内容などを検証するワークショップを実施するそうですよ。
10月から実施予定で、出張OK!日本語も英語もOK!

「ワークショップに参加したい!」という方は
info@currento.com へまずはメールでお問合せを。


「E-ideaコンペティション」特設ページで、受賞したアイデアをチェック☆

2010年08月10日

「E-ideaコンペティション」ロングサイクルプロジェクト

eidea_T2S.JPG

今週の【エシコン】は特集でお送りしています!

英国の公的な国際文化交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」が
今年初めて行った、若い社会起業家のグッドアクションを応援するコンペ
「E-ideaコンペティション」で受賞したプロジェクトの代表者をスタジオに迎えて
未来につなげる提案について、直接プレゼンして頂きます!

今日は、なかなか減らない放置自転車の問題を解消し、サイクリストに
やさしい街づくりを提案、「E-ideaコンペティション」で3等を受賞した
「ロングサイクルプロジェクト」です。

このプロジェクトを手がけた Tokyo Think Sustainability の代表、
漆原隆浩さんにお話し頂きました。

実は漆原さん、東京都庁の職員!都庁の職員の有志が集まって
活動しているのが「Tokyo Think Sustainability」です。

東京都内では、年間で87万台もの放置自転車が撤去されており、
そのうちの43%が持ち主に引き取られずに処分されている現状があります。
放置自転車対策にかけているお金は年間約150億円にも及びます。

その対策として、少し値段がはる良い自転車を大切に乗ってもらおうと
既存駐輪場マップの整備や、自転車を下取りできる仕組みづくりを提案。
今後、どのように形になって、街や自転車への意識が変化していくのか
注目していきたいと思います。


「Tokyo Think Sustainability」のサイトで彼らの活動をチェックできます。

「E-ideaコンペティション」特設ページで、受賞したアイデアをチェック☆

2010年08月09日

若いエコ社会起業家を応援する「E-ideaコンペティション」

BC.JPG

今週の【エシコン】は、1週間を通しての特集をお送りします。

今年の2~3月に募集された、エコ社会起業家のグッドアクションを応援する
「E-ideaコンペティション」を受賞した4つのプロジェクトの代表者を
スタジオにお迎えして、未来につながる提案をプレゼンして頂きます!

初日の今日は「E-ideaコンペティション」の主催者である
英国の国際文化交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」の方を迎えて
どんなコンペティションなのかを伺いました。

先見性のある若手のエコ社会企業家への助成活動として、今年初めてスタート。
日本国籍を持つ18~35歳までの方を対象に募集しました。
今年2~3月の2ヶ月間の公募期間中に40件の応募があり、「目標・目的の明確さ」
「計画のユニークさや持続可能性」などに着目して、書類・面接で選考。

1等2プロジェクト(助成金各80万円)、2等3プロジェクト(各60万円)、
3等4プロジェクト(各40万円)の計9プロジェクトを決定しました。

受賞者には助成金だけでなく、ブリティッシュ・カウンシルのグローバルネットワークの一員
「気候リーダー」に任命され、プロジェクトマネジメントなどの研修、他国との経験共有、
意見交換などの場への参加機会を提供されます!

具体的にどんなグッドアクションが未来を託されたのか…
詳しくは明日から毎日登場する4つのプロジェクトの代表者のお話をお楽しみに!


ブリティッシュ・カウンシルの「E-ideaコンペティション」についてはこちらから!

webマガジン「greenz.jp」での特集記事にも載っています。

2010年08月06日

来週10日発売「BE-PAL」の特集は「クルマ」!

今日の【エシコン】は、来週10日発売のアウトドア雑誌「BE-PAL」から
特集の「アウトドアのための遊びクルマ」について
発売前にひと足先に聞きました。

今回は「BE-PAL」では数年ぶりに、クルマを大フィーチャー!
キャンプやレジャーに出かけるという視点でクルマのタイプや車種を比較したり、
編集部員の方が電気自動車に乗って出かけたキャンプの様子のレポートなどなど。

「BE-PAL」9月号は、来週10日発売です!

2010年08月04日

8月7日(土)8日(日)寺家ふるさと村「夏のこども道場」

今日の【エシコン】は、今週末に横浜市青葉区の寺家ふるさと村で開催される
「夏のこども道場」をピックアップ!主催している「子どものワークショップ」
代表の浦部利志也さんにお話し頂きました。

『イキテル。ツナガル。人と自然』をテーマに、多彩なプログラムで
大学生のおにいさん、おねえさんと一緒に道場に「入門」!
夏休みの思い出に、子どもたちもめいっぱい森を楽しめそうです♪


「夏のこども道場」

場所: 横浜市青葉区寺家ふるさと村 ふるさとの森の中
日時: 2010年8月7日(土)8日(日) 10:30~15:30
案内所: 当日は水車小屋あたりにてガイドマップを配付

8/7(土)の道場
○ バンブー戦隊☆ヒットマン道場
○ どうぶつの森道場
○ 風のかみとんぼ道場
○ Shall we 道場
○ ウッドクラフト道場
○ トレジャーキッズ道場

8/8(日)の道場
○ 野菜で!?スタンプラリー道場
○ リーフ・フォト・フレーム道場
○ 森のボウリング道場
○ 森のカンタービレ道場
○ 忍者道場
○ 的当て屋~きみがヒーローだ!


参加方法など詳細は「子どもと風土のサポートネット」から♪

「子どものワークショップ」についてはこちらから♪

2010年08月03日

ただ今、「いきものみっけウィーク」!

ikimono_logo.gif


今日の【エシコン】のキーワードは「いきものみっけ」。

富士山の麓、富士吉田市にある、環境省自然環境局の
「生物多様性センター」でお話を伺ってきた様子をお届けしました。

「いきものみっけ」は市民参加型のワークショップで、日本全国の人が「みっけ人」となり
身近なところで見つけた生き物や鳴き声を日時、場所、写真などで報告するもの。
平成20年からスタートして、今年が3年目の集大成となります。

7月25日(日)~8月8日(日)は全国一斉「いきものみっけウィーク」!
夏休みに親子で、生き物を探してみるのもいいかも♪

「いきものみっけ」はこちらから!

2010年08月02日

横浜市南区「くらき永田保育園」の食育の取り組み

今日の【エシコン】で取り上げたのは「子どもたちと自然野菜」。

横浜市南区の「くらき永田保育園」の園長、鈴木八朗さんに
どんな取り組みをされているのか、お話を聞きました。

くらき永田保育園では「食材が見える」をテーマに、
栄区で自然農法に取り組んでいる「鈴木さんちの野菜」を使って
子どもたちの給食を提供しています。

子どもたちが自然野菜に触れることで、野菜の種類や味に親しむようになり
そこから親のほうが子どもから野菜について学んだり…
そんなこともおこっているようです。

明日3日(火)16:30~18:00、夏野菜の展示即売会が開かれます!
近所の方も参加できますよ。(来場の際には徒歩でお願いしますね)

「くらき永田保育園」についてはこちらから♪

★くらき永田保育園
横浜市南区永田東2-5-8  (地図はこちら)
京急「井戸ヶ谷駅」徒歩10分

2010年07月30日

環境とCSRと志の雑誌「オルタナ」の特集、『就職活動とCSR』

alterna1007.jpg

今日の【エシコン】のキーワードは、「就職活動とCSR」。

環境とCSRと志のビジネス雑誌「オルタナ」の副編集長、
木村麻紀さんにお話を伺いました。

今日発売された最新号の『オルタナ』の第一特集は
「もし新入社員がドラッカーとコトラーとポーターをいっぺんに読んだら」。

ドラッカーとは、最近ベストセラーにもなっている
『もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』
という本にも登場する、ビジネス界にもっとも影響力を持つ思想家のドラッカーです。

そして、コトラーとは、「近代マーケティングの父」と言われる
アメリカノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院教授。

そして、ポーターとは、アメリカハーバード大学ビジネススクールの教授で、
政府や企業の戦略アドバイザーを務めている方です。

そんな3人によるCSR理論を簡単に紹介し、お勧めの本なども掲載しています。

最近の若い皆さんは、就職活動の際に対象企業のCSR活動も参考にする
傾向が強まっているので、CSRリポートを研究するのはもちろん、
CSRについて理論武装するためにこの夏1冊ぐらい読むのをおすすめします。
就職活動の合間に「オルタナ」で情報収集…きっと役立つはず!
手に取ってみてはいかがでしょうか?

環境とCSRと志のビジネス雑誌「オルタナ」

2010年07月29日

「第16回 エコモノ市」

今日の【エシコン】は、今週の日曜日、8月1日にロハスな店舗を集めたショッピングモール、
藤沢のecomoで開かれる朝市、「第16回 エコモノ市」をピックアップ、
ecomoの販売アドバイザー 土屋瑠里子さんにお話を伺いました。

こちらのは、
湘南を中心にオーガニックフード等を販売されているお店を集めた、
とてもエコな朝市です。

様々なワークショップが並ぶ他、
イベントもたくさん開催!

◎今年もやります!スイカ割り!!◎
目隠ししてみんなでワイワイ!
割れたスイカはみんなで食べよう!
参加無料だよ♪
[第一部]12:30~
[第二部]14:00~


◎お父さん限定!かき氷早食い対決!◎
お父さん!出番です!
カッコいい姿を家族に見せてあげてください!
ecomoスタッフの記録に挑戦!
記録更新したら景品プレゼント♪
13:00~  参加料(かき氷込)300円


◎大人気!!かき氷◎
プルッフ特製かき氷。自然の美味しさそのまま!
[プラムハニー、みかん、しそ]  200円


◎冷や冷やな藤沢のまるごと野菜  100円~◎
藤沢の農家さんから仕入れたヒヤヒヤ野菜を特別販売!
暑い日にこそ、冷た~い野菜をまるかじりっ!


◎ハートに想いをのせて。◎
ペーパークラフト作家 ささお まこと×ecomoの合同企画!
ぜひ、足を運んでみてください!みなさんのLOVEをハートのカタチに変えて、
1年後の大切な人に向けてその想いを書きませんか?


「ecomo」のホームページはこちらから!

2010年07月28日

かながわ海岸美化財団「海岸ごみ展示会&ごみ拾い」

kaigangomi.jpg

今日の【エシコン】は、FMヨコハマではおなじみ、かながわ海岸美化財団の
「海岸ごみ展示会&ごみ拾い」をピックアップ。

来週8月4日(水)~8日(日)に、ウイング久里浜4Fの展示スペースで
「海岸ごみ展示会&ごみ拾い」を開催。

かながわ環境美化財団、横須賀YMCA、神奈川県立三浦ふれあいの村の
3団体が協力して開催されます。展示会では、実際に拾ったごみや写真パネルを使い、
海岸がたくさんのごみで汚された状況や台風の被害後の海岸状況など
海岸ごみ問題の現状について紹介されます。

「海岸ごみ」…ビニール袋、発泡スチロール、ペットボトルなどの生活ごみを始め、
自然界から発生する木屑、竹屑、流木。漁師さんが使っていた漁具、外国製品のごみ、
針が付いたままの注射器、たばこの吸い殻、釣り人が捨てていった釣り糸などなど。

「これらの海岸ごみの約7割は、川から流れ出ている」…知っていましたか?
流れ着く海岸だけでなく、流れ出る元になる街なかのごみから減らそう!
ということで、久里浜駅前周辺のごみ拾いを実施します。


◆久里浜駅前周辺のごみ拾い◆

日時: 8月7日(土)・8日(日)13時30分から1時間
参加者: 両日とも先着30名
申込方法: 事前申込が必要です。横須賀YMCA(046-834-5811)まで問合せを!


特に、今の時期は花火やバーベキューのごみがとても多く捨てらます。
皆さん!出したごみは、自分たちで持って帰りましょうね!!


「かながわ海岸美化財団」のホームページはこちらから!

2010年07月27日

「クーリエ・ジャポン」冨倉編集長に聞く!iTunes時代の音楽ビジネス

courrier070.jpg

今日の【エシコン】は、日本発の世界標準マガジン「クーリエ・ジャポン」の
編集長・冨倉由樹央さんに、最新号の特集から
「iTunes時代の音楽ビジネス」についてお話を伺いました。

現在の日本の音楽業界では「ガラパゴス化」という現象が出始めている、とのこと。

※「ガラパゴス化」=特殊な発展をして、そのまま海外に持っていっても通用しない。
生態系が、ガラパゴス諸島のように独自の発展を遂げてしまっている。

今、アメリカやヨーロッパで人気のある「Spotify」「Pandora」といった
インターネットラジオ局のようなサービスは、毎月定額を払って好きな曲を
いつでも聴けるのに対して、日本ではデジタルデータを買ってデータを所有することが
メインになっています。

日本では、音楽の権利関係が他の国とは違って複雑になっていることから
欧米で展開されているサービスを同じように普及させることが難しいというのが現状。

ただ、世界では音楽業界の売上が伸びている国も多く、海外アーティストの試みや
音楽業界が盛り上がっている国に事例に倣って仕掛けをしていけば、
日本の音楽業界が活況を取り戻す日も遠くないのでは、ということでした。

この他にも「鉄道でわかる世界情勢」という特集も組まれている
最新号の「クーリエ・ジャポン」。本誌もぜひチェックしてみてくださいね!

2010年07月26日

今年9月に初開催!第1回子どもeco検定

kodomoeco.JPG

今日の【エシコン】は、今年9月4日(土)に初めて開催される
「子どもeco検定」をピックアップしました。

対象が小学校3年生から中学校3年生のこの検定。
地球や環境のことを身近なものとして考えるきっかけとなって欲しいという
趣旨で今年初めてスタートします、

「子どもeco検定」は、「eco検定」を主催する東京商工会議所が後援しており、
合格者には、合格証として「子どもエコピープル認定証」が贈られる予定です。

出題ジャンルは、「身近な自然や生態系」「エネルギー、CO2」「資源ごみ」
「食べ物」の4つで、問題は50問程度、解答は三択式。
受験申込をすると事前学習テキストが送られてきて、このテキストで勉強できます。
夏休みに親子で!というのも楽しそうなテキストですよ♪ (写真)

実施日時は、9月4日(土)。
試験は団体受検と、個人受検の2つの方法があります。


「子どもeco検定」について、申込・受験方法はこちらから!
主催している「NPO法人こどもエコリテラシー協会」についてはこちらから!

2010年07月23日

お菓子の袋をリメイク!「エコミスモ」

ecomismo1.jpg ecomismo2.jpg

私たちがよく口にするお菓子の袋。これをリメイクして商品にしている
「エコミスモ」をピックアップ!
フィリピンにいる「エコミスモ」代表の横田宗さんにお話を伺いました。

単にリメイク、リサイクルをするというだけでなく、その収益金は
フィリピンのストリートチルドレンを救うための資金になっているというのです。

フィリピンでは、お母さんたちが手作りで作っているものだそうで
捨てられているお菓子の袋を集めてキレイに洗い、短冊状に切り分けて織り、
ナイロンの糸のようにして手作りで編み上げられています。
ゴミから出来ているとは思えないほど、ほんとにファッショナブル!

カワイイだけでなく、リサイクル、そして社会貢献にもつながっている
「エコミスモ」。チェックしてみてくださいね♪

「エコミスモ」についてはこちらからチェック☆

2010年07月22日

今日のキーワードは、 「GREEN SAFARI」!

pic-02[1].gifwwf_green_safari_info_4[1].jpg


今年、2010年は国連が定める「国際生物多様性年」です。
この生物多様性をテーマとした、
参加型のオンライン自然保護プログラムがこの「GREEN SAFARI」です。

どんなものなのか、このプログラムをスタートした
WWFジャパン事務局の藤稿亜矢子さんに詳しく伺ってみました。

まず「GREEN SAFARI」とは
WWFジャパンがスタートした、オンライン上でバーチャルな野生の世界を楽しみながら、
リアルに生物多様性の保全に貢献できるというプログラム。

「GREEN SAFARI」のページを開いたとたんに、
動物の鳴き声が聞こえてきて動物が動き出したりと、
まさにサファリの雰囲気が感じられます。

このブログパーツは、
WWFジャパンの会員になるとダウンロードできる仕組みになっており、
ユーザーの方々が支払った会費は、WWFジャパンが実際に行なっている
生物多様性保全のための活動資金として活かされます。
つまり、「GREEN SAFARI」に参加するユーザーが増えるほど、
バーチャルな世界に緑が広がると同時に、WWFの活動に使われる資金が生まれ、
地球の生態系保全を推進する力が強まっていく仕組みになっています。

「GREEN SAFARI」を通して、
この地球をわかちあっている野生生物への関心がさらに高まり、
生物多様性保全への理解が広まっていくことが期待されています!

GREEN SAFARI公式HP

2010年07月21日

経済評論家・平野和之さんに聞く「未来の宅配便」

今日の【エシコン】は、このコーナーでおなじみ!
経済評論家・平野和之さんに「未来の宅配便」について聞きました。

今月、『ペリカン便』が『ゆうパック』に吸収され、巨大化したことで
日本郵政グループの宅配便が遅れるというニュースも入りました。

反対にいえば、日本の宅配便の優秀な部分が見えてきたのではないでしょうか。
時間通りに荷物を届ける、確実に本人に届ける。スゴイ技術です!

そんな日本の物流も、エコロジーの観点から捉えると
ハイブリッドやクリーンエネルギーの宅配車へのシフトもありますが
割合からみるとまだまだです。

私たち消費者ができる、物流におけるエコな取り組み。
すぐにでもできることでいえば、「再配達にならないように荷物を受け取る」!
言われてみると、なるほど~!と納得できることですよね。


0721hirano.JPG

以前、発売したばかりの頃に紹介した「iPad」!平野さん、常用しているみたいです。

2010年07月20日

「ほのぼのビーチフェスティバル2010」!

honobono2010[1].jpg


今日のエシコンのコーナーでは、
今週末、7月25日(日)に茅ヶ崎ヘッドランドビーチで行われるイベント、
「ほのぼのビーチフェスティバル2010」をピックアップ!
事務局の石川真紀さんをスタジオにお招きして、お話を伺いました。

音楽あり、ダンスあり、スポーツありと、一日楽しめるイベント!

特に気になるイベントが…「ビーサン跳ばし世界選手権大会」!
1990年から始まった、ビーサン跳ばし発祥のイベントで、
この大会で優勝すると、世界チャンピオンに!
もちろん男女関係なく、お子様でも参加できます。

その他、楽しい沢山のイベントが開催される予定ですが、
楽しむだけではなく、市民団体ブースでは海岸浸食や
海の動植物について学んだり、ビーチクリーンもあります。

茅ヶ崎の海をキレイにしながらも、
海が楽しいということを実感できるイベントです。
当日は何も持って行かなくても大丈夫とのことですので、
熱中症予防などをしっかりした上で、ぜひ、みなさん参加してみてください!

「ほのぼのビーチフェスティバル2010」についての情報はコチラから!

2010年07月16日

この夏行きたい「greenz village 森の家」

今週の「エシコン」は、この夏行きたいエコツアーを特集していますが
ラストの今日は「greenz village 森の家」 です。

クリエイティブで持続可能な世界に変えるグッドアイデアを毎日伝える
Web マガジン「greenz」が運営しているこの「森の家」。

greenzのコミュニティディレクターで、「greenz village」村長の
松原広美さんにお話を伺いました。

greenz_foresthouse.jpg

千葉県いすみ市の「中滝アートヴィレッジ」の森の中にあります。
greenz.jp のビジョン【2020年までに持続可能な社会をつくる】 の実現の一環で
ネット上の啓蒙活動だけでなく、リアルにつながったコミュニティで一緒に考え、
実践していく場として実験的にスタートしたのが「森の家」です。

週末に1泊2日でおひとり6000円で泊まることができます。
この夏、まずは「森の家」での生活を体験してみるのも、いいかもしれませんね♪

そして、8月末にはgreenz.jp の読者およそ150人と
「新しい時代の暮らしを考えるワークショップフェス」(日帰り)を開催する予定!

greenz_foresthouse2.jpg

「greenz 森の家」についてはこちらから♪ 宿泊プランもチェックできます。

Web マガジン「greenz」では、世界のエコトピックスを毎日配信中!

2010年07月15日

「御蔵島ドルフィンウォッチ&スイムプログラム」

今週の【エシコン】では、この夏行きたいエコツアーを紹介していますが
今日は、イルカと一緒に海を泳げるツアー、
「御蔵島ドルフィンウォッチ&スイムプログラム」!
このプログラムを企画している
Diving School & Marine Shop BIG BLUEの代表、
松元恵さんにお話を伺いました!

dolphine1.jpg


BIG BLUEでは、毎年4月の終わりから11月にかけて、
伊豆諸島の御蔵島でのドルフィン・ウオッチ&スイミングの
プログラムを定期的に開催しています。

インストラクターの指導のもと、フリー・ダイビングを楽しみながら、
御蔵島の海に昔から定住するイルカと戯れることができるのが今回のプログラム!

BIG BLUEの御蔵島プログラムはイルカだけではなく、
島そのものを味わうプログラムを目指しているのだそう。
御蔵島に住んでいるイルカ達の事を少しでも知り、
理解した上でローインパクトにイルカ達とのコミュニケーションを
体験してもらえるようなプログラムにしたいとのこと。
御蔵島の魅力に触れながら、貴重な夏休みの体験をしてみてはいかがでしょうか?

dolphine2.jpg

申込み方法など詳しい情報はコチラ!

2010年07月14日

「フジヤマ☆スカベンジ大作戦2010」!

今週の【エシコン】では、この夏行きたいエコツアーを紹介していますが
今日は、8月28日・土曜日に行われる、「フジヤマ☆スカベンジ大作戦2010」!

sukabenji1.jpg


「フジヤマ☆スカベンジ大作戦2010」…略して「フジスカ」!
スカベンジ…英語で「ゴミ拾い・清掃活動」という意味。
富士山の清掃活動をするツアーです。これまでの参加者は、
1度に40~50人、8年で300~400人の方が参加しています。

sukabenji2.jpg


ツアー内容は、一台のバスを借りきって、
遠足みたいな感じで新宿から富士山に行きます。
富士山で現地のNPO法人、「富士山クラブ」という方たちと合流してゴミ拾いをし、
その後に温泉に行って、おいしいビールを飲むという、
「一日かけてエコを楽しむ」ツアーです。

sukabenji3.jpg


移動費、温泉料金、懇親会参加料、全部込みで6500円!

「遊んでエコ!」を謳っているNPO法人GoodDayだけに、
きっと一人で行っても帰る時には友達が沢山出来そうなツアーですね、

今年で9回目を迎える「フジヤマ☆スカベンジ大作戦2010」。
日程は、8月28日・土曜日!

参加者が用意するものは、登山に適した服装、雨具、入浴のタオルなど。
清掃用具は用意して頂けるそうです。
お1人からの参加も可能です。定員は、49人とのことですので、
ぜひ参加したい!という方は、お早めに申し込んでください!

申込み方法など詳しい情報はコチラ!

2010年07月13日

MITSUMIも参加してきた「瀬上沢ガイドツアー」

今週の【エシコン】では、この夏行きたいエコツアーを紹介しますが
今日は、MITSUMIが先日11日(日)に、横浜市の南部の横浜市最大の緑地
瀬上沢を歩いてきた「瀬上沢ガイドツアー」の様子をレポート!

先月のこのコーナーでも瀬上沢の自然を守る取り組みをしている
「NPO法人ホタルのふるさと瀬上沢基金」も協賛している、このガイドツアー。

segami4.JPG

瀬上沢に昔から住んで農業をされている角田鹿蔵さん(中央)がガイドしてくれました。


segami2.JPG

沢ガニやシジミ、ヤゴにハヤ… 木イチゴも食べました!


segami3.JPG

この日はおよそ20名ほどの方が参加しました。


次回のガイドツアーは9月に開催予定です。
そして、今度の日曜日18日には、クリーンアップも開催されます。

2010年07月12日

「山と渓谷」編集長に聞く、この夏行きたいエコツアー!

YK201008.jpg

今週の【エシコン】は、夏の山や海、自然を100%満喫する
「エコツアー」を特集していきます。

初日の今日は、山のプロフェッショナルでもある雑誌「山と渓谷」の編集長、
神谷有二さんにおすすめのエコツアーを聞きました。


☆尾瀬

先月、神谷さんご自身も尾瀬ヶ原の湿原をネイチャーガイドと一緒に歩いたとのこと。
単に花の名前を教えてくれるだけでなくて、その土地の歴史や大切さなども
教えてくれるのも、ネイチャーガイドと歩くメリットでもあります。

「尾瀬ガイドネットワーク」でエコツアーを探せます。


☆知床

世界遺産にもなっている知床。神谷さんは、ヒグマの住んでいる穴に入ったそうで
普段は足を踏み入れることができない場所に行けるのもエコツアーのいいところ。

知床に入るときの注意も「知床エコツーリズム推進協議会」でチェックできます。


☆屋久島

日本で一番エコツアーが充実しているのが屋久島。
一連の生態系が見られる数少ない場所でもあり、憧れのネイチャースポット!

「山と渓谷」社から発行されている「屋久島ガイドブック2010」を参考に!


最新号の「山と渓谷」8月号は、今週15日(木)に発売します。
今回は、一度は行ってみたい!と人気の「雲ノ平と黒部源流」を大特集。
こちらもチェックしてみてくださいね!

2010年07月09日

アウトドア女子のための雑誌「falo(ファーロ)」発刊!

falo.jpg bepal8.jpg

イーネ!でも紹介しているアウトドア雑誌「ビーパル」の増刊として
今月発刊したアウトドア女子のための雑誌「falo(ファーロ)」をピックアップ!

「falo(ファーロ)」というのは、焚き火という意味のイタリア語。
この5~6年、「夏フェス」「山ガール」「スカートでアウトドア」などなど
アウトドアフィールドに出ていく女性が増えてきていることから
今回発刊されました。

そんなアウトドア女子のためのキーワードもたくさん提案してくれています。
例えば… 男子は力仕事がんばって♪女子はのんびりくつろいで♪
なんていうスタイルのキャンプを「姫キャンプ」!を提唱していたり…

この夏、ちょっとアウトドアにチャレンジ?!という女子の皆さん!
(そんな女子とキャンプに行きたい男性も…笑)
本屋さんで「falo(ファーロ)」をチェックしてみては?!

兄妹誌の「BE-PAL」の最新号、8月号も明日10日発売です!

2010年07月08日

今週末土曜日行われる…「環境ボランティア見本市」

kv_banner.jpg

今週土曜日、7月10日に東京・青山の国連大学ビルにある
地球環境パートナーシッププラザと、国連大学前広場・中庭で開催される
「環境ボランティア見本市」をピックアップ!!!

ストリートアート 大人と子供ども.jpg

今年で6回目になるマッチングイベントで、
環境ボランティアをやってみたい市民と環境団体の出会いの場。
野生生物保護・農業・まちづくり・環境教育など10分野41の環境団体がブースを構え、
来場者に団体の活動紹介やボランティアの求人をしてくれます。

環境分野でのボランティアに“ちょっと”興味のある方、
とりあえず団体の情報を集めたい方、
団体と直接会って話したい“本気”の方も、
自分にあった活動や団体を見つけるきっかけになりますね。
初心者の方には、学生ボランティアが務めるコンシェルジュが
ご希望の団体に出会えるようにお手伝いしてくれるそうです。

団体ブース Make the Rule.jpg

41の環境団体が参加しているという事。

・「世界自然・野生生物映像祭」を毎年開催している
「NPO法人 地球映像ネットワーク」(今年は横浜で上映)
・東京を自転車の似合う街にしようと、自転車が走りやすい道をマップにしている
「NPO法人 グリーンペダル」
・子供も大人も思いっきり自然体験できる
「NPO法人 国際自然大学校」
・青森・六ヶ所村でエコビレッジを作っている
「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会
・渋谷でレンタル傘を広めている
「シブカサプロジェクト」   など

「参加型」の企画として毎年盛り上がっていて
昨年は、150人が申込みをし(昨年は申込制)、約1000人来場しました。

団体ブース NICE.jpg

環境団体のブースに加え、
遊んで学ぶ体験コーナー、
ちょっとと本気のトークライブ、
フェアトレードのお茶を飲んで寄付するカフェ、
貴重な資料がもらえるタダの古本市、
来場者とアーティストが一緒に大きな地球の絵を描くワークショップなど、
今年も様々な催しが行われます。

今週末土曜日、7月10日、13:00~17:00、
会場は東京・青山にある国連大学内にある
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)と、国連大学前広場・中庭にて。
参加無料、出入り自由。

是非、足を運んでみて下さいね!!!



♪「環境ボランティア見本市」のサイトは、コチラから♪
http://sites.google.com/site/ecotamainfo/Home/mihon1

2010年07月07日

これから夏に向けて…「すごい空の見つけ方」

すごい空の見つけかた.jpg

これから夏に向けて…気になる空模様に雲など、
こんな雲が見える時って、これから天気どうなるの!?

気象写真の第一人者、武田康男さんに、
これからの空の楽しみ方、空の魅力について、色々と教えて頂きました。

夏空の楽しみ方、空の写真を撮る時のポイント、空の魅力
去年、南極観測隊として南極に行かれてたとの事で
その時の南極の空のお話や、様々な話をしてくれました。

南極滞在中に撮影された写真が本になるそうです。
著書「すごい南極の図鑑」は、7月23 日に草思社から発売。
是非、チェックしてみて下さいね!!!



♪武田先生の著書「すごい空の見つけ方」は、コチラから♪
http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1686.html


2010年07月06日

実家は農家、今は上京して働く「セガレ、セガール」の活動

今日の【エシコン】で登場したのは
東京で働く、農家の息子・娘が始めたプロジェクト「(倅)セガレ」。
代表の児玉光史さんにお話を聞きました。

農家の息子を「セガレ」、農家の娘は「セガール」と呼ぶそうです!
2007年6月に、農家のセガレだった3人が集まったことで
東京にいながら何かできることはないか…と考えたことがきっかけ。
もともとは実家を継いでいないという「うしろめたさ」が原動力となって
始めたプロジェクトももうすぐ3年。

具体的には…

☆「実家の野菜を売るぞ!」 月1回、自由が丘で開催

実家で作っている野菜を東京にいる農家のセガレ、セガールが販売。
新鮮な野菜を買えることはもちろん、セガレやセガールが親孝行をやっている姿を
微笑ましくみてもらっていたり、同じ地元の話で盛り上がったり、
マーケットの中で楽しい会話がうまれているそうです。

次回は… 7月18日(日)東京・自由が丘のIDEE SHOPにて開催!


☆100%おやじ酒 「オヤジナカセ」という日本酒を作る

兵庫の酒米農家のセガレと、茨城の酒蔵のセガレがコラボレーション。
お互いのセガレがやりとりして日本酒ができたことに
双方のおやじさんも「泣いている」んだとか?!


セガレ、セガールも、そうではない人も「セガレプロジェクト」をチェック☆

「(倅)セガレ」のTwitterもありますよ♪

2010年07月05日

日本語版15周年「ナショナルジオグラフィック」

ng_cover.jpg

今日の【エシコン】でピックアップしたのは…
今年で日本版語発行15周年を迎えた「ナショナルジオグラフィック」。

自然の事、動物の事、そして地球の事。
地球を美しい映像や写真と共に紹介してくれる雑誌として高い人気を誇る
「ナショナルジオグラフィック」は、写真の他にもその深い内容の記事があり、
大人の探究心までも満足させてくれます。

もともとは120年前、全米の地理学会の広報誌として誕生したもので
世界中の知らない場所に行った学者、冒険家が情報交換・共有するために
作られました。今では誰もが知っている世界遺産などの発掘・保護にも
一役買っている、スゴイ雑誌なんです!

一番の魅力は、その写真の美しさ。
世界中の写真家が取材したもの先行というスタイルを取っているのも
この雑誌の特長。ビジュアルだけでも十分に楽しめます。

世界のトピックスだけでなく、日本ならではの特集も組まれています。
「ナショナルジオグラフィック日本語版」についてはこちらから!

2010年07月02日

伊勢佐木町でキャンドルナイト☆

isezaki.JPG

今日の【エシコン】では、この週末7月4日(日)に
横浜・伊勢佐木町で開催される
「ISEZAKI bright lights Ⅳ ~タナバタナイト~」をピックアップ!

スタジオゲストに事務局から井上さんと永田さんにお越し頂きました。

夏の七夕&冬のクリスマスの時期に開催されているイベント。
特にこの七夕では、1300本ものキャンドルを天の川に見立てた
キャンドルイルミネーションとして飾り、願い事を書いた短冊を
笹の葉に飾り付けてもらう、というもの。
そのキャンドルは、商店街の飲食店から廃油を使られたエコキャンドル!

開催当日には、エコキャンドルを手作りすることができるワークショップも開催。
当日参加もOKなので、ぜひ足を運んでみては?

「ISEZAKI bright lights Ⅳ ~タナバタナイト~」についてはこちらから!

2010年07月01日

野鳥・カエル・鳴く虫の鳴き声と解説が聴ける「UD-PEN」

今日のキーワードは…「UD-PEN」。

UD-PEN.jpg

この野鳥の鳴き声、
どんな風に出しているかというと、野鳥の絵が描いてあるシートをタッチペンで押すと
押した野鳥の鳴き声が聞こえるんです。

今日は企画・制作をしている財団法人日本鳥類保護連盟の岡安栄作さんを
ゲストにお迎えし、色々とお話をお伺いしました!

日本鳥類保護連盟は、
野生鳥獣に関する科学的知識と鳥獣保護の精神を広く国民の間に普及し、
もって自然環境の保全に資すると共に、国民の生活環境、社会文化及び情操教育の向上
並びに農林水産業の振興に寄与することを目的としています。
因みにバードウィークを定めたのは、日本鳥類保護連盟らしいですよ。

今回、岡安さんには「UD-PEN」を持ってきて頂きました。
なんと全部で118種類の鳴き声が聴けるとの事!!!

「UD-PEN」がほしい人は、日本鳥類保護連盟に連絡してみて下さいね♪

日本鳥類保護連盟のホームページはこちら!

2010年06月30日

占い師ユニット「NOT FOR SALE」

今日のキーワードは…「ONE占いONE TREE」。

「人の悩みから地球の悩みまで解決します!」という
「占いでエコ!」を実践されているこの方々…

男性7人からなる占い師ユニットNOT FOR SALEの占い師
Hoshiさん、そしてSugerさんに会うべくスタジオを飛び出して参りました!

NOT FOR SALE.jpg

場所は、プライベートサロンとの事。
凄くオシャレで居心地の良い空間でした。

NOT FOR SALEが行うエコと占いのコンビネーション。

あらゆる自然の循環の業(わざ)に対する、
大いなる畏敬の念と、ささやかな力添えを実現するため、
「遊びながらエコ」をテーマに活動するNPO法人GoodDayとコラボレーションし、
1 人占うごとに木が1本植えられる「one 占 one Tree」プロジェクトをはじめました。

占い、女性のお客さんが結構多く
占いの館っていうよりも友人の家感覚で
心をほぐしてもらえる感じです☆

男性7人からなる占い師ユニットNOT FOR SALEの占い師
Hoshiさん、そしてSugerさんにお話を伺いました!

NOT FOR SALEのホームページはこちら!

2010年06月29日

「クーリエ・ジャポン」冨倉編集長がスタジオに登場!

tomikura.JPG

日本発の世界標準マガジン「クーリエ・ジャポン」から
編集長の冨倉由樹央さんにスタジオにお越しいただきました!

先週25日に発売された最新号の「クーリエ・ジャポン」の特集は
ツイッター時代の「人脈力」!

ツイッターをはじめ、インターネットを介しての人脈の築き方も変化してきています。
冨倉さんがおっしゃっていた、現代人が持つ3つの人格

【1】リアルに人と向き合うときの人格
【2】自分自身と向き合うときの人格
【3】デジタル上での人格

これもうまく活用していけば、また新しい「つながり方」ができるのでは?


courrier069.jpg

最新号の「クーリエ・ジャポン」についてはこちらから♪

2010年06月28日

エシカル・ファッション「ECOMACO」

今日のキーワードは…「エシカル・ファッションECOMACO」。

エコマコ.jpg

環境・社会に貢献するファッション、エシカルファッションを手掛ける
日本を代表するブランド「エコマコ」。

とても女性らしいラインを大切に色鮮やかな服を作るこのエコマコ。
その服の材料は、トウモロコシ、大豆に竹に、絹。
どれも自然に還る地球に優しい素材を使っています。

「エコマコ」の代表でデザイナーであり、
ナチュラルライフ コーディネーターの岡正子さんにお話を伺いました!

oka photo.jpg

特に、トウモロコシは、最先端の技術でトウモロコシの実から取り出した
でん粉から繊維を作ることができるんです!
繊維そのものの風合いだけでなく、色合いのやさしさにもこだわった
やさしい雰囲気のファッションになっています。

ECOMACOのホームページはこちら!

ecomaco1.JPG ecomaco2.JPG

2010年06月25日

北欧エコクイズ!5日目

今週の【エシコン】は毎日、北欧エコクイズを出題!

最終日の今日は、北欧のエネルギー事情やエコタウン・エコビレッジなどに詳しい
日本大学生物資源科学部 教授の糸長浩司さんが出題してくれます。

北欧では、1970年代のオイルショックがきっかけで、石油に頼らず
自分たちでエネルギーを自給しようという動きが活発になりました。
それを街、島単位で取り組んでいるのが、エコタウン、エコビレッジです。

P1050357.JPG

糸長先生からの北欧エコクイズ!

【北欧エコクイズ 5日目】


デンマークのあるエコビレッジでは、農業の副産物を活用した家づくりをしています。
さて、この材料は、何を使っているでしょうか?
(ヒント!)写真は、糸長先生が実際にその材料を使って、大学の中に作った家です!

【1】とうもろこし
【2】じゃがいも
【3】麦

さぁ、どれでしょう?


正解は…

【3】麦

でした!

わらを束ねた「ストローベイル」という箱状のものを積み上げて
土や漆喰を塗って仕上げています。

今週は毎日「北欧グッズ」プレゼント!金曜日は…

今週はスペシャルウィーク!
エコ先進国の集まる北欧を大フィーチャー!

13:30~のコーナー【エシコン】で、毎日1問ずつクイズを出題。
正解者の中から抽選で1名様に「北欧グッズ」をプレゼント♪

bodum.jpg bodum_logo.gif

最終日の今日のプレゼントは…

キッチン用品メーカー
「ボダム」のペアグラス

ガラスが2層になっていて、耐熱性・保温性もあり、
あったかい飲み物を入れてもOK!

クイズへの応募は、メールかFAXで!
メール ene@fmyokohama.co.jp 
FAX 045-224-1019

クイズの問題&詳しくは、13:30~の【エシコン】をチェック!

2010年06月24日

北欧エコクイズ!4日目

今週の【エシコン】は毎日、北欧エコクイズを出題!

4日目の今日は、スウェーデン出身の環境コンサルタント、ペオ・エクベリさんです。

ペオ・エクベリ.jpg

北欧で今面白いのはエコな食べ物らしく
お肉を使わないベジタリアン料理がメジャーだそう。
どんなレストランやカフェに行っても、必ず一つはベジタリアンメニューがあって
ベジバーガー、ベジソーセージ、ベジカツレツ、ベジピッツァ、ベジ寿司…etc
様々な種類のバラエティに富んだものがいっぱい。

ベジタリアン料理は健康的で、CO2の排出もなく、水の使用量も少ないそう。
国連によると、世界中のCO2の排出量の18%が肉から出ているそうで、
車から排出される量よりも多いと言われています。
またハンバーガー1個分作るのに2400リットルの水が必要なんだそうです。

そんな中、北欧ではベジタリアンの人が増えていて、
ベジタリアンについては小学校でも学ぶそうです。
そしてマクドナルドでもMcBeanというベジタリアンバーガーがあるんですよ。

そんな環境コンサルタント、ペオ・エクベリさんからの北欧エコクイズ!

【北欧エコクイズ 4日目】


スウェーデンではどのように生ごみをリサイクルしているでしょうか?

【1】 建設材料の建材
【2】 鳥や豚のえさ
【3】 街のバスの燃料


正解は…

【3】 街のバスの燃料

でした!

正式には「バイオガス」というんですが、
バイオガスは地上の資源から出るCO2なので、中立なCO2ということで、
排出はゼロとしてのカウントされるそうです。

首都ストックホルムでは、すべての市内バスが化石燃料なしで走っています。
これはガソリン・ディーゼル・天然ガスなどの化石燃料から
バイオガス、バイオエタノール、水素に切り替えているということです。

2010年06月23日

北欧エコクイズ!3日目

今週の【エシコン】は毎日、北欧エコクイズを出題!

3日目の今日は、北欧を中心とした「エコ子供服」を取り扱っているショップ、
「Saule EcoLuxe(サウレ・エコリュクス)」の店主・清川桂さんです。

clip_image001.jpg


サウレでは、オーガニックやリメイクの子供服、
またはフェアトレードやチャリティーといった活動に関心を持っている会社や
デザイナーが作った、ベビー・キッズ製品を扱っています。
商品選定の際には、「エコ」、「エシカル」といったキーワードの他に、
「可愛い」ことを重要視しています。
柄がオシャレだったり、色もカラフルだったりと、
これまでのオーガニックやエコの製品のイメージを覆すような、
可愛くてエシカルな子供服を入荷しています。

例えばサウレで取り扱っている「ボンケリ」というブランドでは、
60年代~70年代に、カーテンやテーブルクロスとして使用されていた
スウェーデンのヴィンテージ・ファブリックから、子供服を手作りしています。
今、日本でも、北欧ファブリックというのは人気があるかと思いますが、
当時の生地は、今には無い様な魅力的な物も多くて、
現地でもリメイク服というのはちょっとしたブームになっている様です。


そんな「Saule EcoLuxe」の店主・清川桂さんからの北欧エコクイズ!

【北欧エコクイズ 3日目】


スウェーデン語で、「Vind Kraft」とは、日本語で次のうち、どれを意味するでしょうか?

【1】 太陽光
【2】 風力
【3】 地熱


正解は…

【2】 風力

でした!

スウェーデンでは、消費者が自分達が使うエネルギーを選ぶことができます。
原子力、風力、太陽光、バイオパワーなどがあり、エコな子供服を作っているボンケリは、
風力発電による電気で子供達の服を作っているメーカーです。

今週は毎日「北欧グッズ」プレゼント!水曜日は…

今週はスペシャルウィーク!
エコ先進国の集まる北欧を大フィーチャー!

13:30~のコーナー【エシコン】で、毎日1問ずつクイズを出題。
正解者の中から抽選で1名様に「北欧グッズ」をプレゼント♪

marimekko.JPG

3日目の今日のプレゼントは…

フィンランドのアパレルブランド
「マリメッコ」のポーチ&ハンドタオル

日本でも大人気の北欧ブランドですね♪
最も有名な大きな花柄「ウニッコ」が描かれています。

クイズへの応募は、メールかFAXで!
メール ene@fmyokohama.co.jp 
FAX 045-224-1019

クイズの問題&詳しくは、13:30~の【エシコン】をチェック!

2010年06月22日

今週は毎日「北欧グッズ」プレゼント!火曜日は…

今週はスペシャルウィーク!
エコ先進国の集まる北欧を大フィーチャー!

13:30~のコーナー【エシコン】で、毎日1問ずつクイズを出題。
正解者の中から抽選で1名様に「北欧グッズ」をプレゼント♪

teema_b.jpgteema_y.jpgiittala_logo.gif


2日目の今日のプレゼントは…

フィンランドのキッチンウェアメーカー
「イッタラ」のマグカップをペアで!

昨日の【アグリーカルチャー】に登場してくれたデザインジャーナリストの
渡部千春さんもオススメの、北欧では誰もが身近に使っているブランドです。
ターコイズブルー&イエローをペアで!


クイズへの応募は、メールかFAXで!
メール ene@fmyokohama.co.jp 
FAX 045-224-1019

クイズの問題&詳しくは、13:30~の【エシコン】をチェック!

2010年06月21日

北欧エコクイズ!1日目

今週の【エシコン】は毎日、北欧エコクイズを出題!

初日の今日は、デンマーク・ロラン島在住のジャーナリスト
ニールセン北村朋子さんから。

デンマークといえば、今はまさにサッカーW杯での次戦の対戦国でもありますが
昨年12月、首都・コペンハーゲンで「COP15」国連気候変動枠組条約の
締約国会議が開かれた場所としても知られていますよね。

コペンハーゲンでは、約100年前から自転車専用道路の整備が始まり、
車を運転する人の自転車に対する配慮も行き届いているんだとか!


そんな自転車先進国・デンマークからの北欧エコクイズ!

【北欧エコクイズ 1日目】


コペンハーゲンには、自転車店が何店舗あるでしょうか?

【1】 70店舗
【2】 140店舗
【3】 210店舗


ヒント!
ヨーロッパの各都市には、平均で一都市に10~20店舗あります。


正解は…

【2】 140店舗

でした!

今週は毎日「北欧グッズ」プレゼント!月曜日は…

今週はスペシャルウィーク!
エコ先進国の集まる北欧を大フィーチャー!

13:30~のコーナー【エシコン】で、毎日1問ずつクイズを出題。
正解者の中から抽選で1名様に「北欧グッズ」をプレゼント♪

moomin.JPG

初日の今日のプレゼントは…

北欧を代表する人気キャラクター
「ムーミン」のランチボックスセット!

4段重ねのムーミンのランチボックス&マイ箸&ランチバックのセットです。

クイズへの応募は、メールかFAXで!
メール ene@fmyokohama.co.jp 
FAX 045-224-1019

クイズの問題&詳しくは、13:30~の【エシコン】をチェック!

2010年06月18日

「グリーン購入ネットワーク」とは?

今日の【エシコン】でピックアップしたのは…
「グリーン購入ネットワーク」です。

1996年に設立された、企業・行政・消費者の緩やかなネットワークで
循環型社会を目指すため、全製品やサービスのグリーン購入を
普及促進する活動している団体です。

具体的には、エコマーク等の環境ラベルの付いた製品を購入することも
グリーン購入にあたりますが、今あるものを大切に使うことがいちばん。

そして現在、6月末まで「GPN500万人グリーン購入一斉行動」として
「もとう!マイバッグ、マイ箸、マイボトル。歩いて減らそうCO2!」を
テーマに展開中です!あなたもぜひ参加してみてくださいね。

「グリーン購入ネットワーク」について、詳しくはこちらから!

2010年06月17日

多摩川・二ヶ領せせらぎ館にて開催「エコ★カップいかだ下り」

エコ★カップ.jpg

9月5日(日)、多摩川・二ヶ領せせらぎ館にて開催される
エコ★カップいかだ下り
イベントの副実行委員長、堀 展史さんにお話を伺いました!

「エコカップ」は様々なアイデアとエコ素材を用いた個性的ないかだを創り、
ストップウオッチの無いノンビリとしたいかだレース。

イカダ材料は主にペットボトル、ダンボール、タイヤチューブなどの廃材、余り材。
イカダの設計・制作から、搬入、川下り(レース)、搬出と一貫して
参加者自身が自ら責任を持って行っています。
斬新であっと驚くような設計、材料が毎年注目されてますよ!

参加者はこの期間に仲間と力を合わせ、
最後まで困難を乗り越えた達成感を感じているのでは?
実行委員会では「賞」にもアイデアを出して
ユニークでエコロジーないかだを表彰しているそう。
参加者は初めての手作りイカダでの川下りは心臓がバクバクのようですね(笑)

楽しくエコに自然を楽しむ…大事ですね!!!

「エコ★カップいかだ下り」の詳細はコチラから!
http://www.city.kawasaki.jp/event/info6283/index.html

「エコ★カップいかだ下り」のポスターと参加要領!
※下記のPDFファイルから申込書を印刷し直送、郵送、FAXで応募。6月25日(必着)!
http://www.seseragikan.com/ivento/ikadabosyu.pdf

2010年06月16日

経済評論家・平野和之さんに聞く「FIFAワールドカップ2010の経済効果」

CIMG5779.JPG

お馴染み経済評論家の平野和之さんに
スタジオにお越し頂きました!!!

今日のキーワードは、
現在、盛り上がり真っ只中の「FIFAワールドカップ2010」!

月曜の日本代表の試合、興奮しましたね。
この勢いで、次のオランダ戦も臨んでほしい所ですが・・・
そこで、今日のエシコンでは、現在盛り上がっている南アフリカで行われている
『FIFAワールドカップ2010』の経済効果について、さらには、観光立国を目指している
神奈川県の未来について、色々とお話して頂きました。

サッカーと環境と観光、全て結び付け
より良い未来へと意識し動いてゆく。

大切な事ですね。。。

毎回素晴らしい話をしてくださる…
平野和之さんのTwitterのアカウントはこちらから。フォローも!
     

2010年06月15日

豊かな自然を守る「ホタルのふるさと瀬上沢基金」

6月も中旬…そろそろホタルが見られるようになってきていますね。
横浜市でも三渓園や県立四季の森公園などで、ホタルの夕べが開催されていますが
そんなホタルが自生している場所の一つ、横浜市の南部、栄区にある瀬上沢。

この瀬上沢の自然を次の世代に残していこうと活動している
「NPO法人ホタルのふるさと瀬上沢基金」理事長の角田東一さんにお話を聞きました。

瀬上沢は、市街地に位置しながらも豊かな自然が多く残っている場所で
定例のクリーンアップ作戦が行われ、この日も多くの方が参加していました。

実は、この瀬上沢地区の一部は再開発が止まっている場所で、何年も放置され、
ごみの不法投棄が横行していて、2年前にクリーンアップを始めたころはゴミだらけ。
木や草も鬱蒼と茂っていて、人が入れる状態ではなかった状態を
今のように人も通れるような道が戻ってきたんだそうです。

「30年前にあったような日本の原風景のような場所に戻したい」角田さんたちの思いと
一緒になって活動してきた人たちのアクションは、まだまだ続いています。

「NPO法人ホタルのふるさと瀬上沢基金」の活動についてはこちらから!

2010年06月14日

PETボトルキャップでできた園芸グッズ「ジョロペット」

CIMG5775.JPG

CIMG5767.JPG

今日の【エシコン】では、PETボトルのキャップでできた園芸グッズ
その名も…「ジョロペット」を紹介しました。

株式会社エコキャップグローバルの稲辺啓之さんにお話を聞きました。
PETボトルのキャップを回収、成型してできたジョロのノズルの部分を
PETボトルのボトルにくっつけると、ジョロに早変わり!

学校や企業で回収したPETボトルのキャップ。
ワクチンに変わるとはよく言いますが、回収したキャップをリサイクル業者に
引き渡す際のお金の一部がワクチン購入に寄付されて→
その回収されたキャップをどうリサイクルするか、そこに注目したのが
このエコキャップグローバルの展開です。

「ジョロペット」の購入方法など、問合せは「エコキャップグローバル」へ!

2010年06月11日

カリフォルニアのリメイクブランド「Generic Youth」の日本1号店が鎌倉市七里ガ浜にオープン!

古着衣料品のリサイクル・リユース・リメイクを手掛ける
ファイバーシーディーエム株式会社が
米国カリフォルニア州のリメイクブランド『Generic Youth (ジェネリック ユース)』と
この度、国内代理店契約を結び神奈川県鎌倉市七里ガ浜に日本1号店をオープン!

『Generic Youth』は「green」、「recycle」、「giveback」がテーマのリメイクブランド。
古着や余った生地に新しい命を吹き込み
世界に一つだけのユニークな服を作り出します!

リメイクとは思えない様々なお洒落アイテムは勿論、楽しいイベントも盛り沢山!
これからの季節、新しい遊びスポットになる事間違いなしです♪

そして…この夏には楽しいイベントも!
7月17(土)18日(日)19日(月・祝)には「バーガーウェンズデー」を開催。
不要になったタオルを持っていくと、ハンバーガーがもらえちゃいます!

「Generic Youth」のホームページもチェック☆

2010年06月10日

本日発売の「BE-PAL」7月号の特集は…無人島で夏遊び!

BE-PAL_7.gif

毎月10日発売のアウトドア雑誌「BE-PAL」7月号!
今月の特集は…なんと「無人島で夏遊び!」

編集部の皆さんが自ら、長崎県佐世保市の沖合に浮かぶ無人島
金重島(かなしげとう)に上陸して繰り広げたサバイバル?!な旅の様子が
余すところなく載っていますよ!島に渡るのはシーカヤックを自分で漕いで、
テントはもちろん自分で設営、海の幸を獲っておかずにしたり…

この夏は一味違ったものアウトドアにチャレンジしたい!
そう考えているアナタは必見ですよ♪

「BE-PAL」公式サイトも合わせてチェック☆

Twitterアカウントはこちら!編集部スタッフによるつぶやきも。

2010年06月09日

オーガニック家庭菜園

今日のキーワードは、『オーガニック家庭菜園』!

四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりをされている
Q-GARDENの代表取締役の小島理恵さんにお話を伺いました!

Q-GARDENが得意とするのは、オーガニックなお庭造り。
オーガニックなお庭造りとは、化学農薬などを一切使わないお庭造りの事。

家庭菜園で作るお野菜は、そのまま自分が食べるもの。
確かに、オーガニックにおいしいものを食べたいですよね。
そこで、このシーズンの家庭菜園でのオーガニック的お手入れアドバイスを聞きました!

小島さんは、インターネットでもガーデニングについて連載をされているので、
一度、チェックしてみてください。

小島理恵さんのブログはこちら!

2010年06月08日

本日、東京・外苑前にOPEN!「クーリエ・ジャポンカフェ」

【エシコン】のコーナーにレギュラーで登場してくれている
日本発の「世界標準マガジン」、クーリエ・ジャポンが
期間限定でカフェをオープンさせます!

本日8日(火)~27日(日)まで、東京・北青山の「Sign外苑前」が
「クーリエ・ジャポン」一色に染まっています。

編集長の冨倉由樹央さんいわく、これからの「クーリエ・ジャポン」は雑誌として
単なる紙媒体に留まることなく、皆が「情報の送り手」になる時代だからこそ
イベントや読者と触れ合う場などの仕掛けを通じて、
読者とのコミュニティを一緒に作っていくようになる必要がある、とのこと。

たまたま足を運んだカフェで「クーリエ・ジャポン」を手に取って読んでみる。
そういった「偶然の出会い」からつながっていく場として
今回、期間限定でオープンさせたカフェです。

編集部主催のイベントなども開催予定!
「クーリエ・ジャポン」のオフィシャルサイトはこちらから。最新号ではiPadの特集も!Twitterの公式アカウントもフォロー!最新情報がアップされていますよ。

2010年06月07日

今月から公開!映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

今日は、6月から全国各地で上映が始まった映画、
「ミツバチの羽音と地球の回転」をピックアップしました。

こちらの作品は、2006年に発表され、話題を呼んだ映画、
「六か所村ラプソディー」を制作した、鎌仲ひとみ監督による新作ドキュメンタリー映画です。

これまで、エネルギー問題をテーマにした作品が多い鎌仲監督ですが、
今回の作品も、今後の日本のエネルギーの未来について改めて考えさせられるような、
ドキュメンタリー映画となっています。

舞台は、瀬戸内海にある、人口およそ500人の小さな島・祝島。
そこには現在、新たな原子力発電所が建設される計画があるのですが、
その計画と向き合う島の住民の思いや行動とともに、
北欧・スウェーデンで、持続可能エネルギーによる社会の実現に取り組む様子も、
作品の中に収められています。その二つのシーンの対比によって、
現在の日本におけるエネルギー問題の様子が、作品の中に浮かび上がってきます。

現在、島国・日本のエネルギー自給率は、世界の先進国の中で最も少ない4パーセント。
残りの96パーセントを海外に依存しているわけですが、
その自給率を上げるための「準国産エネルギー」として、
エネルギー密度も高く再利用もできる燃料「ウラン」を使用する、原子力を導入しています。
(原子力導入時のエネルギー自給率はおよそ18パーセント)
石油とは違って、化石燃料を燃やさない為、
地球温暖化の原因となるCO2排出の心配もなく、
資源依存の少ないエネルギーとされています。

ただ、リスクが全く無いわけではありません。
工場からは、放射性廃棄物が排出する可能性もあり、
その事が近隣の環境に影響を与えるのでは、と心配視する声もあります。
      
そこでこの映画、「ミツバチの羽音と地球の回転」で、テーマとされるのが、
「持続可能な社会の実現」。

映画では、自然エネルギーだけで地域のエネルギーをまかなう事に成功した、
スウェーデンのオーバートーネオという
小さな村のエピソードがクローズアップされています。
この村の成功例を追う様に、スウェーデンでは今、持続可能な未来へ向けて、
日々、自然エネルギーへのシフトを続けています。

アメリカではオバマ政権が、リスクを伴うエネルギーから、安全で持続可能な
自然エネルギーへのシフトをしようと示しています。
消費者側が、自分が使用する電気エネルギーを
どこから得るかを選ぶシステムもあります。

一方、日本や中国、韓国などではまだ、その様なシステムが無いのが現状。
まずは私たちが日々使用しているエネルギー資源について深く知り、
さらにはそれらを自分が自由に選択できる時代が始まると、
日本は次のステップへ進めることができるかも知れません。

「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映情報はこちらをチェック♪

2010年06月04日

「エコ・アクション・ポイント」とは?

環境省が推進している「エコ・アクション・ポイント」。
温室効果ガス削減に貢献する商品やサービスの購入・利用したり、
行動を実践することでもらうことができるポイントです。

実は…家電や住宅の購入でたまる「エコポイント」よりも先に始まった
ポイントなんですよ。知っていましたか?

ポイントをためるには…
★ハンバーグチェーン店「びっくりドンキー」で使用済み食用油を持ちこむと50pt
★「りそな銀行」でペーパーレス通帳を作って50pt
★手羽先料理店「世界の山ちゃん」でコース料理を食べ切って50pt
★他にもアメニティグッズを辞退するとポイントがもらえるホテルもあります。

ポイントが貯まると、いろんな商品やサービスと交換できます。
ガーデニングセットや折りたたみ自転車、また環境寄附としても使用できます。

明日から代々木公園で開催される「エコライフ・フェア2010」の会場でも
ポイントがたまるブースがたくさんありますよ!
マイボトル・マイカップを持っていくと50pt&お茶がもらえます。

まずは、今週末5日(土)6日(日)で開催の「エコライフ・フェア2010」へ!
「エコ・アクション・ポイント」については、こちらのページから!

2010年06月03日

「エコライフ・フェア2010」 公園の生きもの たんけん隊

今日と明日の2日間は、今週の土日、5日・6日に
東京・代々木公園ケヤキ並木で開催される
「エコライフ・フェア2010」をピックアップ!!!

「エコライフ・フェア」は、環境月間である6月に毎年おこなわれている催しで、
子供から大人まで、楽しみながらライフスタイルを見直すきっかけになるような
展示ブースやワークショップが行われており
今日注目したのは「公園の生きもの たんけん隊」。

こちらの探検隊、プロ・ナチュラリストの佐々木洋さんと公園を巡るフィールドイベント。
今日は、環境省広報課広報室の河端貴志さんが
電話で色々お話を聞かせてくれました!!!

自然の動植物を観察・研究することをプロとして活動している
プロ・ナチュラリストの佐々木隊長と一緒に巡って
代々木公園に生息する野生生物を観察との事。

代々木公園は、東京23区内の都市公園の中で、五番目に広い公園。
森林公園としてのエリアも広く
隣接する明治神宮の木々と共に緑の濃い森が広がっており
散策するだけでも心地良い場所だったりするんですが
プロ・ナチュラリストの佐々木隊長と巡ることで
見過ごしてしまうような小さな動植物や発見できるかも!?

「エコライフ・フェア」のサイトからの事前申込は
明日6月4日(金)のお昼12時で締切。
当日参加もOK!会場内のワークショップスタッフまでお問合せください。
今週末、5日(土)・6日(日)のいずれも13:00~14:30を予定。
対象は、いずれの日も親子45組90名。
お子様は小学生が対象で、必ず保護者1名同伴でペアでお申込を。
ワークショップコーナーの座席はスペースの都合上
2名1組分ですが、自然観察は3名以上でも参加OK!
参加費は無料!
自然観察で公園内を歩くので、歩きやすい服装でご参加くださいね♪

「エコライフ・フェア2010」のオフィシャルページは、こちらからチェック☆

「公園の生きもの たんけん隊」については、こちらからチェック☆

2010年06月01日

「ecomom」6月号・申込は3日まで!

「家族と自然に優しい暮らし」をテーマにした雑誌「ecomom」のプロデューサー、
久川桃子さんにお話を伺いました。
6月15日には、「ecomom」の最新号となる6月号が発刊されます。
今回の特集は、「ずっと暮らす場所だから~住まいとの長いお付き合い~」という事で、
一つの所に長く気持ちよく暮らすコツを考えていくというのが今回のテーマ。
一つの家に長く暮らすというのがエコにもつながるのではないか、ということ。
気になる住宅エコポイントの事についても詳しく触れています。

「ecomom」は、予約制・無料の雑誌です。
6月3日までに、インターネット「ecomom」のサイトから
住所・お電話番号・メールアドレス・お名前などをご登録頂いた方に、
6月15日までにお届けするという形になっていますので、
ぜひ、今の機会に登録してください!

ecomomの情報はこちらをチェック♪

今週末は赤レンガ倉庫の「エコカーワールド2010」へ!

今週末、6月5日(土)・6日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される
「エコカーワールド2010」をピックアップしました。

「エコカーワールド」の前身となるイベントが初めて開催されたのが25年前。
当時は「低公害車」という呼び方で、排気ガスが目に見えるほどの車が
走っているのが当たり前だったという当時と比べると、
ハイブリットカーや電気自動車も手に入れやすくなりました。

今年の「エコカーワールド2010」の会場では、
各社の最新のエコカーの展示、電気自動車の試乗はもちろん、
ステージイベントでは、交通安全教室やエコドライブ教室を開催。
「働くエコカー」のコーナーでは、制服を着てお子様の記念撮影もできます!

「エコカーワールド2010」については、こちらからチェック☆

2010年05月31日

環境とCSRと「志」のビジネス情報誌 『オルタナ』

今日の【エシコン】でピックアップしたのは、
環境とCSRと「志」のビジネス情報誌「オルタナ」です。

イーネ!にも何度か登場して頂いている
「オルタナ」編集長の森摂さんにお話を聞きました。

今日31日発売の最新号では「間違いだらけの生物多様性」として
今年は国際生物多様性年でもありますが
正しい認識がされていないこのキーワードについて提言しています。

誤解されることも多い環境問題について
分かりやすく書かれているのが、この「オルタナ」です。
CSRについても取り上げているので、企業の方にも読んでほしいとのこと。

最新号では、環境大臣・小沢鋭仁氏との「環境税」についての
インタビューの対談の様子も載っています。

最新号は今日発売!「オルタナ」についてはこちらからチェック☆

2010年05月28日

実家は農家!そんな人を応援する「農家のこせがれネットワーク」

「実家は農家です」
そういう環境がありながら、自分が農業に携わるとなると…
そんな人を応援するのが「農家のこせがれネットワーク」です。

代表理事の「みやじ豚」宮治勇輔さんにお話を聞きました。

農業というと、マイナスなイメージの3K産業といわれたりすることもありますが
これを面白いかたちで、生産からお客さんの口に届けるまでを一貫して
プロデュースしたり、全国で仲間を集めて色んな取り組みをすることで
「カッコ良くて」「感動があって」「稼げる」3K産業にしたい。

そんな思いで活動しているのが「農家のこせがれネットワーク」。

実家が農家=農家のこせがれが集まる交流会が、毎月第1水曜日に開催!
直近だと6月2日(水)に中目黒のKIRARAで行われます。
そして、ネットワークが主催するBBQも、毎月第3日曜日(日中)にやっています!

「農家のこせがれネットワーク」についてはこちらからチェック☆オンエアでお届けした農家のこせがれ応援ソング「HOME FARM」も
こちらで聴けますよ♪

2010年05月27日

横浜市の地産地消を推進する「はまふぅどコンシェルジュ講座」

横浜の「浜」に、「フード(食べ物)」と「風土」をあわせた「はまふぅど」。
横浜市では、地産地消を推進する「はまふぅど」を実践、普及する
「はまふぅどコンシェルジュ講座」を今年も開催!

実は、横浜はとても農業が盛んな都市!
○コマツナは生産量全国2位  ○カリフラワーは8位 ○キャベツは10位 なんです!

横浜の台所「横浜中央卸売市場」の見学や、農産物直売所での販売体験など
生産者の人と直接触れ合う機会もあり、実践的な講座です。

参加対象は、地産地消に携わっている人で、申込は31日(月)まで受付中!
定員は30名、参加費は講座の全プログラムを通して5000円です。

申込方法などは横浜市環境創造局のホームページから!

2010年05月26日

経済評論家・平野和之さんに聞く「iPadってどうなの?!」

hirano.JPG

今日の【エシコン】では、ついにあさって28日に国内で発売!
「iPad」にクローズアップ!

経済評論家の平野和之さんに、私たちの生活に
どのように関わっていくのかを迫ってみました。

元々、アメリカでは電子書籍として登場した「iPad」。
日本でも前身であるiPhoneユーザーもかなり増えてきていますが
「iPhoneが大きくなった」という意識で捉えたり、
「持っていてオシャレ!カッコいい!」そういったファッション性の高さからも
国内でもかなり普及していくのではないだろうか…とのこと。

さて、あなたはiPad、気になっていますか?買いますか?
今後の動きも追っていきたいところです。

最後にはTwitterの話にまで発展しましたが…
平野和之さんのTwitterのアカウントはこちらから。フォローも!

2010年05月25日

雑誌「Tarzan」の編集長、大田原透さんに伺いました!

現在発売中の5月27日号のテーマは、「賢い野菜」。
「野菜はこんなに賢い」をキーワードに、
季節やカラダのコンディションに合わせた、正しい野菜のとり方を提案しています。

そんなTarzanの編集長・大田原さんに、
普段、野菜とどの様な付き合い方をしているのか伺ったところ、断然アウトドアで!とのこと。

キャンプ場に、家から重い野菜を持っていくのではなくて、
地元のスーパーや道の駅、八百屋さん等で買うのが一番楽しいし、何よりもカラダにおいしい!
本当にその土地にあったものが新鮮な状態で食べられる。それが地元の野菜の魅力です。
また、夏野菜はカラダを冷やす効果があり、冬野菜は体を暖める効果があります。
季節に合わせた野菜選びをするように心がけましょう。

詳しくは「Tarzan」のホームページから。

2010年05月24日

脱石油生活を目指す「トランジションタウン」

CIMG5456.JPG

温暖化ガス削減を目指している現在の地球にとって、
一つの解決策としても注目されている「トランジションタウン」
実は、神奈川県でも藤野・葉山でスタートしています。

「NPO法人トランジション・ジャパン」副代表理事の
吉田俊郎さんをスタジオにお迎えしました。

過度に石油などの化石燃料に依存した社会から
「自然との共生を前提とした持続可能な社会経済システム」へ移行していく…
そういった意味での「トランジション(移行)」です。

石油を使わない!と考えるとなにか大きなことに思えますが
地域や身近な人々とのつながり、皆で工夫して生活するアイデアを持ち寄る
そんなところから始められることがたくさんあるようです。

先日【エシコン】でもピックアップした「エコビレッジ国際会議TOKYO」
(28・29・30日 城西国際大学 紀尾井町キャンパス)にも参加されるとのことで
ここで実践的なポイントを教えてもらえるかも!

詳しくは「NPO法人 トランジション・ジャパン」のホームページから。

2010年05月21日

沖縄の海に生息する「ジュゴン」

今日のキーワードは…沖縄の海に生息する「ジュゴン」。

沖縄に生息しているジュゴンを守る活動をしている
「ジュゴン保護キャンペーンセンター」の三村昭彦さんにお話を聞きました。

人魚の伝説のモデルになったとも言われる「ジュゴン」。
海の中をゆったりと泳ぐ姿が印象的ですが、絶滅危惧種に分類されている
日本での生息数は20頭程度の動物でもあります。

この「ジュゴン」の生態は、昨今の報道にもある
普天間基地移設問題とも密接に関わりがあります。

ジュゴンの住んでいる辺野古・大浦湾に基地が移設された場合、
ジュゴンの唯一の餌である海草が生えている海域が汚染されてしまう…
「ジュゴン保護キャンペーンセンター」では、そんなジュゴンの保護区を
作るための活動を展開しています。

7月には、ジュゴンの住む美しい自然が残る沖縄へのツアーも企画。
詳しくは「ジュゴン保護キャンペーンセンター」のホームページへ!

2010年05月20日

[第61回 全国植樹祭かながわ2010]

今日、ご紹介するのは…
今週末、5月23日(日)、南足柄市の「足柄森林公園丸太の森」と、
秦野市の「秦野戸川公園」で開催される、
「第61回 全国植樹祭 かながわ2010」です。

「全国植樹祭」は国土緑化運動の中心的行事で、
毎年春にどこかの都道府県で開かれているのですが、
今年の会場は神奈川県。実は神奈川県での開催は初めてです。

南足柄会場では、天皇皇后両陛下によるお手植え、
秦野会場ではお手播き(おてまき:種まき)を行います。
他にも両方の会場で、参加者による記念植樹と、式典行事もあります。

「足柄森林公園丸太の森」「秦野戸川公園」2つの本会場への入場は
事前公募で締め切っていますが、
5月23日の大会当日は「海老名市」と「開成町」の2会場で
サテライト会場イベントを開催するので、是非ご来場を!

詳しい情報はコチラの公式HPから!

2010年05月19日

今日のキーワードは…エコビレッジ!

今日ピックアップしたのは、5月28日(金)~30日(日)の3日間、
城西国際大学 紀尾井町キャンパスで開催される
「第四回エコビレッジ国際会議 TOKYO」。
日本をはじめ、世界の最新エコビレッジ情報が集まる国際会議の場です。

エコビレッジとは、都会でも田舎でも、「お互いが支え合う社会づくり」と
「環境に負荷の少ない暮らし方」を追い求める人が作るコミュニティのこと。
現在、国内外で「エコビレッジ」と呼ばれるコミュニティや地域が増えています。

第4回を迎える今回は、『地球とつながるリローカライゼーション』
~都市の再生成と農山村のエコビレッジ化~ をグランドテーマに
国内外のゲストを招き、講演からワークショップまで40以上のプログラムを展開。

ライブや展示・販売エリアなど、興味のあるものをピックアップして
巡るのがオススメですよ♪

詳しい情報はコチラの公式HPから!

2010年05月18日

大和市で発行されている絵本「りんごとくらす いちねん」

今日ピックアップしたのは、大和市で発行されている絵本、「りんごとくらす いちねん」。

大和市でリンゴが生産されていること、ご存じでしょうか?
その事を、まずは地元市民に知ってもらいたい…。
そんな思いから、絵本「りんごとくらす いちねん」が先月、発行されました。
こちら、2年前に、大和市のりんご農園「えんどうりんご園」で実際に行われた
親子参加型のイベントの様子を、絵本にしたもの。

今のところ、小学校、保育園、幼稚園などに配布予定ですが、配布自体は9月~10月を予定。
なお、一般発売はすでに行っています。
詳しくは…046-264-7434まで。

「食のアトリエ」

2010年05月17日

ルイガノグリーンカップ

今週22日(土)、23日(日)、富士見高原スキー場で行われるのは
自転車のチャリティーレース「ルイガノグリーンカップ」!

今年で15回目を迎えることを記念して、エントリー料の一部が
ジョイセフに寄付され、アジア・アフリカ・中南米などの物資支援に使われます。

当日実施される種目は全て11種目!
マウンテンバイクの5時間耐久レースなど、ひとりでも家族でも
楽しめる競技が盛りだくさん!
自転車トレイルランニングは、まだ本日中だとエントリー可能、
当日参加の種目もあるので、初夏の富士見高原で自然を楽しむのにいかが?

「第15回 ルイガノグリーンカップ」についてはこちらから!

2010年05月14日

5月15日(土)16日(日)鎌倉ビーチフェスタ2010

今週末、5月15日(土)16日(日)、鎌倉・由比が浜で行われる
「鎌倉ビーチフェスタ2010」をピックアップ。

イベントでは、ウィンドサーフィンの大会などを主催されている
セブンシーズの新嶋光晴さんにお話を聞きました。

フラダンスを中心に、海のスポーツや地域の催しが集まる海のお祭り。
毎年2万人近くの来場でにぎわいます。

フラダンスの発表からストリートダンス、和太鼓、よさこいにビーチライブ…
そして日曜日には、横浜Fマリノスのスペシャルステージも!

新嶋さんが主宰しているウィンドサーフィンの体験会や、青年たちによる大会も。
小学生~中学生までのおよそ20人の子どもたちの中には
将来オリンピック選手になるような有望な選手もいるんだとか!


【鎌倉ビーチフェスタ2010】

15日(土)午前10時から夕方5時まで。16日(日)午前10時から夕方4時30分まで。
会場の由比ヶ浜へ、家族や仲間で行ってみては?

詳しい案内はこちらからチェック!

2010年05月13日

この夏を盛り上げる!予算1万円以下の野外道具

今年のGWは、首都圏で25年ぶりに雨が降らない晴天に恵まれました!
アウトドアや、キャンプを楽しまれた方も多いはず。
これから本格的なシーズンに突入する前に…
お財布にやさしく&アウトドアを100倍楽しむためのグッズをピックアップ!

アウトドア雑誌「BE-PAL」の編集長、酒井直人さんに聞きました。

酒井さん自らが自腹で買ったおすすめアイテムは…
手に乗るサイズのダッチオーブン「コロダッチポット」。

片手で持てる、かわいいサイズのダッチオーブン。
ちょっとしたおつまみなどを美味しく作れる機能性も備えています!

こんなふうに、編集部おすすめのお手頃アウトドアグッズを特集している
「BE-PAL」最新号もあわせてチェック!

2010年05月12日

靴を履かない日「One Day Without Shoes」

今日の【エシコン】で取り上げたキーワードは…
「One Day Without Shoes」=「靴を履かない日」。

今年の4月8日に世界中で行われたキャンペーンですが
「アースデイ」などの環境にかかわるキャンペーンに比べると
日本では注目度が低かったかもしれません。

世界では、靴が買えずに裸足で歩き、切り傷やすり傷を負っている
子どもたちがたくさんいます。彼らが日常的に直面している
「靴がない」という状態を世界の人々が実際に体験するのが
この「One Day Without Shoes」です。

今では身近になっている環境問題の他にも、こういったキャンペーンを通して
貧困問題にも目を向け、アクションを起こしていきたいものです。

「One Day Without Shoes」についてgreenzの記事はこちらから!

2010年05月11日

「クーリエ・ジャポン」冨倉編集長からのクイズ!

国際ニュースのセレクトショップ、雑誌「クーリエ・ジャポン」の
冨倉編集長が出してくれた今日のクイズは…

上海万博で盛り上がる中国のゴミ問題について。

中国の都市部で1年間に集められるゴミの量は東京ドーム何個分でしょうか?
(中国は広いですが、「都市」限定です。)

A: 400杯分
B: 800杯分
C: 1000杯分

正解は… A: 400杯分 でした。

日本全国の1年間のゴミの量が、東京ドーム140杯分。
それと比べても、中国の都市部だけでこの量!
中国ではゴミの量だけでなく、ゴミの分別回収のシステムが
整備されていないことが問題になっているんだとか。

「クーリエ・ジャポン」最新号にこの話題も掲載されています。
今月25日にリニューアルされます!こちらも要チェック☆

2010年05月10日

月刊リサイクルデザイン

CIMG0504.JPG

今日の【エシコン】のキーワードは…「月刊リサイクルデザイン」。

横浜市資源リサイクル事業協同組合から
副理事長の栗原清剛さんと、広報企画委員長で
「月刊リサイクルデザイン」の発行責任者の工藤健一さんが登場。

横浜市資源リサイクル事業協同組合では、「読む」「描く」「体験する」の
3つの視点から3Rの普及啓発活動を行っています。

その「読む」という観点から、フリーペーパー「月刊リサイクルデザイン」を
発行、いろいろな資源のリサイクルについて分かりやすく紹介されています。

最新号の特集は「新聞のリサイクル」!入手できる場所などは
フリーペーパー「月刊リサイクルデザイン」のホームページでチェック☆

2010年05月07日

横須賀の海に浮かぶ「猿島」!

初夏!外で過ごすのが心地良い季節…
日常から離れた時間を楽しむのに、無人島に出かけるというのはいかが?
横須賀市沖に浮かぶ東京湾でも唯一の自然島「猿島」。
船でわずか10分の距離の、1周歩いて1時間程度で回れる身近な島です。

猿島に渡る定期便を運航している
株式会社トライアングルの泉谷翔さんにお話を伺いました。

戦時中に要塞として利用されていた面影が残っていて、島の中を歩くだけでも
自然や歴史に触れ合える、お散歩コースにもぴったりの無人島。

夏になると海水浴場がオープンし、BBQと海水浴が同時に楽しめる。
年間を通して釣りや散策が楽しめるため、春や秋にも人気です。

猿島への定期便の運行情報、島に渡るときの注意点などは
株式会社トライアングルのホームページから!

2010年05月06日

廃材になったタイヤをリサイクルしてバッグに!

今日の【エシコン】は
「廃材になったタイヤのリサイクル」にクローズアップ!

タイヤチューブをリサイクルしたバッグ「SEAL」ブランド。
タイヤがもつ強い耐久性や防水性を生かしたバッグです。
毎日使えるバッグという身近なところに取り入れることで
エコロジーへの意識も高まるのでは?

「SEAL」ブランドについてはこちらからチェック!

2010年05月05日

OUTDOOR FIELD EXHIBITION パート3

GW真っ只中!エシコンはキャンプ大好きなあなたに向けて、
最新オートキャンプ事情をキーワードにお送りしていきます。

5月2日から5月4日までの3日間、群馬県のカンパーニャ嬬恋キャンプ場で
開催されていたオートキャンプの最新グッズやギアの展示会
「OUTDOOR FIELD EXHIBITION 2010」から
出展していたオートキャンプ関連メーカーのおすすめ商品をピックアップ!


スノーピーク snow peak

新潟県三条市のメーカー。テントをはじめキャンプ用品が揃う。

☆テントとタープが一緒になったスターターセット
ファミリー向けで建てやすく、居住空間もゆったり♪
その他にもテーブル、チェア、バーナーもセットに!日本で一番売れているのでは?


モンベル mont-bell

山関連の用品から始まり、釣り用品などまで幅広く扱うメーカー。

☆ジェットボイル
250mlの水を100秒ほどでお湯にできる!
今年モデルチェンジして、お湯が沸く様子が見た目で分かる。

☆ゴートゥーブ
しょう油、ソースからシャンプー、化粧品までどんなものでも入れられる容器。
押さない限り中身が出ない弁がついていて、飛行機の機内持込みもOK!


エーグル AIGLE

フランス生まれのアウトドアメーカー。

☆カラフルなウェア
「クレイジーパターン」というデザインで、一枚のジャケットに
多配色で彩られていてキレイ。街中でも着られるスグレモノ!


シーズンインに向けて、最新の商品をチェックしてみてくださいね!

2010年05月04日

OUTDOOR FIELD EXHIBITION パート2

GW真っ只中!エシコンはキャンプ大好きなあなたに向けて、
最新オートキャンプ事情をキーワードにお送りしていきます。

5月2日から5月4日までの3日間、群馬県のカンパーニャ嬬恋キャンプ場で
オートキャンプの最新グッズやギアの展示会
「OUTDOOR FIELD EXHIBITION 2010」が開催されています。
今日は、出展しているオートキャンプ関連メーカーのおすすめ商品を!


コールマン Coleman

オートキャンプグッズを一通り揃えている総合メーカー

☆クワッドランタン
脱着式で4つに分割できる!LEDで電池も長持ちで明るい!

☆コールマン×アースデイ東京×A SEED JAPAN お弁当箱
トウモロコシのでんぷんで作られていて、土に分解される。


小川キャンパル

ファミリーキャンプ向けメーカー

☆「ヴェレーロ5」
リビングスペース8.6畳!別売りのインナーをつけると2家族10人寝られる。

☆「ピルツ9」「ピルツ15」
「キノコ」という意味。立てやすい上にキャンプ場でも目立つこと間違いなし!

明日は、オシャレなアウトドアアウェアをピックアップ!

2010年05月03日

OUTDOOR FIELD EXHIBITION 2010をご紹介!part1/3

ゴールデンウィーク真っただ中ということで、
もしかしたらキャンプに行っているよーなんて方もいらっしゃるかもしれないですね。
これからどんどん気候も暖かくなってきて、
オートキャンプには絶好のシーズンになっていきますが、
今日から3日間のエシコンはキャンプ大好きなあなたに向けて、
最新オートキャンプ事情をキーワードにお送りしていきます。

5月2日から5月4日までの3日間、群馬県のカンパーニャ嬬恋キャンプ場で
オートキャンプの最新グッズやギアの展示会
「OUTDOOR FIELD EXHIBITION 2010」が開催されています。
今日は、そのイベントを主催している、無印良品の石川さんにお話を伺いました。

ショップやカタログなどでは見たことがあるけど、
実際のフィールドに行ったらどんな感じになるのだろう?」と、
疑問に思ったことはありませんか?
OUTDOOR FIELD EXHIBITION 2010では、実際のファミリーを想定し、
よりリアルで理想的なキャンプシーンを各社が趣向をこらしてご提案いたします。
実際に見て・触って・試して・感じてみるチャンスです。

各ブースの詳しい紹介や今年注目のギアなどは、
明日と明後日のエシコンで紹介します!

OUTDOOR FIELD EXHIBITION 2010の情報はコチラから!

2010年04月30日

海洋動物学者・永田雅一さんゲスト!

CIMG0453.JPG

今日の【エシコン】でスタジオにお迎えしたのは
自然教室vol.2でもお世話になった、海洋動物学者の永田雅一さん!

お話を聞いていて、海で生きる動物たちと永田先生との距離が
とても近いこと、身近であることを感じました。
やはり自分の体験でもって自然に触れることが大切なんですね。

今日はこの後、15時45分からランドマークプラザでのイベント
「エコ&ネイチャーパーク」にも出演!世界一受けたい海の授業、必見です。

2010年04月29日

GWの渋滞中のあなたに!エコドライブのポイント♪

今日からゴールデンウィーク!
家族そろって、あるいはデートで…車に乗り合わせてドライブ♪
という方も多いはず!今日の【エシコン】では、モータージャーナリストの
竹岡圭さんにエコドライブのポイントを教えてもらいました!

今からすぐに心がけることができるポイントは…
☆発進するときの加速は、5秒間で時速20kmを目安にじわじわと
☆ひとつ先の信号が赤のときはブレーキを踏まない

これを実行するだけでも、燃費も向上♪エコドライブにつながりますよ!

2010年04月28日

今夜開催!green drinks Yokohama

今夜開催される「エコな飲み会」に参加してみませんか?

【 green drinks Yokohama 】

世界中600都市以上で開催されている、エコやサステナビリティをテーマにした
オープンソースイベント「green drinks」。
2010年2回目の横浜での開催は、「旅」がキーワード!
横浜から世界に目を向けて活躍する若者たちが夢を語ります。

横浜でとれたハチミツを使ったビール「ハッチー」の試飲会も行います!
ゴールデンウィークの前夜、横浜で盛り上がりませんか?


日時: 2010/04/28 Wed 19:30〜21:30(19:00 open)
会場: Applause アプローズ YOKOHAMA NEWS HARBOR
参加費: 1,500円(学生500円、ワンドリンク付き)

「green drinks Yokohama」オフィシャルサイトはこちらから☆

2010年04月27日

夏までにシェイプ・アップ!

気が付けば4月ももう終わり。
あと数か月経てば、夏がやってきます。
夏に向けてのシェイプ・アップ、やってますか?

ということで今日は、身近にある物だけで簡単にできる、
「夏に向けてのシェイプアップ」!

今回お話を伺ったのは、
雑誌・Tarzanの編集長、大田原透さん!

男性はスリムな逆三角体型、女性は抗重力ボディが理想の体型なのだとか。

◇逆三角体型をつくるのに重要な部位と効果的な運動
○しっかりとした肩周り
 …ペットボトルを持ちながら、両腕を横から肩の高さまで上げ、また下げる。(繰り返し)
○引き締まった胴体
 …腹筋運動
○メリハリのある背中
 …うつ伏せの姿勢から、頭と足を一緒に上にあげる。
○厚みのある胸
 …腕立て伏せ

4月28日に発売されるTarzan556号にも、
その他のシェイプ・アップ法が掲載されてありますので、
チェックしてみてください!

2010年04月26日

環境を浄化する植物「サンパチェンス」

今日の【アグリー・カルチャー】でピックアップしたのは…
環境を浄化する作用のある植物「サンパチェンス」。

学校や舗道の花壇に植えられているのを見たことがあるはず。
トロピカルカラーの元気な花は、吸収するCO2の量が
普通の植物よりも多いことから、環境にやさしい植物としても
注目されています。

「サンパチェンス」について詳しくは、開発したサカタのタネのページから!

コンパニオン・プランツ

春になって家庭菜園を始めたという方も多いのではないでしょうか。
そこで今日ご紹介したのは、注目を集めている栽培法、
「コンパニオン・プランツ」!

一緒に育てることで、お互いに影響しあう植物の組み合わせの事を言います。
友好的な植物をそばに植えることで、
成長を促進したり、害虫を最小限にしたりすることが可能です。
これが、減農薬に繋がるということで、今、注目を浴びています。

今回、お話を伺ったのは、
川崎市、武蔵小杉駅から歩いて5分ほどの所になる園芸センター、
「東横園芸」の社長、鈴木正基さん。

オススメの組み合わせのひとつとして挙げられたのが、バジルとトマト。

イタリア料理でおなじみの二つの食材ですが、近くに植えることによって、
トマトを害虫から守り、成長を助け、さらに風味を良くするのだそうです。

コンパニオンプランツは、主にハーブとの組み合わせが多いのですが、
その中でもオススメなのが、コリアンダーとセージ。

コリアンダーですと、キャベツ・トマト・レタスなどに、
アブラムシ、コナガの防除に効果があります。

セージに関しては、キャベツ・トマト・ニンジン・ローズマリーなど、
これもアブラナ科の植物にモンシロチョウが卵を産み付けるのを防いで、
さらに風味を良くする効果があるそうです。

その他のコンパニオン・プランツの組み合わせについては、
東横園芸さんのホームページにも掲載されてありますので、
チェックしてみてください!

2010年04月23日

スポーツGOMI拾い!

今日の【エシコン】のキーワードは…
「スポーツGOMI拾い」!

「日本スポーツGOMI拾い連盟」代表の馬見塚健一さんに
お話を聞きました。

ゴミ拾いをスポーツ=競技として行う。
街がキレイになるというだけでなく、グループで参加することで
チームワークが強くなったり、自分たちの暮らしの中で出しているゴミを
身近に感じられることになりそうです。

近い日程だと、5月22日(土)に横浜駅東口で開催!
詳しい活動については「日本スポーツGOMI拾い連盟」のサイトで!

2010年04月22日

4月22日は「アースデイ」!

今日、4月22日は「アースデイ」です。

1970年4月22日にはじまり、現在180ヶ国、5億人が参加する
大ムーブメントにまでなった「アースデイ」
アースデイネットワーク代表のキャサリーン・ロジャースさんにお話を聞きました。

キャサリーンさんのお話にあった「毎日がアースデイ」
この日1日に限らず、私たちの日々の何気ない行動を見直すことで
環境問題を身近に感じられるようになったらいいですよね。

「アースデイネットワーク」のサイトの右下から
あなたが取り組んでいるエコロジーな活動、書き込んでみて下さい!

2010年04月21日

ビーチクリーン

今日の【エシコン】のキーワードは…
「ビーチクリーン」!

先月、「自然教室Vol.2」でもお世話になりました、
「財団法人 かながわ海岸美化財団」の、
小川昌三さんにお話を伺いました。

神奈川県内の海岸には、様々なごみが捨てられています。
かながわ海岸美化財団の方々がこれらのゴミを処理していますが、
その年間処理量は、少ない年で約3500トン、多い年で13000トンもの量になります。
13000トンとは、鎌倉の大仏の重さで換算すると約108体分にもなるのだとか…。
これだけ沢山のゴミによって、海が汚されてしまっています。

そして、海岸にあるゴミの約7割は、河川から流れてきたもの。
つまり、海岸で捨てられたゴミだけではないのです。

近年では、年間に13万人以上もの人が海岸美化活動に取り組んでいます。

かながわ海岸美化財団では、清掃に必要なごみ袋の提供、
ごみの回収、清掃用具の貸し出し等のサポートを無料でしています。

ビーチクリーンに興味がある方は、かながわ海岸美化財団のHPをチェック!

2010年04月20日

世界一周キャッチボールの旅

今日の【エシコン】のキーワードは…
「世界一周キャッチボールの旅」!

今日は野球です!

現在、ケニア在住で、
「世界一周キャッチボールの旅」を主催していらっしゃいます、
船見尚史さんにお話を伺いました。

E-ne!~good for you~の前身番組「GREEN OASIS」の参加型企画で、
リスナーのみなさんから使わなくなったグローブを募集、
二週間で55個集まりました!
そのグローブはアフリカに渡り、子供たちに現在も使われています。

アフリカでは現在、野球の道具が全般的に不足。
グラウンドもサッカー場しかない所がほとんどです。

日本は世界で一番の野球大国。
子供の頃に使っていたグローブ、今も家の片隅にありませんか?
そのグローブでアフリカの子供達に夢を与えることができるかもしれません。

世界一周キャッチボールの旅

2010年04月19日

サッカーシューズをいろんなものにリサイクル!

今日の【エシコン】のキーワードは…
「サッカーシューズのリサイクル」!

サッカーシューズをオシャレなサンダルにリメイクしたり
つぶれたサッカーボールをコインケースにする活動をしている
「SKIN PROJECT」に注目しました。

アートユニット「KOSUGE1-16」の土屋さんと
靴アーティストの靴郎堂本店の佐藤さんにお話を伺いました。

もともとは…
都内のユースサッカーリーグ(U-18)の優勝トロフィーがなくなった!
ということから依頼を受けて、トロフィーの制作から始めたという彼ら。
そこから、サッカーシューズで何かできないか?と試行錯誤して
靴のソールやつぶれたサッカーボールを使って新しいものに
生まれ変わらせているそうです。

「KOSUGE1-16」で展開している作品、活動はこちらでチェック☆


☆ プレゼント ☆

「SKIN PROJECT」のサッカーボールやコインケースの作り方が
載っている2010年3月からのカレンダーを、3名様にプレゼント!

ほしい!という方は…
メールアドレス ene@fmyokohama.co.jp
FAX 045-224-1019  です。

2010年04月15日

首都圏のアースデイ【4】 アースデイいのちの森

来週4月22日は、地球の未来を考えて行動する日「アースデイ」。
アースデイに合わせて各地でイベントが開催されます。

今週のエシコンは「首都圏のアースデイ」にクローズアップ!

4日目の今日は、「アースデイ東京2010」の会場、代々木公園のすぐお隣、明治神宮でのアースデイ!
「アースデイいのちの森」です。
こちらのイベント、なんと会場が神社!
都市の真ん中にある神聖な森の中で、
命が巡る母なる地球に感謝を捧げるイベント。
明治神宮の中をウォーキングしたり、
音楽や踊りの「奉納」と題して、森に聴かせるコンサートを行ったり…。
この機会にあなたも、地球への感謝の気持ちを伝えてみては?

4月17日(土)と4月18日(日)の二日間、会場は明治神宮で開催!
「アースデイいのちの森」についてはこちらから♪

2010年04月14日

首都圏のアースデイ【3】 第9回アースデイちば

来週4月22日は、地球の未来を考えて行動する日「アースデイ」。
アースデイに合わせて各地でイベントが開催されます。

今週のエシコンは「首都圏のアースデイ」にクローズアップ!

3日目の今日は、千葉県でのアースデイ!
「第9回アースデイちば」です。
千葉の食材を使った料理やパンなどの屋台、フェアトレードの雑貨、
親も子も一緒になって楽しめる、ひとつの時間を共有できる…
そんな場になりえるのもアースデイのいいところ。
ノルディックウォーキングや楽器作りなどのワークショップもありますよ。

4月25日(日)、会場は海浜幕張公園で開催!
「アースデイちば」についてはこちらから♪

2010年04月13日

首都圏のアースデイ【2】 2010 アースデイ in 調布「江戸から学ぶ粋(ECO)な暮らし」

来週4月22日は、地球の未来を考えて行動する日「アースデイ」。
アースデイに合わせて各地でイベントが開催されます。

今週のエシコンは「首都圏のアースデイ」にクローズアップ!

2日目の今日は、東京・調布でのアースデイ!
2010 アースデイ in 調布「江戸から学ぶ粋(ECO)な暮らし」です。

江戸時代の暮らしには、エコがいっぱいだった!
生活の中で使う道具の大半を直しては再利用するシステムが
確立されていた当時の「もったいない精神」を身近に感じられます。
「組み紐」や「手ぬぐいの歴史と使い方」「箸の歴史」など…

5月8日(土)、会場は調布市役所前の庭で開催!
「アースデイ in 調布」についてはこちらから♪

2010年04月12日

首都圏のアースデイ【1】 アースデイ湘南2010 WALOHA 海の大運動会

来週4月22日は、地球の未来を考えて行動する日「アースデイ」。
アースデイに合わせて各地でイベントが開催されます。

今週のエシコンは「首都圏のアースデイ」にクローズアップ!

初日の今日は、ここ神奈川のアースデイ!
「アースデイ湘南2010 WALOHA 海の大運動会」です。

砂浜は最高の運動場!午前中は皆でビーチクリーンをして会場づくり、
ビーチ相撲をしたり、宝探し、ビーチフラッグス、砂の造形…
と様々な競技に子どもから大人まで一緒になって取り組みます。

ビーチクリーンをするところから始まり、砂の上で裸足になって競技する。
海を取り巻く環境を肌で感じることで、自然について考えるきっかけに
なるのではないでしょうか?

4月29日(木・祝)、会場は片瀬海岸東浜海水浴場。当日参加OK!
「アースデイ湘南2010 WALOHA 海の大運動会」についてはこちらから。

2010年04月09日

大学環境サークル公開「生」勧誘! 【5】女子美術大学「にこぷん」

今週の【エシコン】は特集でお送りします!
入学おめでとう企画!大学環境サークル公開「生」勧誘スペシャル!

環境に関わる活動をしているサークルの学生が
生放送で新入生リスナーを勧誘しちゃおう!という企画です。

最終日の今日は、女子美術大学「にこぷん」代表の篠原桂奈さんが登場!

相模原市のダチョウ牧場の卵の殻を使って植木鉢を作る「オストリッチーズ」
街を散策して街の魅力を再発見・共有する「GM(グリーンマップ)」
大学の敷地で綿を育てて収穫、作品にする「ワタケン」
の3つのグループがそれぞれの活動をしています。

アートとエコロジーの融合!ものをつくる学生だからこそ
そして、アートを通して伝えることで、発信できることがあるはずです。
女子美の「にこぷん」要チェックです☆

2010年04月08日

大学環境サークル公開「生」勧誘! 【4】インカレ環境サークル「Forest Nova☆」

今週の【エシコン】は特集でお送りします!
入学おめでとう企画!大学環境サークル公開「生」勧誘スペシャル!

環境に関わる活動をしているサークルの学生が
生放送で新入生リスナーを勧誘しちゃおう!という企画です。

4日目の今日は、複数の大学の学生が一緒になって活動している
インカレ環境サークル「Forest Nova☆」代表
麻布大学の神宮理沙さんが登場!

相模原市にキャンパスを構える麻布大学の学生を中心に
相模湖の近くの森を、地元のNPOや林業を営む人たちと一緒になって
手入れを実施。手入れで出た間伐材を使ったワークショップなど
森の現状についていろんな人に知ってもらう活動も繰り広げています。

来週4月15日(木)には入部希望メンバーへの説明会を開催。
詳しくは「Forest Nova☆」サイトでチェック!

2010年04月07日

大学環境サークル公開「生」勧誘! 【3】東京都市大学「TCU横浜祭」運営委員会

P1050247.JPG

今週の【エシコン】は特集でお送りします!
入学おめでとう企画!大学環境サークル公開「生」勧誘スペシャル!

環境に関わる活動をしているサークルの学生が
生放送で新入生リスナーを勧誘しちゃおう!という企画です。

3日目の今日は、昨日も登場してくれた東京都市大学の
学園祭「TCU横浜祭」運営委員会から3人の運営メンバーが登場♪

(左から)
広報部長の砂川さん、管理部員の臼井さん、企画部長の真野さん

TCU横浜祭では、CO2を削減するカーボンオフセットに取り組んだり
廃油を使ったエコキャンドル作りのワークショップを行うなど
楽しみながら学べるイベントもたくさん♪

開催は6月5日(土)・6日(日)!
詳しくは「TCU横浜祭」公式ホームページでチェック☆
運営メンバーもまだまだ募集中ということです!

2010年04月06日

大学環境サークル公開「生」勧誘! 【2】東京都市大学「Green Days」

今週の【エシコン】は特集でお送りします!
入学おめでとう企画!大学環境サークル公開「生」勧誘スペシャル!

環境に関わる活動をしているサークルの学生が
生放送で新入生リスナーを勧誘しちゃおう!という企画です。

2日目の今日は、東京都市大学 環境サークル「Green Days」から
代表の高江浩平さんが登場!

高江さんの後ろには10人くらいのメンバーが控えてオンエアに
臨んでいただいたということで、メンバーの仲の良さも伺えました。

6月と11月に開催される学園祭で、ゴミの出ないたこ焼きを販売したり
(お皿はえびせん、つまようじの代わりにプリッツ)
ゴミの分別回収を指導したり、そして4月には毎年恒例の
大学構内の保全林で地元の人とタケノコ掘りを行うなど…
環境について楽しみながら取り組んでいるようです。

さすが、サークルのテーマが「ENJOY ECO」という
Green Daysの活動についてはこちらでチェック♪

2010年04月05日

大学環境サークル公開「生」勧誘! 【1】慶應義塾大学「E.C.O.」

今週の【エシコン】は特集でお送りします!
入学おめでとう企画!大学環境サークル公開「生」勧誘スペシャル!

環境に関わる活動をしているサークルの学生が
生放送で新入生リスナーを勧誘しちゃおう!という企画です。

初日の今日は、慶應義塾大学 環境サークル「E.C.O.」から
日吉キャンパス代表の内田ユリさんが登場!

6つのプロジェクトで構成。その中の一例として…
昨年6月から大学生協のレジ袋に1枚10円の有料化を導入した
「レジ袋削減プロジェクト」や、生協で販売されている
お弁当容器をフィルムをはがして回収・再利用したり…と
学生生活に密着した活動をメインで展開している「E.C.O.」。

1、2年生が通う日吉キャンパスでの活動を他のキャンパスにも
イベントの時だけでなく日常的に普及していきたい!とあつ~く
語ってくれた内田さん。まずは部室をのぞいてみては?
慶應義塾大学 環境サークル「E.C.O.」のホームページをチェック☆

2010年04月02日

直売所を巡る旅【5】 平塚市「あさつゆ広場」

今週の「エシコン」は特集!
神奈川県の地産地消を探して…農作物の直売所を巡る1週間!

最終日の今日は、平塚市の「あさつゆ広場」。
先月3月14日にオープンしたばかりの新しい直売所です。
湘南ということで、漁師さんが水揚げしたままの鮮魚も並ぶんだとか!

県産のブランド牛乳「おれたちの牛乳」を使ったジェラートや
5年がかりかけて開発された芋焼酎「くりまさり」といった
ここでしか味わえないものを販売されています。

今週は直売所にクローズアップしてお届けしました。
全国にある直売所の数は14000箇所。実はコンビニの数よりも多い!
食料自給率を上げるために国産の食材は身近なところにあります。

2010年04月01日

直売所を巡る旅【4】 秦野市「はだのじばさんず」

今週の「エシコン」は特集!
神奈川県の地産地消を探して…農作物の直売所を巡る1週間!

4日目の今日は、秦野市の「はだのじばさんず」。
県内最大の売り場面積を誇る直売所で、今日もすでに
1000人もの人が訪れているそうですよ!
野菜が売り切れた場合には、生産者の人に追加で持ってきてもらって
「追加野菜」という看板が出るのだとか。これも直売所ならでは♪

最終日の明日は、平塚市の「あさつゆ広場」です!お楽しみに~

2010年03月30日

直売所を巡る旅【2】 小田原市「朝ドレファ~ミ♪」

今週の「エシコン」は特集!
神奈川県の地産地消を探して…農作物の直売所を巡る1週間!

2日目の今日は、小田原市の「朝ドレファ~ミ♪」。
この「朝どれふぁ~み」はなんと、神奈川でもまだ希少価値が高い
湘南ゴールドの直売を行っているそうですよ!
複数の生産者が作った湘南ゴールドが並ぶため、甘いものがあったり
すっぱいものがあったり、好みの一品を見つけて下さいね♪

明日は、海の幸が揃う「三崎の朝市」です!お楽しみに~

2010年03月29日

直売所を巡る旅【1】 寒川町「わいわい市」

今週の「エシコン」は特集!
神奈川県の地産地消を探して…農作物の直売所を巡る1週間!

初日の今日は、寒川町の「わいわい市」。
休みの日には1000人以上の人が訪れるとのこと!
それでも売れ残った野菜は、生産者の人が持ち帰って
常に鮮度の良いものを並べているそうです。

明日は、小田原市の「朝ドレファ~ミ」です!お楽しみに~

2010年03月26日

世界中が一斉に電気を消す「EARTH HOUR」

今日のキーワードは「EARTH HOUR」。

世界中で同時に電気を消して、地球温暖化の防止に
はたらきかけるアクションです。世界各国の現地時間で
明日3月27日(土)の夜8時30分から9時30分に実施されます。

日本では、東京タワーや広島の原爆ドームなども消灯するとのこと。
この意思表示に参加してみてはいかが?

WWFの「EARTH HOUR」のサイトで参加登録ができます。

2010年03月25日

横浜に眠る油田?!天ぷら油のリサイクル

今日の【エシコン】でピックアップしたキーワードは
「横濱油田」。

油田?!
というのも、家庭で使った後の天ぷら油を
軽油の代替燃料として活用することができるのだとか!
しかも排気ガスの臭いも天ぷら油の臭いになるとは…

参加したい!という方、横浜マリンタワーで回収しています。
何もしなければゴミになってしまう使用済み天ぷら油。
貴重な資源をみんなで活用しましょう♪

横浜マリンタワーのホームページをチェック☆
天ぷら油を回収する活動「TOKYO油田2017」についてはこちら!

2010年03月24日

直売所の未来

今日の【エシコン】で取り上げたのは
「直売所の未来」!

番組ではおなじみ、
経済評論家の平野和之さんにスタジオにお越し頂いて、
たっぷりとお話を伺いました!

現在、神奈川県に他県から訪れる観光客の数は1年間に1億人程度。
この数を増やすためのカギが、地域の特産物が新鮮な状態で揃う「直売所」!

今月14日にオープンしたばかりの、平塚の「あさつゆ広場」をはじめ、
県内の直売所は盛り上がりを見せています!
「安・近・短」、そして「安全・安心の食材」、これらのメリットを享受できる「直売所」。

大きな直売所や道の駅のような規模ですぐに行うことはできなくても、
例えば「歩行者天国での地産地消の市場」などが各地で増えると、街の活性化につながるはず!
地産地消ということでいえば、
「道の駅弁当」が出来ればヒットするはず…ともおっしゃっていました。

CIMG0289.JPG

2010年03月23日

エコな合コン♪「ecoコン」が話題に!

今日の【エシコン】で取り上げたのは
自然とふれあいながら合コン?!「ecoコン」をピックアップ!

「ecoコン」を手がけている株式会社エコブランドの代表取締役
東大史さんにお話を聞きました。

日本の国土の70%を占める森林保全がきっかけで始まった
ecoコンは、森を守るために必要な間伐作業を男女いっしょに
行うなどして親ぼくを深めるのだそう!これは面白そうですね♪

日帰りで参加できるecoコン、定期的に開催しているとのこと。
次回は4月17日(土)に開催予定です!
現在、男性の参加者はまだ空きがあるようですよ。

詳しくは、Human×Nature Project(ecoコン)のサイトで!

2010年03月17日

大学生が作るエコなフリーマガジン「サステコ」

編集も撮影もデザインも…全て大学生が作る
エコな情報を発信するフリーマガジン「サステコ」。

難しく捉えがちなエコロジーにまつわるニュースや話題を
大学生が大学生に向けて伝えているのがポイント。
同年代の感覚で訴求するという点では、

手に入れられる場所などは「サステコ」のホームページから!
4月に新メンバーを迎えて、次号は6月発行予定とのことです。

2010年03月16日

今日のエシコンは、世界のニュースをクイズで紹介!

今日のエシコンは、世界中で起こっているニュースをクイズで紹介しました。
お届けしてくれたのは、おなじみ雑誌「クーリエ・ジャポン」の冨倉さん。
冨倉さんは、今月から編集長になられました。

さて、今日取り上げた話題は「世界の食糧事情」

人口増加や気候変動、そして資源の乱獲や枯渇で、
将来の食糧問題は山積み。
そんな中から問題を、クイズを出題しました。

問題は
「イギリスでは、生産されたニンジンの何%が
お店に並ぶ前に捨てられているのでしょうか?」

A.24% B.58% C.92%

答えは、Bの58%

イギリスでは、生産されたニンジンのうち、なんと58%もが
何だかの理由で捨てられています。

その何だかの理由は、
・形、傷が商品に入っている。
・大量に収穫してしまい、値段が下がってしまう など
人間の身勝手な理由で捨てられてしまうんです。

日本では、一部のインターネットサイトなどで、
形、傷が入った野菜で食べても問題の無いものを
販売する取り組みも成されていますが、

まだまだ、先進国を中心に捨てられています。

このまま状態が続くと、
数十年後には、食べたいものが食べられなくなる時代が来るかもしれませんね。

今回の問題は、現在発売中のクーリエジャポン4月号に
特集が掲載されています。ぜひ、チェックしてください。

http://courrier.jp/

2010年03月15日

使わなくなった食器をリサイクル!「Re食器」

今日のキーワードは「Re食器」。
食器をリサイクルして新たな食器に生まれ変わるという
プロジェクトを手掛けている岐阜県土岐市の
「グリーンライフ21」の宮地伸明さんにお話を聞きました。

分別して回収された食器を粉砕して、粘土と混ぜ合わせて
食器として焼き直すのが「Re食器」です。
壊れてしまった食器、使わなくなった食器をリサイクルして
新たな食器に生まれ変わるというと、ステキなプロジェクトです!

欠けてしまったけど捨てられない、新生活で使わなくなる、、
そんな食器がご家庭にありませんか?

首都圏でも回収活動をしているNPO法人もありますので
詳しくは「グリーンライフ21」の公式ホームページをご覧ください。

2010年03月12日

国境なき楽団♪

おうちに使わなくなった「楽器」、ありませんか?

今日のエシコンでピックアップしたのは
使わなくなった楽器を海外におくる活動を行っているプロジェクト
「国境なき楽団」のHALさんにお話を伺いました。

小中学校で使っていたリコーダーやピアニカ。
使っていた愛着があって捨てられないけれど、もう使わないし…
という方、「国境なき楽団」が海外の子どもたちに送ってくれます。
あなたが使っていた楽器、海外の子どもたちもきっと同じように
ステキな音色を奏でてくれるはず♪

活動や送付先などは「国境なき楽団」のページでチェック☆

2010年03月11日

緑のカーテン栽培講座

へちまやゴーヤを窓の外にはわせて作る「緑のカーテン」!
3月25日(木)13時~横浜市南区の吉野町市民プラザで
開催されます。

当日参加OK!栽培方法を教えてもらえるのはもちろん、
ゴーヤの種、栽培方法のテキスト、レシピ集までもらえます!

4月末に植えると、夏にはエアコン要らずに涼しく過ごせますよ♪
どこよりも早く開催!ということなので、じっくりと準備も含めて
いろいろ教えてもらいましょう。涼しい!おいしい!楽しい!夏を♪

開催概要のまとまったチラシをこちらからチェック☆

2010年03月10日

4月17日(土)18日(日) アースデイ東京2010

今日ピックアップしたのは
4月22日に、東京の代々木公園で開催される
「アースデイ東京2010」について、アースデイ東京事務局
局長の中島悠さんにお話を聞きました。

今年は、アースデイ東京が開催されて10年目。
特に注目したいのは、「はじめる自給!プロジェクト」。

畑を開く開墾から始める「棚田チャレンジ」
種まきから始める「手前味噌チャレンジ」
お米づくりの田植えから始める「自然酒チャレンジ」
これは気になりますね♪

「アースデイ東京2010」公式ホームページも随時チェック☆

2010年03月09日

お金はないけど、アイデアはある!そんな人はチェック!

今日から【エシコン】でピックアップしたキーワードは
「E-IDEA コンペティション」。

世界のエコニュースを発信しているサイト、greenzのライター
小野裕之さんに紹介して頂きました。

文字通り、良いアイデアを募集しているコンテスト。
18~35歳の方であれば、だれでも応募OKです!

詳細は、主催しているブリティッシュカウンシルのサイトでチェック☆
greenzで「E-IDEA コンペティション」を取り上げたニュースはこちらから。

2010年03月08日

オーガニックコンシェルジュの岡村貴子さん

okamura.JPG

今日のキーワードは「オーガニックビューティー」
オーガニックコンシェルジュの岡村貴子さんにがスタジオに登場♪

有機的なものを採ればいい!というだけではない、
個々人にあったオーガニックとの触れ合い方について
お話し頂きました。

目からウロコだったのが、お肌の調子を良くするのに
即効性があるのは化粧品よりも「食べ物」から!ということ。
やはり、カラダの中から、なんですね~

この春から、岡村さんが講師を務める講座も開講されます。
一人ひとりのライフスタイルに合わせて学べるオーガニック。
こちらもぜひチェックしてみて下さい♪

2010年03月05日

Jリーグチームのイーネ!

今週の【エシコン】は、サッカーJリーグ開幕直前特集!
Jリーグチームのイーネ!な取り組みについて
ピックアップして紹介しています。

1日(月)
ヴァンフォーレ甲府

2日(火)
湘南ベルマーレ

3日(水)
横浜Fマリノス

4日(木)
川崎フロンターレ

5日(金)
横浜FC

2010年02月26日

かながわ Food Touism

食文化を体験する観光「かながわ Food Tourism」
詳しくはこちらから☆

神奈川県内で採れる食材の「生産者」と「消費者」をつなぐ
場でもあるこのツアー。地産地消にぐっと近づくことができそうです♪

2010年02月24日

車に乗る人が取り組めるエコとは?

P1050095.JPG

今日の【エシコン】では…

車に乗る人がお金を使わずに、いかにエコに貢献できるか?
というテーマで、経済評論家の平野和之さんに聞きました。

例えば…
☆今使っているガソリンを、バイオガソリンに変える
☆タイヤを買い替えるときに「エコタイヤ」にする

車もそうですが、普段の生活の中で代替できることで
CO2削減につながることもたくさんある、ということでした。

神奈川県内でバイオガソリンを販売しているガソリンスタンド
↑こちらからチェック☆

※エコな生活を実践されている平野さん
スタジオに来られるたびにスリムになっていく…
ベルトのサイズが穴3つ分もサイズダウンしたそうです♪

2010年02月22日

自然の恵みを「自宅で」実感できる野菜栽培キット!

これから温かくなってくる季節♪
この春は家庭菜園を始めようかな…と思っている人に!

ランドスケープデザイン事務所「YARD」の梅津収一さんが
手がけた、自然の恵みを「自宅で」実感できる野菜栽培キット!
エコバッグのような布の容器に、土、種、説明書が入った
これひとつあれば、自宅で家庭菜園を始められるスグレモノ♪

気になる!という方は「空想生活」のサイトへ。

2010年02月17日

打楽器奏者 山口ともさんのスタジオへ♪

CIMG0256.JPG

CIMG0258.JPG

CIMG0268.JPG

今日は、NHK教育テレビ「ドレミノテレビ」出演時に
“ともとも”の愛称でおなじみの、打楽器奏者の山口ともさんに
お話&そして楽しい「音」を聴かせて頂きました♪

ともさんのスタジオには、ゴミとなるものを生かして作った
楽器がたくさん!いろんな音色を奏でていました。

2010年02月16日

有機野菜の達人!ポラン広場東京 佐藤昌紀さん

s-P2160073.jpg

今週の【エシコン】は、エコ対談スペシャル!
毎日スペシャルなエコに通じる達人とMITSUMIが
地球、ココロ、カラダにイーネ!な対談を繰り広げます。

今日は、有機野菜の達人!有機野菜を中心として
生産・流通・販売・消費…のネットワークを組んでいる
NPO法人「ポラン広場東京」事務局長の佐藤昌紀さん。

佐藤さんのお話にもあった「野菜がどんなふうに育ったか…
普段、私たちが食べている野菜のことを知ってほしい」という言葉。

☆野菜を育てるために使っている農薬の量を示す「慣行レベル」
☆国内自給率が40%ほどと言われる日本では、野菜の自給率は80%
 ただ、それを育てるために使われている肥料は海外のものが多い。
☆「無農薬は結果」「有機はプロセス」

など…深い言葉がたくさん出てきました。

NPO法人「ポラン広場東京」では
有機野菜の宅配サービスがお試しできるとのことです!

2010年02月15日

食生活の達人!サンプラザ中野くん登場☆

P1050088.JPG

今週の【エシコン】は、エコ対談スペシャル!
毎日スペシャルなエコに通じる達人をスタジオに迎えて
MITSUMIと対談を繰り広げます。

初日の今日は、ベジタリアン生活を実践している
サンプラザ中野くんが登場☆

体調を崩してから野菜、そして穀物が中心の食生活を
心がけているということで、色々なお話を聞かせてくれました。
ベジタブルの「V」サインを決めてパシャリ☆

サンプラザ中野くんのtwitterもぜひフォローしてみては?!
http://twitter.com/spnk

2010年02月12日

古紙リサイクル最前線。横須賀で行われている取り組み

今週の【エシコン】では、私たちの生活に欠かせない
「紙」をフィーチャーしました。

一般的には、地方自治体で行っている古紙リサイクル。
それが、横須賀市では以下の3つの方法で行われているんです。

1、横須賀市資源回収協同組合
2、町内会(市民が主体)
3、業者(民間の企業)

この三社がバランスを保てているのが、横須賀市での取り組みです。

横須賀市資源回収協同組合のホームページはこちらから!

2010年02月11日

「ぞうさんペーパー」とは?

今週の【エシコン】では、私たちの生活に欠かせない
「紙」をフィーチャー!

今日は、なんとスリランカの象のふんを活用した紙
「ぞうさんペーパー」をピックアップしました。
株式会社ミチコーポレーションの代表、
植田紘栄志さんにお話を聞きました。

象のふんから繊維を取り出し、手すきで仕上げるとのこと。
ワシントン条約により、象の派生物の輸入が規制されており、
当初輸入も困難を極めたものの、日本でも全国の動物園
(ズーラシアなど)でも扱っているようですよ。

「ぞうさんペーパー」はオンラインショップでも購入可能です。

2010年02月10日

梅干の種を利用した紙!

今週の【エシコン】では、私たちの生活に欠かせない
「紙」をフィーチャー!

今日は、梅干の種を利用した紙「梅炭クレープ紙」を作っている
山陽製紙株式会社、企画営業部の辰巳和久さんに聞きました。

産業廃棄物となっていた梅干の種を炭にして
紙に混ぜ込んで作ったのがこの「梅炭クレープ紙」。

梅干の種を炭にすることで、消臭効果、調湿効果が!
靴を購入した際に入っている紙や、スーツカバーに利用されており
今後の「梅炭クレープ紙」の展開にも注目です!

2010年02月09日

「バナナペーパー」とは?!

今週の【エシコン】では、私たちの生活に欠かせない
「紙」をフィーチャー!

今日は、いろいろな素材で紙を作っている
優良パルプ普及協会の代表、榮京子さんにお話を聞きました。

まず紹介して頂いたのは、バナナペーパー。
バナナの木の茎の繊維を使って作る紙。

その他にも、使い古した体操服を使って卒業証書を作った例など
紙への挑戦を続けているとのこと!

優良パルプ普及協会のホームページで
どんなものが紙になるのか、チェックしてみては?

2010年02月08日

紙の専門商社「竹尾」

今週の【エシコン】では、私たちの生活に欠かせない
「紙」をフィーチャー!

初日の今日は、紙の専門商社「竹尾」の取締役
竹尾雄一さんにお話を伺いました。
9000種類もの紙を扱っている竹尾では、
木材紙から非木材紙まで、多岐にわたります。

「木を切って紙にする」というと、良くないイメージを抱きがちですが
管理された森から切り出した分だけ植樹したり、
森が育つために必要な間伐で出た木材を利用したり
環境面への配慮もなされています。

東京・神田錦町の竹尾のショールームで紙を触ってみては♪

2010年02月05日

間伐材を応援する用紙!

今日の【エシコン】でピックアップしたのは
間伐材を生かした紙を普及する活動をしているNPO法人
オフィス町内会の「間伐支援費付き印刷用紙」でした。

4月から本格的に始動していくとのこと!
NPO法人オフィス町内会のホームページからチェック☆

2010年02月02日

締切間近!川崎市の体験型農園 利用者募集

今日の【エシコン】では
川崎市の体験型農園の利用者募集の話題を取り上げました。

今年3月~来年1月までの約1年間、農家の方と一緒に
レクチャーを受けながら農業を体験できるので
まったくの初心者という方にもうれしいですね☆

これまでの参加者の方からも「野菜嫌いの子どもが
野菜を食べるようになった!」という声も。

詳細は平成22年度体験型農園利用者募集のページから!

2010年02月01日

川崎から世界へ!川崎国際環境技術展2010

最新の環境技術を集結!

今日の【エシコン】では、今週4日(木)から
川崎市のとどろきアリーナで開催される
「川崎国際環境技術展2010」をピックアップしました。

あなたの近所の企業も、世界に通じる環境技術を
担っているのかも?!電気自動車の充電体験やエコツアーなど
一般の方でも楽しめる催しものもあるようですよ!

「川崎国際環境技術展2010」の公式サイトをのぞいてみよう☆

2010年01月29日

アウトドア女子は要チェック☆バンブールナ

今年のアウトドアファッションのテーマにもなった「もこふわ」。
中目黒にあるアウトドアショップ「バンブールナ」の店長
立石さんにおすすめファッションを聞きました。

オシャレもアウトドアも楽しみたい!という女性の皆さん♪
初心者にもうれしいアイテムも揃う「バンブールナ
ぜひチェックしてみては?


2010年01月28日

2010年注目のエコキーワード「生物多様性」

P1280023_360.jpg

今年10月には名古屋で国際会議が開かれ
注目度がアップしているキーワード「生物多様性」について
分かりやすく教えてくれるゲストをお迎えしました。

「企業のためのやさしくわかる生物多様性」という本の著者
有限会社チェンジ・エージェントの代表取締役
小田理一郎さんにお話を聞きました。

多くの生物が生きている地球上、人間もその一種であり
生態系に影響を与えていることを知ると…
普段の生活の心がけられることを探したくなります。

小田さんの著書「企業のためのやさしくわかる生物多様性」
を読んでみることもオススメです。

2010年01月22日

書き損じ年賀はがきキャンペーン

書き損じた年賀はがき、お宅や職場にありませんか?
投函していないものであれば、書き損じたもの、印刷したものや
古い額面のもの、切手…1枚、1円分からOK!
南アジアの子どもたちの教育支援につながります。

国際協力NGOシャプラニールまで送ってみては?
封筒に入れて梱包した状態で、郵送などでお送り下さい。


〒169-8611
東京都新宿区西早稲田2-3-1
シャプラニール「ステナイ生活」 まで


国際協力NGOシャプラニールの活動はこちらから!

2010年01月20日

国会で決まるエコなことって?

今日の【エシコン】でピックアップしたのは
先日始まった国会で決まるエコなこととは?
逗子市在住、経済評論家の平野和之さんに聴きました。

CIMG0243.JPG

例えば…平野さんの提案では

☆昨年の国会では、「家庭の太陽光発電で作られた電気は
これまでの2倍で買い取る」という法案が通りましたが、
これを3倍、4倍で買い取ることで、ソーラーパネルを普及させていく。

☆高速道路無料化も、全ての自動車に適用するのではなく
エコカーに限定することで、エコカー所有者のメリットとして
広げていく。

など。国民主体で提案できるような社会になればいいのにな~
なんて考えてしまいます。
今後の国会も、エコな観点で見てみるのもいいかもしれません。

2010年01月18日

聞いたことありますか?「木育」

今日の【エシコン】のキーワードは「木育」。
MY LOHAS編集長の畠山真由さんに聞きました。

木に触れたり、木材でできたおもちゃに触れることで
「木」と暮らしとのかかわりを知ること…

東京・四谷三丁目にある「東京おもちゃ美術館」は
身近に木のおもちゃに触れられる場所。
廃校を改装して美術館になったという点も興味深いです◎

畠山さんのオススメは、木でできたおままごとのセット!
お皿やスプーンまで全てが「木」で作られたもの。
親子で触れるのも楽しそうですね☆

働く女性の暮らしを応援するウェブサイト
MY LOHAS」もチェック!

2010年01月14日

日本を変えるかもしれない、5人の学生エコザムライ

s-P1140006.jpg

今週のエシコンは「日本の未来を変えるかも知れない、5人のエコザムライ」を紹介しています。

木曜日の今日は、産学連携活動で地域ブランドの商品を作ったサムライガールを
小城明日香さんをスタジオにお迎えしました。

「ひらつかスティックカレー」、この商品にたどり着くまでの
アイデアの数々。本当に未来を変えるかも知れませんね。

今後の活躍に注目です。

小城さんが通う産業能率大学はこちらからです。
http://www.sanno.ac.jp/

日本の未来を変える、5人の学生エコザムライ

s-P1120001.jpg

今週のエシコンは、「日本の未来を変える、5人の学生エコザムライ」と題して、
お送りしています。

火曜日は神奈川工科大学の岩城さんをお迎えしました。

車いすを修理して、世界へ贈る。すごい活動です。

ぜひ、今後のサークル活動にも注目です。

神奈川工科大学のウェブはこちらからです。
http://www.kait.jp/

2010年01月08日

エコな資格【5】 かながわ検定

今年、第1週目の【エシコン】では
2010年はエコな資格を取ろう!ということで
自然にやさしい、エコな資格を大特集!!

最終日の今日は、ご当地検定「かながわ検定」をピックアップ!

かながわ検定には「神奈川ライセンス」と「横浜ライセンス」の
2本があり、「自然・環境」「歴史」「政治・経済・交通」「社会」
「生活・文化」「観光・もてなし」の6つの分野から出題されます。

その中の「自然・環境」の分野では、神奈川の自然や
絶滅の危機にある動植物に関する問題が出るのだそう。
普段の生活の中でも学べる&役に立つトピックスも♪

次回「横浜ライセンス」は3月に開催。
検定の内容などは「かながわ検定」のサイトからチェック!

2010年01月07日

エコな資格【4】 環境カオリスタ

今年、第1週目の【エシコン】では
2010年はエコな資格を取ろう!ということで
自然にやさしい、エコな資格を大特集!!

4日目の今日は、「環境カオリスタ」をピックアップ!

カオリスタ…名前からも分かるように、植物やその香り、
地球環境に関する検定なのだとか。

検定を主催している、社団法人日本アロマ環境協会は
「アロマテラピー検定」も主催。「環境カオリスタ」は
在宅で受けられる検定というところもポイント。

3月末までは毎月、申込み締切が設けられているとのこと。
検定の詳細は社団法人日本アロマ環境協会のサイトで!

2010年01月06日

エコな資格【3】 eco検定

eco-people_img_large.gif

今年、第1週目の【エシコン】では
2010年はエコな資格を取ろう!ということで
自然にやさしい、エコな資格を大特集!!

3日目の今日は、最近注目度の高い「eco検定」をピックアップ!

今の時代を語るのに外せないキーワード「エコロジー」。
資格を取るために勉強するというよりも、日々のニュースや
時事の動きなどにも理解が深まるというメリットも!

eco検定合格者は「エコピープル」として活動を支援したりなど
身近な生活に活かせそうな検定ですよ。

次回の検定は7月!半年かけてエコピープル目指しちゃう?!

2010年01月05日

エコな資格【2】 森林インストラクター

今年、第1週目の【エシコン】では
2010年はエコな資格を取ろう!ということで
自然にやさしい、エコな資格を大特集!!

2日目の今日は「森林インストラクター」をピックアップ!
全国森林インストラクター会の蒲沼 満さんにお話を聞きました。

この「森林インストラクター」は、
森での楽しみ方や遊び方を指導する人に与えられる資格。
人と森を近づける「森の理解者」としての役割を担うのも
森林インストラクターに今後求められるのでは、とのこと。

20歳以上の方ならだれでも受験できる「森林インストラクター」
最近では50代以上の方の割合も増えているのだそうです。
全国森林インストラクター会のサイトでチェックしてみては?

2010年01月04日

エコな資格【1】 ネイチャーゲームリーダー

今年、第1週目の【エシコン】では
2010年はエコな資格を取ろう!ということで
自然にやさしい、エコな資格を大特集!!

1日目の今日は「ネイチャーゲームリーダー」をピックアップ!

身近にできるネイチャーゲームだと、例えば
自然から聞こえる音を数える「音いくつ」などなど。
特別な知識がなくても、自然の持つさまざまな表情を
楽しめるのが、ネイチャーゲームです。

一人ひとりが持っている五感を使って自然を体験する、
その「つなぎ役」となるのが、ネイチャーゲームリーダー。

近隣でもネイチャーゲームリーダー養成講座が開講されます。
講座は3日間のスケジュールで、日程・会場などは
社団法人 日本ネーチャーゲーム協会のサイトからチェック!

2010年01月01日

2010年注目のエコ・キーワード!

今年最初の【エシコン】でピックアップしたのは
2010年、注目のエコ・キーワード
ビジネス情報誌「オルタナ」編集長の森摂さんに聞きました。

新たな「ジュウ・コウ・チョウ・ダイ」とは…

「柔」…柔らかいテクノロジー
    ナノテクやバイオなど、日本の得意分野でリードする
「高」…高付加価値
    農業、林業、水産業など第一次産業の価値を上げていく
「超」…枠組みを超えた製造設計
    公共事業をよりグリーンなものに変えていく
「代」…代替エネルギー
    風力や太陽光エネルギーなどに代替していく

2010年も【エシコン】では、ココロにカラダに地球にイーネ!な
キーワードをピックアップしていきます。

2009年12月30日

2009年エコ大総括 ~国内編~

今日の【エシコン】では、2009年のエコトピックスを大総括!
経済評論家の平野和之さんにお越しいただきました。

2009年のエコキーワードとして挙げて頂いたのは「エコカー」。
平野さんご自身も今年、ハイブリットカーを購入されて
エコライフを実践中とのこと。


今年から取り組んだジョギング効果で、体型にも変化が?!

↓ こちらが、11月9日にゲストでお越しいただいたときの写真

KIF_1965.JPG

↓ そして、こちらが今日!!

P1050025.JPG

腕に光る腕時計も、エコな時計なのだそうですよ☆

2009年12月29日

残った料理を持ち帰れる「ドギーバッグ」

今日の【エシコン】でピックアップしたのは「ドギーバッグ」!

横浜国際ホテルなどを経営する「国際ホテル」で始まった
残ったお料理を持って帰れる「ドギーバッグ」サービスについて
横浜国際ホテルの総支配人の佐藤利彦さんに聞きました。

残ったものを持って帰れる!
食べ残しを減らすことがエコにもつながる!
一石二鳥がうれしいこのサービス…日本ではこちらが初。

国内でももっとサービスが身近になるといいですね。
「国際ホテル」系列のホテルを利用する機会にはぜひチェックを☆

2009年12月28日

クラシック音楽を聴いて育った日本酒?!

今日の【エシコン】のコーナーでピックアップしたのは
モーツァルトのクラシック音楽を聴いて醸造したお酒を
ピックアップしました!

秦野市にある「金井酒造店」の蔵元、佐野英之さんに
お話を伺いました。クラシックが胎教にも良いように、
音楽を聴かせることで、まろやかな味に仕上がるそうですよ♪

年内は大みそ日31日、夕方5時まで営業している
金井酒造店」年末年始の贈り物にもいかがでしょうか?

2009年12月24日

鎌倉・稲村が崎の中古家具ショップ「R」

今日の【エシコン】でピックアップした
鎌倉・稲村が崎の中古家具や雑貨を扱うショップ「R」!

江ノ電の線路の目の前にある、古民家を改装した佇まい…
ガラスの小物や、味のある家具が並んでいます。

お店は2つあります。
木でできた家具がメイン、渋いセレクトの「R」と
鉄製の家具やペンキ仕立てのポップな雰囲気の「R2」。

隠れ家を探検するような、そんな気分も味わえますよ♪

http://r-kamakura.com/intro.html

2009年12月23日

イーネ!なものが揃ったショップ「ecomo」!

クリスマスイブイブの今日の【エシコン】で紹介したのは
先日、MITSUMIも取材で行ってきた
藤沢のエコなショッピングモール「ecomo(エコモ)」!

イーネ!でもぜひオススメしたい「ecomo」
最寄駅は辻堂。お休みで近くに行く!という方
クリスマスギフト探しにもピッタリ?!

2009年12月18日

ハンドメイドクリスマス☆蔭山はるみさん

「エコクリ」と題してお届けしてきた今週の【エシコン】
最終日の今日は「ハンドメイドクリスマス」☆

ハンドメイドクリエイターの蔭山はるみさんにお話を伺いました!

今日紹介したのは、身近でカンタンな素材や
道ばたに落ちている木の実や葉っぱを使ってできる
クリスマスのデコレーション!

CIMG0226.JPG

CIMG0239.JPG

CIMG0241.JPG

蔭山さんのホームページやブログでもアイデアが紹介されています。
こちらもチェック~♪

http://www.kageyamaharumi.com/

http://mytane.exblog.jp/

2009年12月15日

「MY LOHAS」編集長・畠山さんオススメの「エコクリ」プレゼントは?

今日の【エシコン】のコーナーは、クリスマススペシャル!

「エコクリ」と題して、エコでイーネ!なクリスマスを提案。
今日登場してくださった「MY LOHAS」編集長の畠山真由さんの
クリスマスプレゼントにもオススメのアイテムは…

「ソイキャンドル」!

大豆などのオーガニック素材で作られていて
石油でできているパラフィンを使わないのでエコロジー♪

働く女性のためのリアルビューティ・パーフェクトガイド
「MY LOHAS」要チェックですよ!

2009年12月14日

green drinks Tokyo Xmas Special☆

今日の【エシコン】のコーナーで紹介したのは
エコなパーティー「green drinks」のクリスマススペシャル!

世界のエコトピックスを発信しているウェブマガジン
greenzが、毎月第3木曜日に開催しているエコなパーティー!

あなたも参加できますよ!

1ピース欠けているで寄付にもなる「LOVE CAKE PROJECT」
ケーキが振舞われたり、緑色のものを身につけてエコ仮装♪
クリスマスツリーも皆で持ち寄り♪エコな仕掛けが盛りだくさん☆

『green drinks Tokyo Xmas Special』
日時: 12月17日(木)19:00開場 19:30開演 22:30閉会
場所: Tokyo Family Restaurant(渋谷駅より徒歩7分)

詳しくはこちらから↓

『green drinks』  http://greenz.jp/greendrinks/
『LOVE CAKE PROJECT』  http://www.worldvision.jp/involve/lovecake.html

2009年12月11日

コペンハーゲンで開催中の会議「COP15」

今日の【エシコン】でピックアップしたのは
今週月曜日にデンマーク・コペンハーゲンで始まった
地球温暖化対策の未来を決める会議「COP15」!

オープニングセレモニーで上映された、デンマーク政府が作成した
ショートムービーが流されました。

http://www.youtube.com/watch?v=NVGGgncVq-4

温暖化、ひとごとじゃないですね!
「COP15」は来週18日まで開催中です。

2009年12月10日

2009年アウトドア総決算!「ボルダリングジム」

今日の【エシコン】のコーナーでは
2009年に流行したアウトドアを総決算!
雑誌「BE-PAL」編集長の酒井直人さんに聞きました。

その中でも、今年を象徴したのが「ボルダリングジム」
フリークライミングの一種。首都圏を中心に広がりを見せている
このスポーツ、来年は更に流行するのでは?!

その他、2009年のアウトドアのキーワードをおさらいするなら
今日発売の「BE-PAL」最新号をチェック!

2009年12月09日

いよいよ明日開催「エコプロダクツ2009」!

13時台の【エシコン】で紹介した
日本最大級の環境イベント「エコプロダクツ2009」!
開催直前!グリーンナビゲーターの中島悠さんにお話を聞きました。

見どころをピックアップしてガイドしてくれる「会場内エコツアー」は
誰でも当日参加OK!いわゆる企業の展示会とは違った
家族や友達同士でも楽しめる展示会です☆

ぜひオススメしたいのが「ゴミゼロ大作戦」というプログラム!
着なくなった洋服を持ち寄って交換できるコーナーや
使用済み天ぷら油を持っていくとバイオディーゼル燃料にリサイクル
などなど、参加型のイベントもたくさんありますよ♪

「エコプロダクツ2009」のサイトから見どころをチェック☆

2009年12月07日

「オーガニックコンシェルジュ」とは?!

今日の【エシコン】でピックアップしたのは
「オーガニックコンシェルジュ」
昨今注目されている資格のひとつです。

よく耳にする「オーガニック」…
この定義とは「3年間以上、化学肥料を使わずに有機・無農薬栽培を
している畑で作られたもの」ということ。
身近になってなんとなく知っているつもりでも
なかなか理解はあいまいなものですね~

こういった専門的な知識を学びながら資格を取る
「オーガニックコンシェルジュ」について、詳しくはこちらから!

2009年12月04日

相模原のスギとヒノキでできた「森の積み木」

今日の【エシコン】のコーナーで紹介したのは
相模原産のスギとヒノキで作られた「森の積み木」。

間伐材で作られているこの積み木、
「森を守る」という大きなテーマとして捉えると縁遠くても
こうした身近に手に取れるものから、自然について
感じて、考えてみるのはどうでしょうか?

「森の積み木」の詳しい情報の販売内容やこちらから!
レンタルもできるようですよ♪

2009年12月03日

スノーシュートレッキング

13時台の【エシコン】のコーナーでピックアップしたのは
「スノーシュートレッキング」!

音のない林の中を「西洋かんじき」をはいて散策する遊び。
男女で一緒に登ることで見えてくる人の本質…
う~ん!これは山合コンにももってこい?!

女子のためのアウトドア雑誌「ランドネ」
最新号は12月25日発売です!お楽しみに~

2009年12月02日

エコポイント!って…実際どうなの?!

13時台の【エシコン】のコーナーでは
「エコポイント」について、経済評論家の平野和之さんに聞きました。

地デジ対応テレビの買替えでもらえる「エコポイント」。
ポイントを商品や商品券に換えられるサービスです。
申請して初めて特典が得られるんですよ!
買い替えたままで申請していない人、いませんか?!

実施期間が延長されて、来年9月までになりました。
グリーン家電エコポイント事務局によるホームページで
交換できる商品やなどをチェックしてみてはいかが?

2009年11月30日

暮らしのエコを身近に感じるイベント「エコプロダクツ2009」

13時台の【エシコン】で紹介した
日本最大級の環境イベント「エコプロダクツ2009」!

東京ビッグサイトで開催する展示会…というと
企業のビジネスの場じゃない?と思ってしまいそうですが
一般の方が楽しく、身近にエコを考えられるイベントが盛りだくさん!

お子さんと一緒に参加できるコーナーや
興味のある見どころを案内してもらえるガイドツアーもありますよ!

「エコプロダクツ2009」のサイトから見どころをチェック☆

2009年11月27日

たんすケータイあつめタイ!

13時台の【エシコン】のコーナーでは
先週始まったばかり、経済産業省による
携帯電話リサイクルのプロジェクト
「たんすケータイあつめタイ」
をピックアップしました!

アナタのおうちにも、何台かありませんか?使わなくなった携帯電話。
家電量販店に持っていってリサイクルしちゃいましょう♪
5万円が当たるチャンスもありますよ!

2009年11月26日

冒険家&大学教授の九里徳泰さん!

昨日&今日の【エシコン】のコーナーに登場してくれた
冒険家で富山県立大学教授の九里徳泰さん!

PB240344.JPG

2日間にわたって、新設された「環境工学部」について
そして、家庭からできるCO2削減についてお話頂きました!

冒険家としても活躍されている九里さんのホームページでは
世界を回った旅行記も綴られていますよ♪

2009年11月24日

AVEDAホリデーギフト2009

13時台の【エシコン】のコーナーでピックアップした
アヴェダホリデーギフト2009
気になった方はサイトを覗いてみて下さい♪

単純にギフトというだけでなく、製品を作る人までも幸せにする…
こういった企業の取り組みにも着目していきたいものです。

2009年11月23日

「緑をたっぷり召し上がれ」からレシピ紹介♪

【キャベツコロッケ 野菜ぞえ】


~材料(4人分)~

キャベツ … 1/4個
にんじん … 50g
ロースハム … 2枚
ゆで卵 … 3個
溶き卵 … 1個
小麦粉 … 大さじ6
塩・黒こしょう … 少々
粉チーズ … 大さじ2
パン粉 … 適量
揚げ油 … 適量
なす … 2本
ごぼう … 50g
プチトマト … 8個
ブロッコリー … 1株


~作り方~

(1)キャベツ、にんじんはみじん切りにして、塩を少々ふっておく。
 しんなりしたらザルに入れて軽く洗い、水気をぎゅっと絞る。

(2)ハムを細かくきざみ、ゆで卵はみじん切り。

(3)溶き卵と小麦粉、塩・黒こしょうを混ぜ、
 (1)・(2)・粉チーズを加えて混ぜる。

(4)(3)を小さめに丸めてパン粉をつけて中温(170℃くらい)に
 熱した油で色よく揚げる。

(5)なす、ごぼうを素揚げする。

(6)コロッケと野菜をバランスよく盛りつける。


レシピが気になる!という方!
レシピ本「緑をたっぷり召し上がれ」は、1冊200円で
横浜市緑区役所4階の福祉保健課の窓口で
購入できますので、手にとってみてはいかが?

レシピ本「緑をたっぷり召し上がれ」♪

13時台の【エシコン】のコーナーでは
横浜市緑区のボランティアの方々が作成したレシピ本
「緑をたっぷり召し上がれ」を取り上げました。

緑区食生活等改善推進員会から
会長の鈴木幸子さん、副会長の柳澤和美さんにお越し頂きました。

KIF_1988.JPG

「緑をたっぷり召し上がれ」からレシピをピックアップして
後ほどご紹介します!

2009年11月18日

サイクリングショップ「BIKE TOWN」

13時台の【エシコン】のコーナーでお話をうかがった
横浜在住のライター、土肥志穂さんオススメの
サイクリングショップ「BIKE TOWN」

サイクリング向けファッションアイテムも揃っているようです!

2009年11月17日

アリキリ石井正則☆横浜で楽しむ自転車ライフ♪

13時台の【エシコン】のコーナーにゲスト登場!
アリtoキリギリスの石井正則さんにお越し頂きました♪

PB170323.JPG

横浜出身の石井さんならではの、横浜でサイクリングコースや
おすすめスポットなどのトークも楽しかったですね。

石井さんにも教えて頂きましたが
車道での逆走、携帯電話の使用などのマナーも守って
イーネ!なサイクリングでお願いします☆

現在~12月7日(月)まで開催中の写真展「R500@green style」
など活動の幅を広げている石井さん。
ゼヒまた番組に遊びに来て下さ~い♪

PB170326.JPG

★おまけ★
石井さんとMITSUMIさん、雨の日の足元、レインブーツが
おそろいのブランドでした☆

2009年11月16日

横浜都心部コミュニティサイクル社会実験!

13時台の【エシコン】のコーナーでは、
今日もホズミンが乗って移動中!
横浜都心部コミュニティサイクル社会実験を取り上げました。

みなとみらい地区を中心に10ヶ所のサイクルポートで
自転車の貸出・返却ができます。11月末まで実施中!

利用方法やサイクルポートの場所など詳しくはこちらから♪

2009年11月13日

女子アウトドア雑誌「ランドネ」をピックアップ!

13時台の【エシコン】のコーナーでは
注目の女子アウトドア雑誌「ランドネ」をピックアップ!
編集長の朝比奈耕太さんにお話を伺いました。

こんな雑誌待ってました!という方も多いのでは?
初心者さんいもうれしい、揃えておきたいアウトドアグッズから
日常にも取り入れられるファッションまで、盛りだくさんの
「ランドネ」の最新情報は、編集部のブログからチェック♪

2009年11月12日

「BE-PAL」最新号の特集!焚き火

13時半の【エシコン】のコーナーでは
アウトドア雑誌「BE-PAL」編集部の住川亮さんに
ブームになりつつある「焚き火」について伺いました。

火を囲んで暖をとる…その場で生まれる一体感や
この季節に楽しむアウトドアにはもってこいですね◎
ただし、焚き火を行う場所や火の焚き方などに
十分注意して行うことはお忘れなく!

「BE-PAL」最新号はこちらからチェック!

2009年11月11日

「生活の木」の精油ボトルリサイクル

13時台の【エシコン】のコーナーで紹介したのは
アロマオイルを扱う「生活の木」で始まったエコチャレンジ!
使い終わった精油ボトルを店舗に持っていくと

新しく生まれ変わった小物と交換できる「プレゼントコース」
アフリカの子供たちへ「ガラス琴」をプレゼントする「フレンドシップコース」
から選べる、ありそうでなかった新しい取り組み!

実施店舗など詳しい情報はこちらからチェック☆

2009年11月09日

経済評論家・平野和之さん

13時台の【エシコン】のコーナーには
経済評論家の平野和之さんが登場!
電子書籍端末「キンドル」について教えて頂きました。

KIF_1965.JPG

経済評論家の視点から「イーネ!」なキーワードを
紹介して頂きたいと思います。

2009年11月06日

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

13時台の【エシコン】のコーナーでピックアップしたのは
「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。

視界以外の感覚を研ぎ澄ませて進む、暗闇に広がる世界。
言葉では表現できない、普段は当たり前に感じていることが
まったく違うふうに感じられるかもしれません。

参加は完全予約制。公式ホームページから予約できます。

2009年11月05日

エコリサイクル米

13時台の【エシコン】のコーナーでは
キーワード「エコリサイクル米」をピックアップしました。

志村さん自身が手掛ける「おだわらエコりさいくる米」はもちろん
全国各地のお米を取り揃えている、志村米穀商店のページ
ぜひ覗いてみてくださいね◎

2009年11月04日

MYファーマー

13時台の【エシコン】で紹介した「MYファーマー」。
農業実験レストラン「六本木農園」のプロデューサーである
古田秘馬さんにお話を伺いました。

農家が自分の野菜をアピールする場として
月1回開催される「ライブ・マルシェ・ナイト」がちょうど今週末に!
11月7日(土)18時~ 六本木農園で開催されます!

詳しくは「六本木農園」のサイトから!

2009年11月02日

TABLE FOR TWO

13時台の【エシコン】のコーナーで紹介したキーワード
「TABLE FOR TWO」について、詳しくはこちらから!

現在「100万人ごはん」キャンペーンを実施中!
あなたの食事1食が、途上国の給食1食になります。
参加者目標は100万人!
身近なところで始められる社会貢献、ぜひチェックを☆

2009年10月28日

ハロウィンに☆カボチャのスイーツ

13時台の【エシコン】のコーナーで紹介した
今日のキーワード「カボチャ」!

ハロウィンにピッタリ♪カボチャを使ったスイーツのレシピを
雑誌『エコマム』プロデューサーで、野菜ソムリエでもある
久川桃子さんに教えて頂きました◎

カボチャのスイーツのレシピはこちらからご覧下さい☆

家族と自然にやさしい暮らしをテーマにした『エコマム』は
無料で購読することができます。
次号12月号からの購読は、11月10日(火)迄にお申込を☆

2009年10月27日

PASS THE BATON

13時台の【エシコン】のコーナーで紹介しました
新しい形のリサイクルショップ「PASS THE BATON」
詳しくはこちらからチェック!

東京・丸の内ブリックスクエア内のショップは
アンティーク調のインテリアもステキ☆
商品はネットでも見られますよ。